FC2ブログ

教育タワー コドモとコトナとときどきマスコミ

最近ひんしゅくさんが投げかける疑問の部分の、教育に関していい例を思い出しました。

まだ記憶に新しいニュースなので、覚えている方も多い事と思いますが…、以下です。

http://sankei.jp.msn.com/life/education/081028/edc0810282202001-n1.htm
http://eduon.jp/news/high_schools/20090618-000840.html

以上ですがどう感じますか?
30も半ば過ぎの私の感覚から思うのは、全く当然の判断であり、逆にニュースになる程騒ぎ立てる事が不思議でしょうがありません。職場の5つ上の先輩にどう思うか聞いた所、私と同じ様な感覚で、少し安心しました。
そこで、職場のM大学4のアルバイトの子に聞いてみた所…『酷いですよね〜。格好とかで判断しないで欲しいですよ〜。やっぱり中味を見て欲しいですよぉ〜。』と。
(あぁ、そーだよなぁ…、俺も若い時ならそー言うだろーなぁ……でもね)
「そーゆーけどな、学校の面接に、決められた格好もして来れない奴を受け入れる必要ねぇべ?そもそも高校は義務教育じゃねんだし、そんな事も出来ない奴の中味なんてたかが知れてんだろ? 高校は勉強する所でしょ?」
と自分の若い頃を棚に上げて言ってやりました。
『そっ、そぉーですよねぇ……。』
とわかったんだか、解せないんだかそう答ました。前にも述べたように、自分がその年代を生きていたなら、やっぱり酷いと言う事と思います。要するに若さにかまかえて、とことん甘えて来るのが若者の性でしょう。そこで大人達はビシッと言ってやりゃいいだけ!の話しです。
ところが世の大人達…多分落とされた子を持つ親達だと思うのですが…『ウチの子ちょっと格好はツッパッているけど、根は素直で優しい子なのに、そんな子の未来を無下に落とすなんて酷い!!! ファションは個人自由、日本人は右へ習えだから個が育たないのよ!!!!』とマスコミと一緒に囃し立てる訳です。大人に成り切れない小人(コトナ)な発言ですね。親が子に媚びてどーすんだ。とてもその子にたいした未来があるとは思えませんがねぇ…そもそも、制服はファションじゃねぇし。カタカナで言っちまえば、ドレスコードを守るのは最低限のマナーだろ。
また下らないワイドショーのコメンテーターは、
『いや〜、私も学生時代散々悪さしましたけどねぇ〜。今こうやって普通に働いてるんですがねぇ〜。』って、あんた普通なのか?
大人が子にこびたら、躾なんてもんは簡単に崩壊しますよ。また自分の過去の過ちを肯定してしまったら善悪の堺がどんどん曖昧になっていきますよ。
私が子供の頃、ホームランを打つと入ってしまう家がありました。『すいませーん!ボールとらしてくださーい!』と言いに行くと、『うらぁああ!!何してくれんだぁあ!!!!今度やったらタダじゃおかないからなっクソガキィ!!!』。ひたすら恐いんです。猛犬なんかもいたりして。だから毎回違う奴が取りに行ったりしました。今思うと怒られて当然な訳で、極端な話し、昔は死ぬ程キレやすい恐い大人がうろうろしてました。街に子供達には厳しい環境がありました。それでも子供は悪さをするものだと思います。そこで怒られて、自分なりに学習して行くんじゃないでしょうか。野放しじゃ学習もできません。
話しがそれましたが、『面接で格好で落とされたぁ? 当たり前だ馬鹿!』と何故親が言ってやれないんでしょう。子供を正すべく親達・大人達にも善悪の判断が付かないとか?
私が思う所ではありますが、物事の善悪の規準とは普遍的なもので、時代が変わったりする事で風化・劣化してしまうものではなく、また時代と共に変わってしまうものではないのではないでしょうか。いわゆる、ひんしゅくさんの言う所の『道義』と近い事なのだと思います。
物事を判断するに当たり、まず余計な物を排除し、物事の本質のみにしてしまえば、それを容易に行えるはずです。
自分を振り返る意味でも、子を躾る意味でも、その普遍的な規準に立ち返る事がまず必要なのではないでしょうか。

ちなみに、このニュースのウチの一つの高校は…

http://sankei.jp.msn.com/life/education/081115/edc0811152132002-n1.htm

と好転して来ているようで、少し安心しました。
スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR