スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心低愚現(しんていぐげん)症候群の現れ

心低愚現(しんていぐげん)症候群の現れ


天然自然を大切にしようという動きが「エコロジー」という名目で、世界的に動いております。
そこでこんな記事を目にしました。

朝日新聞 平成22年10月20日記事
「SATOYAMA」連帯
【国連地球 生きもの会議】 各国政府など自然との共生探る


世界各地の「里山」をつなぐ国際ネットワーク「SATOYAMAイニシアチブ国際パートナーシップ」(IPSI)が19日、名古屋市で開かれている国連地球生きもの会議で発足した。
SATOYAMAを世界に広めたい日本政府の働きかけで、各国政府や地方自治体、NGO、国際機関、企業など51団体が参加を表明。日本の里山のように人と自然とが共生する知恵を共有し、世界に発信して行く。


日本の里山では、人が燃料に使うために定期的に木々を伐採するなど、農林業の営みを通じて独特の景観や伝統文化を育て、豊かな生態系も育んできた。世界でも、スペインやアフリカ諸国、韓国、ペルー、フィリピンなどで、自然を維持しながら利用する例がある。
(中略)
日本や世界の「里山」の多くでは、過疎化や高齢化で人の手が入らなくなり、景観や生態系の荒廃が進んでいる。自然と共生してきた優れた事例を世界に広めるとともに、維持管理の知識・技術を次世代に伝える人材育成や、現地活動の支援も進める。
生物多様性条約事務局のジョグラフ事務局長は「自然との共生は、それぞれの国や地域の文化と切り離せない。このすばらしい取り組みを根づかせ、生態系の保全につなげてほしい」と話した。(記事終わり)



一見、大変素晴らしいように思えましたが…
「何か忘れてないかな〜」と思えてなりません。


新聞の記事ですので一概に言えませんが、天然自然と共生する知恵は、なんで生まれたのかな〜と。


私達の祖先は、稲を作れば干ばつ起こらないように祈り、山に入る猟師は必要以上に猟をすることはなかったと、以前教わりました。


天然自然の災害は身近で、一度大きな災害が起こると防ぐ手立てをしようにもその手段は無く、その災害がおさまるのを待っていたとも聞いています。このように私達の祖先は、天然自然に対して畏怖と敬愛をもっていたからに他ならないと思っております。


その人間ではとてもはかることの出来ない天然自然を相手に、畏怖と敬愛をもっていたからこそ、天然自然の中で人間が生きて行く為に知恵を働かせそれを生かして今に残してくれているものと思います。


最近では、奄美大島で短時間の大雨で大きな被害がでました。
いくら技術が進歩しても天然自然の災いに対して技術だけでは生きていけないことを立証しているように思えます。
私達の祖先が残してくれた知恵は、天然自然に対して畏怖と敬愛から生まれてきた、言い換えるとそのような心を持ってたからこそ知恵が生まれ、生かしてこれたと思っております。

維持管理の知識・技術だけで共生なんてはかれるのでしょうか?

その肝心要(かんじんかなめ)な心の持ち方に焦点を置かないで、本当の「里山」復活になるのでしょうか?
国内で「里山」がすたれているのは、その心を養う教育をされていないからと思っております。


心を養うことを忘れている私達は、いつのまにかその病にむしばまれ、自分で自分達の首を絞めているように思えてなりません。
心低愚現症候群は、本当に恐ろしい病です。

スポンサーサイト

バカな日本国民 バカなマスコミ?

バカな日本国民 バカなマスコミ?


こんな記事を発見しました。

【産経新聞】2010/10/23 13:18

尖閣衝突漁船長に「道徳模範」 中国泉州市が表彰


沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件で日本側が逮捕し、那覇地検が処分保留で釈放した●其雄船長が23日までに、地元の中国福建省泉州市で「道徳模範」の一人に選ばれ、表彰を受けた。香港メディアが伝えた。


関連記事(記事本文の続き)

 今回選ばれた泉州市の道徳模範は計27人おり、●船長は仕事に熱心に取り組み社会貢献した住民に贈られる「敬業奉献模範」に選ばれた。6月から選考が始まり、計133万人の投票に基づき選ばれたという。


 ●船長は日本から帰国した際、Vサインであいさつし英雄扱いされたが、表彰式後は記者の取材を断り、目立たないようにしていたという。(共同)
 ●=擔のつくり
(記事終わり)



酒乱で操船していた船長が、道徳模範で表彰されているとは…


この記事に対して何ら反応が無いのは、日本の国民がバカだから?それともマスコミがバカだから?


