スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の恩は山よりも高く 母の愛は海よりも深し





「父の恩は山よりも高く 母の愛は海よりも深し」




昔から伝わる言葉。






親に対することわざを集めてみました。


「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」(吉田松蔭)

【親思う心にまさる親心】という言葉が有名ですが、吉田松陰が残した言葉から引用されているようです。

意味:子が親を思う気持よりも、子を思いやる親の気持ちの方がはるかに強く深いということ。



「親の意見と茄子の花は千に一つも仇はない」

意味:ナスの花は咲けば必ず実がなるように、親が子を思っての忠告も必ず役に立つので、親の意見はよく聞くべきだということ。

同じ意味では「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い」も。

スポンサーサイト

人間到処有青山 【月性】

男児(だんじ)志(こころざし)を立てて郷関を出づ

学、もし成るなくんば、また還らず

骨を埋(うず)む、何ぞ期せん墳墓(ふんぼ)の地

人間(じんかん)到る処(ところ)青山(せいざん)あり



これは、吉田松陰と親交の深かった僧「月性」の有名な詩です。


戦後、「金の卵」と言われた東北の若い人達。


唱歌「故郷」の3番にも

志(こころざし)を はたして いつの日にか 帰らん

山は青き 故郷 水は清き 故郷


 


志は、老若男女問わず

三好重道 【上杉鷹山の師】

上杉家中興の祖 上杉鷹山の師には細井平州という有名な方がおりますが、


幼年、秋月家の次男であった鷹山に薫陶を与えたのは秋月家家老の三好重道でした。


重道は、鷹山に以下の訓戒を与えております。




「奢りを禁じ、倹約を守り、人に施したる事は覚へ給ふ事なかれ。人に恩を受けたる事は、いささかも忘れ給う事なかれ」



「人の上に居給う御身は、何事も謙退深く、我に智恵ありとし給う事なかれ」



「諌を納る事は人君の美徳にて、諌を申し候臣は、戦場の一番槍の功よりまさると、かねがね御覚悟なさるべく候事」



後世に名を残した人には、師となる人が一人ではなく複数おられるようです。


三好重道と上杉鷹山のエピソードをご存知の方はおられますか?

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。