FC2ブログ

トヨタ自動車の本気!(円高でも日本で生産)

トヨタ自動車の本気!(円高でも日本で生産)



平成22年9月4日の朝日新聞記事にトヨタ自動車の豊田章男社長の記事がありましたので掲載します。


【記事見出し】

 トヨタ自動車の豊田章男社長は3日、社長就任後初めて朝日新聞の単独インタビューに応じ、「規模の追求だけの成長でなく、いい車づくりを目指したい」と述べ、拡大路線から転換する姿勢を鮮明にした。急速な円高には「状況は大変厳しい」との認識を示す一方、「日本でのものづくりにこだわる」と強調した。


【インタビューの一部】


― 社長就任後、社員に「車好きになって欲しい」と言い続けているが、なぜか。


― 「車づくりを通じて社会に貢献すことが、我々の会社が生まれた理由。『原点回帰』を訴えるためには、それが一番分りやすい。
社員に車の楽しさやワクワク感、利便性を、頭ではなく体で感じて欲しい。
車が好きであれば、仕事にも幅が出る」


【解説】逆境のなか原点回帰

 かつて豊田章男社長の父、豊田章一郎名誉会長は「検査で品質は向上しない」と語ったことがある。
「いい車をつくって、お客様に喜んでもらいたい」という思いがなければ、高品質な車はつくれないという経験則が、その言葉の背景にある。
(記事終わり)



 会社設立の趣旨や社会貢献の目的などは時間と共に薄らいできているのではないでしょうか?
 この記事は、トヨタ自動車が原点にたちかえり、会社の存在意義を改めて見直し、そして物造り日本の本質を現していると思います。
 日本の優秀な技術が、コストが安いというだけで近隣諸国(特に摩擦のある中国)へ流出しているのは、残念です。


 豊田社長のように、日本のグローバル企業もものづくりの本質に気付いてもらいたいです。
 利益だけが会社の事業や方向性を左右する「バカな」体質から脱却して、一日でも早く文化を取り戻してもらうことを祈っております。


 何故なら会社は金で動くのではなく、人で動くから…

スポンサーサイト



中国のあの手 この手(日本の企業は大丈夫なの?)

中国のあの手この手(日本の企業は大丈夫なの?)


約数年前まで、日本は中国の輸入品に対して「特恵関税(関税を優遇し、中国製品を輸入しやすい状況にする)」を適用してきました。現在どうなっているかはわかりませんが、そんな対日輸出に関して、あの手この手を打ってきているようです。


【北京時事より】
 中国税関当局が一部で日本向けの輸出品や、日本からの輸入品に対する通関検査を厳格化し、荷動きが滞っていることが27日、明らかになった。

 尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に絡んで日中関係が冷え込む中、中国側が対抗措置として打ち出した可能性がある。日本企業の生産活動に深刻な影響を及ぼす恐れもあり、物流会社などから日本政府に苦情が来ている。ただ、日中関係筋によると、中国側は日本政府の問い合わせに対し、事実関係を否定した。

 関係者によると、上海の税関当局は21日から大手運輸業者に対し、通常は一部の抜き取り調査にとどまる航空貨物の開梱検査について、検査比率を大幅に引き上げる方針を通告。日本からの輸入品でも、検査比率を引き上げた。(記事終わり)


 中国には、多くの日本企業が進出しておりますが、このままでは日本企業が中国に進出した意味は無くなるような気がしてなりません。


 会社の利益だけでない「大切なもの」を日本の企業に取り戻してもらいたいです。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR