FC2ブログ

注意しよう

教育委員会という行政機構について。
上記機関は、当該自冶体の教員の人事を含め教育機関をオーガナイズする目的で設置されてます。首長部局とは仕組み上独立した機関であり、委員長の選任には議会の承認が必要です。先般某知事から、「テストの結果が悪いのは・・・」と断罪されたことがありました。

注意事項を申し上げます。
いったい誰が責任を負うのか。
この機関は住民の税金を原資としております。この一言で言うと、機関は教育の向上を任務としております。負託にこたえられなかった場合、責任をとることは必定です。全国一斉試験で、結果が向上せず責任をとった委員はいますか。私は知りません。現場の校長の中には「君が代」問題で自殺に追い込まれた方もいますが、その上層部が責任をとった話は知りません。
教育委員長・教育長は歳費を得、(常勤の教育長はそこの自冶体の一般行政職のトップクラスの歳費)先生の人事を統括します。優秀な人材を集めることができれば結果が出ます。
実態は、その職には教員退職者が教育委員長・教育長に就任し、地域によっては情実人事が横行したりします。昇進、採用について収賄事件があったのは最近の話です。
子供が就学中の家庭では先生のことが話題になることはありますが、それ以外の住民には注目されない機関ゆえ、監視の目も薄く、退職教員の天下り先のようになっている実態に注意する必要があります。先生のレベルも大事ですが、低いレベルや問題教員を飼っている教育機関には何かがあります。
20年、30年後は今の小学生が中核となる世の中です。
「私は教育委員会を注視している」と言ってしまいましょう。
組合や教員OBではなく、誰か一般人が言わなければ彼らの内輪のものにされます。
御注進申し上げます。


スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR