スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天災は人災」の続き(最近の世界各国の地震)

ここ最近、世界各国で大きな地震が起こりたくさんの死傷者が出ております。


記憶に新しいのはハイチの地震、チリの地震で復興もままならない状況のようです。


地震情報サイト(JIS)というホームページに最近の世界各国の大きな地震が掲載されております。


http://j-jis.com/world/worldmap.shtml





以前は、


 


「地震 かみなり 火事 親父」


 


なんて言葉がありましたが、昔の人の知恵や経験からでた言葉は何か意味がありそうで…

スポンサーサイト

天災は人災

最近、各地で地震が起きています。地震は皆「天災」という事を言っていますが、果たしてただの自然現象でしょうか?
昔、井上成美 という政治家が大正の関東大震災が起こったときに、「国民が海水浴だとか、浮かれた生活をしているから、これは天罰である。」と、言われました。
ポンペイはどうであったか?その他文明が滅ぶ前がどうであったか?

今こそ、天災が訪れる前の人間の生き方を分析し、真剣に考えなければならないのではないでしょうか? 

上杉 鷹山

今回のテーマは 上杉鷹山
ケネディー元大統領が、日本の記者から「一番尊敬する日本人は?」と聞かれて時に、「Yozan Uesugi」と、答えたことで有名。
そのとき、日本の記者の誰もがこの「ようざん うえすぎ」を知っているものが居なかった。

この政治が混沌とした時代に、又、デフレで元気のない経済の折、このような人物が見直されなければいけないのでは?

皆様の鷹山公に関する投稿をどしどしお待ちしております。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。