FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵法その4「戦わずして勝つ」

さて、お久しぶりで御座います。
この前、実は館員以外の方から口頭で、次の兵法は?との質問がありまして、
今回は その中核・奥儀とも言うべきものをご紹介いたします。

一般には兵法は 戦に勝つための法 と解釈されがちですが、実は 「孫子」にいたっては戦をすることを最低の事柄としております。それは、次の彼の信念に基づいています。

1.和睦を持って上とする。
2.敵に間者を送り、内乱を起させて戦を避ける。
3.戦に至るは、下の下である。

これは、孫子と称される「孫武」「孫賓」いづれかが言った言葉かは歴史では、定かでは無いが、この事から孫子が戦に勝つための書を書いたのではなく、下の下に至った場合に最小限に被害を食い止めるための苦肉の策であったことが伺える。

政治の世界・経済の世界・組織の中 等で如何に勝つように生きるかで、この孫氏の兵法を学ばれている方々が多いと思いますが、本当に我々が学ぶべきは この誠心であって 最上の策である 「和睦」 をまず考えなければいけないのではないでしょうか?

考えてみてください。

損子
スポンサーサイト

知ってびっくり日本の歴史? (本多作左衛門)

今の時代、日本国憲法からはじまり様々な法律が、私達の生活の中で施行されております。


おそらく、死ぬまで知らない法律もあると思います。


戦国時代も、民衆に対して法律(法度)がありました。


その一例を紹介します。


徳川家康配下の「本多作左衛門重次」という人が出したおふれです。


一、ひとをころすものはいのちがないぞ。


一、ひをつけるとひあぶりになるぞ。


一、ろうぜきをせば作左しかるぞ。


以上、


なんと!これだけ。


単純 明快!


悪いことはするもんではないようで、私達は作左に叱られないようにしなければなりません。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。