FC2ブログ

心低愚現症候群と私

以前、心低愚現症候群についてUPさせて頂きました。

心低愚現症候群…日本人としての心が著しく低下し、愚かなことが正しいことだと思っていること

唐突ですが、私自身のことを記載したいと思います。

私は、普通の小・中・高の学校を出て理系の大学に行きました。

大学に進みたいと思った理由は、特にやりたいことが見つからず、国語や社会よりは数学や物理がおもしくて、点数もそちらの方がよかったので理系の大学を希望し、大学に進みました。

大学に行ったはいいですが、授業は難しくて殆どついていけず、一応卒業は出来ましたが順位は140人中下から3番目位の成績で卒業しました。

就職活動をしましたが、これといってやりたいことが見つからず、ズルズルしているうちに活動期限が来てしまうため、当時、理系はあまり就職をしない物流の世界に行きました。

会社を決めた理由は、人事の人とうまがあったからというのが一番の理由で、特に何かその会社で、大学で学んだことが生かせるかというと、そんな自信もありませんでした。

しかし、高校を卒業し、大学を卒業し、就職してからもずっと心の中に思っていることがありました。それは自分の天職とは何ぞや、天職に就けばもっと充実した人生を過ごせるのではないかと、強く思っておりました。

その会社には4年間務め、その後浄水器の代理店みたいなこともやってみましたが失敗し、貯金も底をつき、すっからかんでその仕事を辞めました。

その最低な状況の時に、とある先輩からアメリカに留学をした時の話をお聞きしました。

それまでの自分は、無意識にアメリカに対して憧れをもち、アメリカには夢があり、世界をリードするような正しい国で、希望が満ち溢れるような国だというイメージをもっておりました。そして、日本人であることを卑下しておりました。
日本は、戦争を起こし、他国を侵略し、それは全部日本が悪いんだ、アメリカは正しいんだという意識が心の中にありました。

その先輩は、アメリカに留学した時にアメリカ以外から来た留学生と仲良くなったそうです。そしてその友達から、こう質問されたそうです。

「○○(先輩の名前)、日本という国はどういう国だ」

先輩は、答えられなかったそうです。というのは、その質問した仲間たちは何のためにアメリカに来たか、明確な目標を持って来ていたからだそうです。

ある一人のベネズエラの友人は、自国の歴史を語り、「俺の国は貧乏だから、俺がアメリカで技術を学んで、自分の国に持って帰り自分の国を豊かにしたいと…」

先輩は、その言葉を聞いて恥じたそうです。

私は、外国には旅行でしか行ったことがなく、そのような他国の歴史やその国の人の人柄と心交わる接触をしたことがなかったので、先輩の話は非常に衝撃的でした。
そして、その先輩から言われたのは南京大虐殺があったかどうかの話をお聞きしました。中国の南京には南京虐殺の資料館のような建物があるらしいのですが、その資料館には虐殺当時の映像が流れているそうです。その映像はカラーで放映されているのですが、当時日本軍はカラーで映像を録画する技術がなかったそうです。

何故、カラーで映像を残せる技術のない日本が虐殺の様子をカラーで残すことができたのかを先輩から言われ、ハッとしまして、今まで教わった自分の国のことを改めて調べてみようという気持ちにかられました。

そして、渡部昇一の「かくて歴史は始まる」の書籍を読み、同じく「日本史快読」や前野徹さんの書籍などを読んでいくにつれ、自分が今まで認識いていた日本という国が全然違う国であったことに気付きました。

それは、大東亜戦争が決して日本だけが悪かったのではなく、西欧・アメリカ・ソ連なども当時は侵略を常識としていたことを知ったり、日露戦争での日本軍が他国から称賛されるような規律があったことなど、今まで知りえなかったことを知りました。

そうしている中で、自分が日本人として恥じるのではなく、日本の国は素晴らしい国と思うようになりました。しかし、決してすべてが正しく素晴らしいということをいっているのではなく、世界に誇れる日本人の先輩が多くいて、世界に誇れることがたくさんあるんだということに気付きました。

すると、現状の他人の迷惑を顧みずりふり構わぬ風潮や、私も以前そうでしたが損と得だけしか考えない、また勝ち組(お金持ち)・負け組(貧乏)という社会の勝手な位置づけに憤りを感じるようになりました。

私は、今現在日本人として愚かな行為をまったく行っていないとは言いきれませんが、そのような行いをしないよう私達の先輩達が残してくれた日本の文化の素晴らしさ、武士道、礼節などの生き方を学べれば思っております。

日本人として誇りを持てる、そして先輩達が残した日本の文化を知りたいと思っている今の自分は、目先だけで生きている人から見れば馬鹿に見えるかもしれません。

しかし、自分の心を失わず、お金や社会的地位にとらわれず、一日一日を精いっぱい過ごせた時、充実している自分に気付かされました。

まず、自分には心があること、そして人にも心があることを知り、日本人として誇りを持てるようになれば、今まで他人に防御線を張る為に頭で考えていた自分とはおさらばできるのでは、言いかえると一日一日充実した人生を過ごせるのではないかと思っております。

長くなって申し訳ありません。自分のことを記載してみました。あしからず。

スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR