スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略される日本!

侵略される日本!


こんな記事を見つけました。


【無防備な日本 外資に奪われる水と森】
(日経:平成22年3月29日)


埼玉県や山梨県、長野県、岡山県など全国各地の水源に近い山林について、中国などの外国資本が買収の打診してきていることが、東京財団がまとめた「グローバル化する国土資源(土・緑・水)と土地制度の盲点」と題した調査報告書で明らかになった。類似した事例は、三重県大台(おおだい)町の水源林をめぐっても確認され、問題となっている。


― 中略 ―


報告では水源林以外にも、外国資本による国土を買収例を提示。香港やオーストラリア(豪)資本の活動で地価上昇率が3年連続で全国一となった北海道ニセコ町や、廃屋化したホテルなどを買収し分譲マンションを建設中の長野県白馬村の豪資本の動きを挙げ、公益や安全保障などの観点から、国土資源(土地・森林・水)を守るため十分な備えが諸外国並みに必要だと説いている。
(以上記事終わり)


記事のアドレス
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/373942/



中国の詩人「杜甫」の【春望】に


国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火 三月に連なり
家書 万金に抵る
白頭 掻けば更に短く
渾て簪に勝えざらんと欲す


「国破れて山河在り」にあるように、国の山河があってこそ国の長期発展を望めるものと教えてくれています。
しかし、外国資本に日本の山河が抑えられ(水資源には水利権というものが発生します)抑えられ、日本固有の天然自然の財産は、日本人のものではなくなって仕舞うという有様はこの国の発展に大きな暗い影を落とすのではないでしょうか。


自分のことしか考えられない日本人が増えれば増えるほど、私達の子供や孫達は苦しむのではないでしょうか?

スポンサーサイト

新年明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。



日本の経済状況は、明るい兆しが見えない真っ暗の中を進んでいるように思えます。

様々な要因があると思いますが、「体が資本」という言葉もあるように健康で元気な一年を過ごせれば

より良い年になるように思います。

館員皆様の発展を心よりお祈り申し上げます。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。