中国国内のデモについて静観を装っているのか、それとも知らないふりして他人任せなのか?

現実に、日本の現地法人で被害を受けている企業もあるというのに。

語り継がれる不思議な出来事(太平洋戦争)

語り継がれる不思議な出来事(太平洋戦争)


今度は硫黄島ではなくその他の地域の不思議な出来事を掲載させて頂きます。


掲載された方の文章をそのままのせておりますので、ご了承下さい。



●ニューギニア
ガキの時分に、鍼灸師のジジイから聞いた話。ちょっと変わった幽霊談です。
ニューギニアのあたりのある戦場でのこと。
大規模な戦闘をした部隊があって、その後、その部隊の前線基地に、 夜な夜な、死んだ兵隊たちが現われるようになったそうです。
彼らはいずれも、足がちゃんとあり、懐かしそうに「よお!」とか言いながら、現われるのだそうです。 いずれも確かに戦死した連中ばかり。

神主の息子の兵士がまじないをやったり、お経をよめる兵士がお経を詠んだりしても、まったく効き目無し。
そのうち、ズカズカ上がり込んできて、貴重な飯をバクバク食う始末。
しかも、いきなり手がスルスルっと伸びて、木の実を取ったりして、明らかに化け物化している様子。怖いやら迷惑やらで困っていたのですが、なんとも手の施しようが無い。
見るに見かねた中尉だか大尉だかの隊長さんが、幽霊たちが集まっているところへ、ツカツカと歩いていって、いきなり大声で、


 「全員、整列!」


と言うと、素直に整列したそう。そして、


「貴様らは、全員戦死した兵隊である。よってこの世にいてはならん。 全員あの世へ行って成仏するように。これは命令である!」

隊長が涙を流しながら言うと、幽霊たちは、しばらく呆然とした顔で佇んでいたが、 そのうち全員が泣き始め、やがてボロボロと土人形のように崩れていったそう。
あとにはその土だけが残り、彼らは二度と現われることはなかった。
兵隊たちはその土の大部分は現地に埋め、残りを少しづつ日本に持って帰って、供養したそうです。
(以上記事終わり)


硫黄島だけでなく東南アジア各地へ行かれた日本の兵隊さん。
現在のニューギニアは、海の綺麗な観光地となっているようです。

サイパンやグアムへ遊びに行かれる日本人が多いですが、こんな歴史の真実をどれだけの人達がしっているのでしょうか?

バカな日本人にはなって欲しくありません。

硫黄島の不思議な出来事 番外編

硫黄島の不思議な出来事 番外編

現在の政府の頼りない外交に、悲しみを覚えるこの頃。
こんな記事が掲載されました。


【硫黄島で51人の遺骨収集=政府チーム―旧日本兵、集団埋葬の可能性】
時事通信 10月22日(金)

硫黄島で戦死した旧日本兵の遺骨収集を進める政府の特命チーム(リーダー・阿久津幸彦内閣府政務官)は22日、首相官邸で第3回会合を開き、51人分の遺骨を島内2カ所で発見したことを報告した。計2200人が集団で埋葬されている可能性があるという。
 同チームの調査団は7日から同島を訪れ、旧日本兵が集団で埋葬されているとみられる2カ所で遺骨の収集に当たった。菅直人首相は会合で「皆さんの努力で大きな一歩を踏み出した。すべての遺骨を収容する気持ちで取り組んでいく」と述べた。11月中にも、次の調査団を派遣する。(記事終わり)


菅直人首相らしくない行いで、ちょっと驚いています。

しかし、これから現地に行かれる調査チームの方々は、不思議な出来事を体験するのでしょうか?体験しても公(おおやけ)にしないと思いますが…

また一つ消えた伝統の灯

また一つ消えた伝統の灯


寮歌祭をご存知でしょうか?


(Wikipediaより)
日本寮歌祭(にほんりょうかさい)は、旧制高等学校OBを中心とする日本寮歌振興会の主催による寮歌祭の一つである。1961年に文京公会堂で第1回が開催され、日比谷公会堂や日本武道館などを会場に毎年秋に開催されて、日本テレビ系列で1時間の枠組みで放映されたこともあった(ただし1988年は昭和天皇の重病のため自粛となり開催されなかった)。参加者の高齢化により運営に困難をきたしたことなどから2000年の第40回をもって打ち切りとなった。しかし2001年以降は、個人参加と宴会方式の開催に変更され(以前は各校の同窓会単位での参加であった)、会場も新宿NSビルイベントホールにて開催されている。(以上記事終わり)


今年まで新宿で行われてましたが、本年が最後となったそうです。


旧制高校(現在の国立大学と私立大学)の古き良き文化がまた失われようとしております。


「真実に古い新しいは無い(白扇)」


誠に残念でなりません。

バカな日本国民 バカなマスコミ【酒乱船長の暴走だそうです】?

バカな日本国民 バカなマスコミ【酒乱船長の暴走だそうです】?



もう尖閣諸島のことを忘れようとしていませんか?



【尖閣問題“燎原の火”を点けた「酒乱船長」の暴走】 時事通信記事


「事件の実態は、酒鬼(酒乱)の暴走に過ぎない。
だが、日本は一歩踏み込んできた。妥協する選択肢は、ありえなくなった」
中国国務院(中央政府)の幹部は、深い溜め息をついた。


9月7日午前、沖縄県尖閣諸島(中国名・釣魚島)の日本領海で起きた中国漁船による海上保安庁巡視船との衝突事件は、
24日、那覇地検が船長を処分保留で釈放すると発表、船長逮捕に関する法的な処分は一段落した。
(記事詳細は下記アドレスへ)


http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_4901



尖閣諸島沖での漁船衝突事件は、日中関係に影響を及ぼしていますが弱腰外交にはホトホト残念に思います。
衝突時のビデオを非公開にして、中国に何を配慮する必要があるのでしょうか?


尖閣諸島での船の酔っ払い運転、これだけでも逮捕に値することなのに…


その後の中国の対応は常軌を逸しているとは思いませんか。


時事通信の記事にありますが、尖閣諸島の問題が生じたあと中国は大使館撤退も辞さない姿勢できました。


日本の企業も、道徳が通用しない中国から全部引いた方が賢明ではないでしょうか?


日本人としての誇りを持つのか、金で国を売るのか。


日本人は岐路に立たされているとしか思えません。

硫黄島の不思議な出来事?

硫黄島の不思議な出来事?


引続き、硫黄島での不思議な出来事を掲載させて頂きます。


掲載された方の文章をそのままのせておりますので、ご了承下さい。


●硫黄島の研修
B大の3学年には硫黄島研修と言うのがある。
愛国心を高めるために悲惨な激戦地の戦史を勉強する為にね。俺が聞いた話では硫黄島の石を持って帰ってはいけないと言われていたのに。
隠して持って帰って来た学生が、帰って来て3日目の朝の点呼の時に出てこなかった。
週番が調べに行くと心臓麻痺で死んでいたそうだ。で、B大に伝わる怪談はここから始まるだが・・・
その死んだ学生のベットをそのまま使っていたらしい・・・そのベッドで寝ているととにかく金縛りにあう。
それで、ベッドを替えてくれと指導教官に頼むと教官はやっぱりそうかって顔をしてすぐに変えてくれる。
と言う噂を話を聞いた。ちなみに、俺は半年で辞めたから本当の理由があると言う話は聞いた事がない。


●天皇陛下のご訪問
硫黄島では数々の幽霊話があるが、平成6年天皇の硫黄島ご訪問以来、その手の話は激減した。
それは、硫黄島で天皇皇后両陛下が硫黄島に散った兵士の霊に黙祷を奉げ、栗林陸軍中将、市丸海軍少将の短歌に返歌をして礼を尽された為である。

・天皇陛下 平成6年2月硫黄島にて御製
 精根を 込め戦ひし 人未だ 地下に眠りて 島は悲しき

→・栗林忠道 陸軍中将
 国の為 重き勤めを 果たし得で
      矢弾尽き果て 散るぞ悲しき

・皇后陛下 御歌
 慰霊地は 今安らかに 水をたたふ 如何ばかり 君ら水を欲りけむ

→・市丸利之助 海軍少将の硫黄島での短歌
 スコールは 命の水ぞ 雲を待つ
      島の心を 余人は知らじ
(以上記事終わり)


当時、「上官の命令は天皇陛下の命令と同じ」と指導されたよく聞きます。
死してもなお、上官の命令に従ってその地を守っている英霊がいるのかな〜と思いました。
だから、最高司令官である天皇陛下が、戦地に赴き哀悼の意を伝えることで、
戦場で散って行った英霊が安らかになったのかと。


小野田少尉も終戦後も、29年もの長い間フィリピン・ルバング島で戦っていたことも事実です。

年俸制の落とし穴(数値で見えないもの)

年俸制の落とし穴(数値で見えないものもあるのでは…)


 ここ数十年で、年功序列の給与形態から年俸制に移行されているようですが、果たして成果主義(年俸制だけが成果主義とは思いませんが)だけで企業は利益を上げることが出来るのでしょうか?

 民間調査機関「労務行政研究所」によると、2001年から3年ごとに実施した調査の結果、年俸制を導入している企業は約3割になるそうです。
そのうち年俸制を管理職に限定している企業は62%で、全社員に適用している企業は15%あるそうです。


 企業では個人または組織でその成果を数値に現して評価をする傾向があると思いますが、大きな落とし穴があるように思えてなりません。
ある方に、「目に見えない形で会社の役に立っていることを見抜くには、それ以上の苦労をしないと分らない」とお聞きした事があります。


日本電産の永守重信社長は、以前テレビ東京の番組「カリビアン宮殿」の中で次のような言葉を言っておりました。


「今の若い人たちは苦労に向かおうとしない。これからの時代は苦労に立ち向う人が会社を引っ張っていくだろう」

また次のような言葉も

工場の中で、誰が見ても一目瞭然の工具の置き方を工夫している社員がいました。それを見て「この人は仕事ができる」と永守社長は言っておられました。

昔からの言葉で
「若いうちは、苦労は買ってでもしろ」「整理整頓」という言葉がありますが、この言葉を大切にまた実行できたら何か掴めるのではと思います。

すぐに結果が出なくても…

硫黄島の不思議な出来事?

硫黄島の不思議な出来事?


引続き、硫黄島での不思議な出来事を掲載させて頂きます。


掲載された方の文章をそのままのせておりますので、ご了承下さい。


?
実体験ですが、数年前の夏無事に定期便も終わり硫黄島から厚木の帰り便大きな荷物もなく便乗者は海保職員1
天候晴れ、風微風。定刻に離陸なのですがいつもより滑走距離が長い、Pも変だナーという顔。
夏の日差しの機内ほど程よい温度で弁当の後、やることもないので機内でお昼寝。
しばらくして人のざわめきというかひそひそ声でふと目がさめ機内を見回しても海保さんが寝てる姿しか。
改めて寝直すと「これで国に帰れる」「友軍機が来てくれて助かった」とはっきり。
流石に目が覚めて後部貨物室を見回してもなにも。。。。
海保さんもやや青ざめた顔で「聴きましたか?」と2人そろって前に逃げ込んでPにその事を報告。
Pが「それで重かったのか、お盆も近いし」と。その後何事もなく厚木に。
機体点検をしてると耳元ではっきりと「連れて帰っていただき有り難う御座いました!」


?
こういう話も。YS-11Mはもうよぼよぼの機体であっちを直すとこっちが壊れるというような機体で整備員泣かせですが、
厚木から向かった機がハイドロ漏れを起こしどうやっても治らない。
Pと硫黄島管制が戻るか戻らないという話を始めた少し後に漏れがぴたりと止まった。
この状態ならと言うことで硫黄島に到着。
エンジン部分を開けて点検をすると当該ハイドロポンプの漏れていた配管箇所に手の跡がくっきりと。
このときのPは霊の類は信じない人でしたが、それ以来、硫黄島に行くたびに慰霊碑に手を合わせるようになったそうです。


?硫黄島の高松宮殿下〈初出・『明日への選択』平成10年2月号〉
『高松宮日記』全八巻の完結を前に、『This is 読売』
一、二月号に連載された高松宮妃殿下と作家の阿川弘之氏の対談の中に、初めて紹介されるエピソードがある。
昭和四十六年三月、高松宮殿下が硫黄島戦跡をご訪問になった時のことである。
硫黄島は大東亜戦争末期、米軍七万五千の猛攻を、二万余の日本軍将兵が祖国防衛のため、一ヶ月以上に渡って奮戦し玉砕(全滅)した島である。
戦後、昭和四十三年まで米国の管理下にあったため、殿下のご訪問当時は、まだ未整理の洞窟があり、遺骨はそのまま散乱していたという。
殿下が先ずお訪ねになったのは、米軍の火焔放射器でやられ、ブルドーザーで生き埋めにされかけ、苦しみもがきながら脱出を試みた兵隊たちが、折れ重なって死んだ跡地だった。
「前もっての説明何もなしで洞窟の前へ立たれた殿下は、ハッと息を呑む気配をお見せになり、やがて地べたに正座し、両手をついて首を垂れて、暝想状態に入られた。
一言もおっしゃらないから、何を念じていらっしゃるのか祈っていらっしゃるのか分からないけれど、随行の者みな、電気に打たれたような気分だったと聞いております。
大分長い時間そうしていらして、やっと立ち上がられた」
次にお訪ねになったのは、遺骨の整理が既に済んでいる壕だった。
とはいえ、拾い尽せなかった骨もあり、至る所に散らばったままの骨片もあった。
仕方なしに海上自衛隊駐屯部隊の隊員も、ふだんは靴で遺骨を踏んで歩くようになってしまっていたという。 
「ところが、殿下はためらわれた。そうして、つと靴を脱ぎ靴下も脱ぎ、素足になって、骨片の散らばる洞窟内へ入って行かれた。
私も知ってますが、硫黄島という名前の通り、あの島の壕の中にに地面から硫黄のガスが噴き出しているんです。
そこを素足で視察した人は、後にも先にも高松宮様お一人だそうです」
(以上記事終わり)


上官の命令で「死してもその地を守れ」との命令もあったそうです。
フィリピン・ルバング島に終戦後29年間いた小野田少尉も、上官の命令があって初めて帰国されたそうです。

硫黄島の不思議な出来事

硫黄島の不思議な出来事


 硫黄島(いおうとう)は、東京都からは南におよそ1,200km に位置する小笠原諸島の南端近くに所在する、東西8 km、南北4 kmの島です。その名の通り、硫黄ガスが噴出する島で約65年前の先の大戦で大激戦が行われた地です。
日本軍は21900名、アメリカ兵は約7000名、両軍合わせて約3万の方がお亡くなりになております。
 現在は自衛隊の基地が置かれていて、硫黄島へは旧島民らの慰霊や基地施設の工事などの例外を除いて、一般民間人の上陸は禁止されています。

 そんな歴史に残る硫黄島に不思議なことがたくさん起こっていることを最近耳にしましたのでご紹介します。


掲載された方の文章をそのままのせておりますので、ご了承下さい。


?
【経験談 硫黄島外来宿舎】
 外来宿舎に、金縛りやポルターガイスト等、必ず怪現象が起こる部屋があります。私たちが行った時、人数の都合で、自分ともう一人がその部屋に泊まることになりました。
 怖いのが嫌、というより、亡くなってまで苦しんでいるのではと思い、詳しい作法などは知りませんでしたが、きっと喉が乾いただろうな、甘いものが欲しかったかな、お酒が飲みたかった人もいたかな、と、本土から ミニボトルの日本酒、六甲水のペットボトル、飴玉を持っていき、窓の下に盛り塩と一緒に供えて

 「暫くこのお部屋をお貸しください。もしも、本土に戻られたい御魂がいらっしゃったら、窮屈かと思いますが、この中にお入りください。皆様の故郷にお返しすることはできませんがこの半分を○○県の△川に流します、半分は、こちらに置いていきます。」 と、念じました。

 心配されていた、私の部屋では何も起こりませんでした。が、夜中、隣の部屋から悲鳴とガターン!という騒音が。聞くと、ベッドを下から蹴られたような感触があり、一瞬浮いたようだったとか。
明かりをつけると、ベッドの位置が、引きずった跡もなく、思い切りずれていました。それから後、夜は何事もありませんでした……。


?
前出のYS-11M機上整備員です。
実体験ですが、数年前の夏無事に定期便も終わり硫黄島から厚木の帰り便大きな荷物もなく便乗者は海保職員1名。
天候晴れ、風微風。定刻に離陸なのですがいつもより滑走距離が長い、Pも変だナーという顔。
夏の日差しの機内ほど程よい温度で弁当の後、やることもないので機内でお昼寝。
しばらくして人のざわめきというかひそひそ声でふと目がさめ機内を見回しても海保さんが寝てる姿しか。
改めて寝直すと「これで国に帰れる」「友軍機が来てくれて助かった」とはっきり。
流石に目が覚めて後部貨物室を見回してもなにも。。。。
海保さんもやや青ざめた顔で「聴きましたか?」と2人そろって前に逃げ込んでPにその事を報告。
Pが「それで重かったのか、お盆も近いし」と。その後何事もなく厚木に。
機体点検をしてると耳元ではっきりと「連れて帰っていただき有り難う御座いました!」?
(掲載終わり)



他にもいろいろな現象があるようです。


 以前、東南アジアのボルネオ島マレーシア領にあるコタキナバルという所へいったのですが、そこの離島の小さな島に旧日本軍の大砲が今でも置いてありました。
現在では成田空港から約6時間で行けるのですが、「当時はジェット旅客機も無くこんな遠い所までよく来たものだな〜」感慨にふけった思い出があります。


 先の大戦で、例えどんな理由があろうとも国の為に散っていった先輩達は、今の日本を望んでいたのでしょうか?

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。