FC2ブログ

終戦記念日

昨日、8月15日は64年目の終戦記念日でした。


焼け野原から64年、日本は大きな経済的成長を成し遂げました。


これもひとえに、先の戦争で祖国のために散って行かれた方々と、その後の困難な時代を築いてこられた諸先輩方のお陰です。


改めて敬意と感謝の気持ちを表したいと思います。


しかし、現在は物質的豊かさが増すにつれ人心は後退し、情緒のない日本になりつつあります。


盲目的な欧米文化の取り入れは、私達日本人としての誇りと気概を失わせ、今後自立した国として歩むことが困難になるのではないかと危惧しております。


以前、私は、アメリカに対して非常にあこがれを抱いておりました。そして、自分が日本人であることを心のどこかで恥じ、アメリカに行ってアメリカの文化を学びたいと思っていたこともありました。ある時までは…


20代後半の当時、勤めていたコンピュータ系の会社でS先輩にこんな話をしたことがあります。



「S先輩、昔、中国の南京で日本軍の大虐殺があって多くの人が虐殺されたって教わっているんだけど、実はそれは真っ赤な嘘で虐殺はなかったらしいんですよ。

南京にある虐殺記念館にその映像が保管されていて、随時放映されているらしんですけど、カラーで放映されているそうです。

でも、当時の日本軍はカラー映像を録画する技術がなかったそうです。何でカラーで撮影でいない日本軍の映像がカラーで残っているんでしょうか?」

S先輩
「ふ〜ん、そんな考え方があるんだ!」


私は呆気にとられました。私がお話したのは事実であって考え方ではありません。

S先輩は、盲目的に歴史を捉えている一人でした。


決して戦争を肯定しているのではなく、戦前・戦中・戦後にどのようなことがあったのか、本当のことを知ることで、日本の素晴らしさや当時の失敗を知ることができるのではないでしょうか?


なぜなら、歴史は途切れていないからです。それは私達の親の歴史であり、おじいいさん・おばあさんの歴史であり、先祖の歴史だからです。

スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR