FC2ブログ

心の柱 〜屁のツッパリはいらんですよ〜

『人を動かす』と『道は開ける』。
ディール・カーネギーの1900年代初期、ベストセラーとなった書籍で、
現代の自己啓発本の大元となっているものらしいです…。

読みました。

前者は、『人とのコミュニケーション』の方法を、実例を上げて非常に解り安く論じていました。
他人の気持ちになって考え、人を敬いましょう…と。

後者は、『悩み』の解決方法を前者と同様に実例を上げ簡単に。
差し迫った今日の事だけ考え、過ぎた事を悔やんだり、明日以降の事を思い悩んだりするのは止めよう…と。


非常にいい勉強になりました。



っても、読んだその日から自分が180度変われる訳はありません。
ふとした時に『ムムム…、こんな時には…』と、物事をふるいにかけるときの、良い網目になったり、
自分の言動の選択を助けてくれるんじゃないかなぁ…と思ってます。

ある部分を除いては。



『道は開ける』のある部分。


『悩み』の最終的な心の寄りどころは『祈り』であって『宗教』であるところ…。



(ん?何だこの本?宗教の勧誘なの??)



我慢して読み進みました。

(サラサラペラペラ)


何となく理解出来ました。
どうやら彼らの国の教育、文化の中央に位置するのが『宗教』のようです。

心にしっかりと揺るぎない柱があれば、人生の選択肢を誤らず、正しい方向へ進めるはず。
くだらない事で悩むことはないはず。

私はそう思います。

それを確立したいとも切実に思ってます。



その柱が『宗教』である事に、彼らは何の疑問も抵抗ない。
言い過ぎかもしれませんが、読んでそう感じました。
だって、そういう教育を受け、町の至る所にそのシンボルがあるんだから。
…寧ろそれが自然だよね。

つまり、極端な解釈ですが、『道は開ける』では、
その国に元々ある宗教をもう一度思いだそう!
そう訴えてる訳です。

それが絶対的なもので、信じるに価するものならば、柱に成りうるのかな?



でもね。

私は、一応無宗教国の日本人なんす。
それを心の柱にするのは、ちょっと抵抗あるんだよなぁ…。
そんな教育受けてないし…。

日本人はどーすんだ?




新渡戸稲蔵さん。



思い出しました。

「えっ!? ジャパンにゃ宗教ないんですかぁ〜!?。」
「じゃあ、ジャパニーズは子供達にどーやって道徳を教えてるんですかぁ〜!?」
と聞かれた稲蔵さん…。



「日本には『武士道』があるっ!!!」
って言い放ったて言うじゃないですか。

「ワッツ?ブシドー??」


注)実際の会話は違います。ニュアンスは間違ってないと思います



宗教とは違う精神文化で心の柱を構築していたんでしょうね、その当日の日本人は。
そういう教育があったって事でしょうね。


今はもうないのかな…それ。


ないね。でも…


こう考えてみることにします。

歴史の途切れる事のない時間軸を生きている私達。

過去の事実として『武士道』があったならば、どんなに廃れ、錆び付いているとしても、
同じ軸の延長上にいる私達であれば、つまりは日本人であれば、
それを磨き再び輝かせる事が出来るのでは…。


ゴシゴシ



で、それは揺るぎない柱になりえるんでしょうか?

綺麗に輝くのでしょうか?



シュウキョウ=ブシドーではない事は解ります。
しかし残念ながら私には、ブシドーの浅はかな知識しかありません。


とりあえず稲蔵さんの『武士道』でも読んでみようかな。
スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR