FC2ブログ

心低具現症候群(しんてぐげんしょうこうぐん)

「心低具現症候群(しんてぐげんしょうこうぐん)」

おそらく、どのお医者さんも知らない病名だと思います。



先日、私はとある大学に行って講演をする機会がありました。

講演対象は薬剤師の方や薬に興味のある方々で、歴史のお話などをさせて頂きました。

その講演の最後にこんなお話をさせて頂きました。


「昔は成人病や花粉症がなかったように、時代が経るにつれ難解な病気が増えております。


しかし、ここ最近大変重い病にかかっている方々が多く見えます。

【心低具現症候群(しんてぐげんしょうこうぐん)】

この病気は読んで字のごとく

日本人としての心が著しく低下し、愚かな考えが正しいと思い込んでいる症状であります。

特にこの病は科学文明が進歩すればするほど、広がっております。」


こんなお話をさせて頂きました。


しかし、・・・


反応が全くと言っていいほどありませんでした。


今回の講演対象の方々は、病気に対してプロの人達でありました。

患者さんに薬剤を調合する人の体を扱う重要な役割の方々が、例えその病気の意味がわからなくとも聞いたことが無い病名に強く反応すると思っておりましたが、それは違いました。


ストレートに言って申し訳ないのですが、講演に参加された方々が患者さんの為に自分が何をできるかということを殆ど考えていない現れのように思えました。

まさしく、これが「心低具現症候群」にかかっていることと強く思った一日でした。


と、彼らのことを言っても、自分も以前は心低具現症候群にかかっている一人でした。


何故なら、日本人としての誇りをもっていなかったからです。

スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR