スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史は繰り返される(ロシアは愚行を繰り返す)

ロシアは愚行を繰り返す


既に中国と共同作業で何かを起こそうとしているロシアですが、こんな記事が今日掲載されました。


【産経新聞】9月29日記事
 ロシア国営通信によると、メドベージェフ大統領は29日、訪問先の極東ペトロパブロフスク・カムチャツキーで、日本固有の領土である北方領土について「必ず行かなくてはならない。わが国にとって大変重要な地域だ」と述べ、近く訪問する意向を明らかにした。

 ソ連時代を通じ、ロシアの国家元首が北方領土を訪問した例はなく、実現すれば日本側の反発は必至。日露関係が過去最悪レベルに落ち込む公算が大きい。
(以上記事終わり)


そういえば、北方領土でも多くの日本人(一般人)がロシア軍によって殺されています。


また、こんな記事もありました。

【CNN】9月29日掲載
 ロシアの国営メディアは28日、メドベージェフ大統領がモスクワのルシコフ市長を解任したと伝えた。市長は最近、国営メディアから汚職疑惑などをめぐり激しい追及を受けていた。

 国営ロシア通信(RIA)によると、解任はただちに発効し、第一副市長が市長代理に任命された。大統領は、同市長の統治能力を信頼できなくなったと説明している。


モスクワ市長を20年近く務めたルシコフ氏をめぐっては、国営メディアが数週間前から異例の一斉批判を展開。ある記事は、同氏が不動産業を営む夫人に資金を流し、有利な契約の便宜を図っていたとして、詳細な経緯を報じた。同氏はこのほか、交通渋滞への対策を怠り、今夏発生した大規模な山火事の最中に旅行に出かけていたなどとして批判を浴びてきた。


ルシコフ氏は「上層部の指示による集団的な中傷だ」と主張したが、大統領府は関与を否定していた。大統領と同氏の間ではかねてより確執が伝えられていた。最近ではモスクワ郊外の森林を通る高速道路の構想をめぐり、凍結を決めた大統領に同氏が強く反発した。


CNNは今月、ルシコフ氏への取材で大統領府からの辞任圧力について尋ねたが、同氏はコメントを避け、辞任するつもりかどうかとの問いにも答えなかった。
(以上記事終わり)


ルシコフ市長は、「日ロ賢人会議」のロシア側代表であり、親日家ですがこの時期の圧力による解任は、何を意味しているのでしょうか?

スポンサーサイト

バカな日本国民 バカなマスコミ?

バカな日本国民 バカなマスコミ?


ここ最近の中国の横暴は遺憾ですが、そこにロシアが参加しました。
その記事を掲載します。



【産経新聞】9月28日

 中国国営新華社通信などによると、中国の胡錦濤国家主席は27日、北京の人民大会堂でロシアのメドベージェフ大統領と会談し、両国の戦略的協力関係を新たな段階に深化させることで一致、第二次大戦終戦65周年に関する共同声明に署名した。中露首脳の会談は今年に入ってこれで5度目。


 クレムリンの発表によると、大戦終結65周年に関する共同声明では、「ロシアと中国が第二次大戦の結果と教訓について、近い立場から評価しており、その歴史を捏造(ねつぞう)する試みや、ナチス党員および共謀者の英雄化を非難している」という。
中露両国は対日史観でも連携を強化させ、尖閣諸島や北方領土の領有権の正当化に利用したい考えとみられる。
(記事終わり)



『第二次世界大戦の結果と教訓について、その歴史を捏造(ねつぞう)する試みや、
ナチス党員および共謀者の英雄化を非難している』



ナチスのことはよく分りませんが…


第二次世界大戦の歴史の捏造とは


連合国側(特に中国)は、南京大虐殺をでっちあげた。


●ロシア(当時のソ連)は、日ソ中立不可侵条約を一方的に破棄し、満州や北方領土に攻め入り多くの民間人を殺した。
 非戦闘員の生命財産を破壊するというのは、明らかな国際法違反。


●ロシア(当時のソ連)はポツダム宣言を無視し、終戦後多くの日本兵を捕虜とし強制労働させ殺した。
 これは武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に背いた違法行為である。


●当時、中国の便衣兵(市民と同じ服を着て、日本兵を襲うゲリラ)戦法が国際法違反であったが東京裁判に於いて、弁護側がこの状況をうったえたが連合国側は追求しなかった。



このような歴史の捏造や隠された真実を中国とロシアは行っております。
中国とロシアは、引続き捏造された歴史と隠された真実をもとに日本を揺さぶるようです。



しかし、真実を知らない、または公表しない日本国民と日本のマスコミは大バカだと思います。


誤解の無いように記載しますが、決して戦争を肯定しているのではありません。
先の戦争では敵味方関係なく、多くの方がお亡くなりになりました。
同じ惨劇を繰り返すこと無いよう、正しい知識を持つ必要があると思います。


「勝てば官軍」で敗北した日本に不利な歴史観を未だに使ってくる国に対して、日本の常識で通用するような国ではないことに早く気付いてほしいです。

連合国司令長官のダグラス・マッカーサーが1951年5月にアメリカ上院の軍事外交委員会で


要約すると「大東亜戦争は防衛戦争だった」と述べています。

トヨタ自動車の本気!(円高でも日本で生産)

トヨタ自動車の本気!(円高でも日本で生産)



平成22年9月4日の朝日新聞記事にトヨタ自動車の豊田章男社長の記事がありましたので掲載します。


【記事見出し】

 トヨタ自動車の豊田章男社長は3日、社長就任後初めて朝日新聞の単独インタビューに応じ、「規模の追求だけの成長でなく、いい車づくりを目指したい」と述べ、拡大路線から転換する姿勢を鮮明にした。急速な円高には「状況は大変厳しい」との認識を示す一方、「日本でのものづくりにこだわる」と強調した。


【インタビューの一部】


― 社長就任後、社員に「車好きになって欲しい」と言い続けているが、なぜか。


― 「車づくりを通じて社会に貢献すことが、我々の会社が生まれた理由。『原点回帰』を訴えるためには、それが一番分りやすい。
社員に車の楽しさやワクワク感、利便性を、頭ではなく体で感じて欲しい。
車が好きであれば、仕事にも幅が出る」


【解説】逆境のなか原点回帰

 かつて豊田章男社長の父、豊田章一郎名誉会長は「検査で品質は向上しない」と語ったことがある。
「いい車をつくって、お客様に喜んでもらいたい」という思いがなければ、高品質な車はつくれないという経験則が、その言葉の背景にある。
(記事終わり)



 会社設立の趣旨や社会貢献の目的などは時間と共に薄らいできているのではないでしょうか?
 この記事は、トヨタ自動車が原点にたちかえり、会社の存在意義を改めて見直し、そして物造り日本の本質を現していると思います。
 日本の優秀な技術が、コストが安いというだけで近隣諸国(特に摩擦のある中国)へ流出しているのは、残念です。


 豊田社長のように、日本のグローバル企業もものづくりの本質に気付いてもらいたいです。
 利益だけが会社の事業や方向性を左右する「バカな」体質から脱却して、一日でも早く文化を取り戻してもらうことを祈っております。


 何故なら会社は金で動くのではなく、人で動くから…

中国のあの手 この手(日本の企業は大丈夫なの?)

中国のあの手この手(日本の企業は大丈夫なの?)


約数年前まで、日本は中国の輸入品に対して「特恵関税(関税を優遇し、中国製品を輸入しやすい状況にする)」を適用してきました。現在どうなっているかはわかりませんが、そんな対日輸出に関して、あの手この手を打ってきているようです。


【北京時事より】
 中国税関当局が一部で日本向けの輸出品や、日本からの輸入品に対する通関検査を厳格化し、荷動きが滞っていることが27日、明らかになった。

 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に絡んで日中関係が冷え込む中、中国側が対抗措置として打ち出した可能性がある。日本企業の生産活動に深刻な影響を及ぼす恐れもあり、物流会社などから日本政府に苦情が来ている。ただ、日中関係筋によると、中国側は日本政府の問い合わせに対し、事実関係を否定した。

 関係者によると、上海の税関当局は21日から大手運輸業者に対し、通常は一部の抜き取り調査にとどまる航空貨物の開梱検査について、検査比率を大幅に引き上げる方針を通告。日本からの輸入品でも、検査比率を引き上げた。(記事終わり)


 中国には、多くの日本企業が進出しておりますが、このままでは日本企業が中国に進出した意味は無くなるような気がしてなりません。


 会社の利益だけでない「大切なもの」を日本の企業に取り戻してもらいたいです。

バカな日本国民 バカな日本のマスコミ

バカな日本国民 バカな日本のマスコミ



先の尖閣諸島沖の中国漁船の船長逮捕について時事通信は次のように伝えました。


【北京時事】中国外務省は25日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖での漁船衝突事件で処分保留のまま釈放された中国漁船の※(※=簷の竹かんむりを取る)其雄船長(41)が帰国した後、「日本側は船長らを違法に拘束し、中国の領土と主権、国民の人権を侵犯した」と強く抗議する声明を発表し、日本側に謝罪と賠償を求める方針を明らかにした。
 声明は「釣魚島と付属の島が中国固有の領土で、中国は争う余地のない主権を有している」と改めて強調。
「日本側の取った司法措置はすべて違法で無効で、日本側はこの事件について中国側に謝罪と賠償をしなければならない」と指摘した。


 その上で「中日両国が近隣として、戦略的互恵関係を発展させる方向を堅持することは両国民の利益に合致する。
双方が対話と協調を通じて両国間の問題を解決し、両国関係の大局を維持するという中国側の立場に変更はない」と強調した。以上時事通信記事


 


何故、中国の好き放題にさせているのか?


このような行いをする中国も中国ですが、一番バカなのは関心を持たない日本の国民と日本のマスコミです。
中国に舐められても、憤りを感じているのかまたそのことを露骨に表わさないのか。


今後も中国に舐められること必至です。


例え中国が大きな経済発展をして、それを見越して日本国民(または日本の企業)が弱腰になっているとしたら大きな間違えであります。
恫喝と餌で外交を演じる中国が、中国で経済活動を行う日本に対して自由にその活動を行わせてくれるかどうかも判断付かないのかと…
次のニュースを見れば一目瞭然です。


読売新聞の9月25日の記事
「19日の拘置延長決定後、中国は、20日に日本人4人を拘束、
21日にはレアアース(希土類)の対日禁輸に踏み切るなど、たたみかけるように「対抗措置」を取った。
日本側はこれらを公表しなかった。だが、ニューヨークにいた温家宝首相は21日夜(日本時間22日朝)、
在米中国人約400人が出席する会合で、船長釈放を要求する異例の動きに出た。」



このままでは、日本の国民は、国のことに無関心で、身近でいえばお金の為に自分の家の誇りを捨ててしまうバカな国民とそれを危惧しないバカなマスコミで最悪の状態に至るでしょう。

心の病を抱える社員がいる企業は約7割も!

心の病を抱える社員がいる企業は約7割も!



少し古い資料ですが…


「こころの病気により1ヶ月以上休職している従業員がいると答えた企業は、全体の66.8%(3000人以上の従業員を抱えている企業では95.5%)を占めています。」
(2004年産業人メンタルヘルス白書抜粋)



また、民間の調査機関「労務行政研究所」の調査では、


「最近3年間でうつ病など心の病気を抱える社員が増えた」と回答した企業が44.4%に上がる。


そして、心の病気を抱える社員が多い年代層を複数回答で尋ねたところ、30歳代の48.2%、20歳代の47.3%が多く、20歳代では前回の調査より増加した。


とのこと。


社員で心の病気が増えていることは、果たしてストレスだけなのか?

専門家でないから分かりませんが、昔はよく聞かれ、今あまり聞かれない言葉があります。


●入社したら3年間は我慢しろ。3年経たないとその会社のことが分からないぞ。

●会社の為に何ができるか?

●護送船団方式

などなど、何か大切なものを忘れているように思えてなりません。

ストレスと心の病の急増

ストレスと心の病の急増



最近うつ病が社会認知されてきたように思います。
以前テレビのニュースでは10人に一人がうつ病にかかっているというようなことを放送していました。



2005年の厚生労働省の患者調査によると、うつ病や躁うつ病など気分障害の総患者数は92万4000人で、1995年(10年前)の調査と比較すると、2倍以上に増加しています。


最悪の場合、自殺につながるケースもあり、大企業ではそのような心の病に関しての専門部署を設けている会社もあるようです。


メディアや専門家は、不況によるものと断定しているものが多いですが果たしてその要因は不況だけなのでしょうか?

なんじゃ? この文字は…


御河屋さんより教えて頂きました。

むかし、お若い頃に一度だけこんなのを見たそうです。


「気は長く 心は丸く 腹立てず 人は大きく 己小さく」


腹が横になっている文字には、感銘しました。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。