スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島原爆60発分の放射性物質が放出された。

毎日新聞【2011年6月6】


放射性物質:77万テラベクレル…総放出量を上方修正



経済産業省原子力安全・保安院は6日、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の総量について、これまでの37万テラベクレル(ベクレルは放射線を出す能力の強さ、テラは1兆倍)から77万テラベクレルへと上方修正する解析結果をまとめた。内閣府原子力安全委員会の推計の63万テラベクレルに対し、過小評価との指摘が出ていた。安全委員会に報告したうえで、国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に提出する日本政府の報告書にも盛り込む。


 総放出量は4月12日、国際原子力事象評価尺度(INES)でチェルノブイリ原発事故(総放出量520万テラベクレル)と同じ最悪のレベル7に引き上げた際に、保安院と安全委員会がそれぞれ発表した。


 安全委は原発周辺で計測された放射線量などから、事故直後から4月5日までの間の大気中への放出量の逆算を試みた。一方、保安院は炉内の状態から試算。今回の見直しでは、2号機、3号機の爆発後の放出量を加えるなどした。


 INESでは、数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出がある場合をレベル7と定めており、上方修正でもレベルは変わらない。(記事終わり)

リンク
http://mainichi.jp/select/science/news/20110606k0000e040073000c.html


この77万ベクレルという数値はどんな数値か、私達一般人には想像つきにくい内容です。ある専門家の方にお聞きしたのですが、簡単に言うと広島に落とされた原子爆弾約60発分の放射性物質が放出されたとのことです。


「それじゃ、テレビで放映されているよりもっとひどい状況じゃやないか」と思うのは私だけではないと思います。


スポンサーサイト

福島県の小学生が内部被ばく

産経ニュース【2011.6.30】

尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「内部被曝の可能性」

福島県内の保護者らでつくる市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などは30日、福島第1原発事故の影響調査のため福島市内の6〜16歳の男女10人の尿を検査した結果、全員から微量の放射性物質が検出されたと発表した。


 放射性セシウム134の最大値は8歳の女児で尿1リットル中1・13ベクレル、セシウム137の最大値は7歳男児で同1・30ベクレルだった。


 尿は5月下旬に採取し、チェルノブイリ原発事故で周辺の子供の被ばく量を調査した経験がある、フランスの放射線測定機関「アクロ研究所」に検査を依頼した。


 アクロのデービッド・ボアイエ理事長は記者会見で「福島市周辺の子供らに極めて高い確度で内部被ばくの可能性がある。事故前の数値はゼロだったと考えられる」と話した。(記事終わり)

リンク
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110630/bdy11063012220001-n1.htm


とうとうここまで来てしまいました。

検査対象全員から放射性物質が確認されるとは…

セシウムは、カルシウムに構造が似ていて一度体内に入ると、骨などに吸収されやすく排出は難しいとある専門家の資料に掲載されておりました。内部被ばくしている可能性があるのではなく、完全に内部被ばくしていているのでは…

残念です。


アメリカも原子力危機?ロスアラモス研究所が火災

産経ニュース【2011.6.28】

放射性物質、漏れ出す危険性なし ロスアラモス研究所へ延焼、一時閉鎖

日本に投下された2つの原爆の開発の舞台となった米ニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所付近で26日、山火事が発生、27日に研究所の敷地の一部まで延焼した。その後、敷地内の火は消し止められ、同研究所は放射性物質など有害物質が漏れ出す危険性は当面ないとしている。

 同研究所は27〜28日、非常事態に対応する最低限の人員を残して一時的に閉鎖することを決めた。再開時期は未定。付近の住民には避難命令が出された。


 同研究所は、危険な資材のほか陽子加速器のような貴重な設備は適切に保護されていると強調。一方、延焼に備えた予防措置として、研究所の中でも火事の現場に近い区域にある施設への天然ガス供給を停止した。ロスアラモス国立研究所は、核関連のほか、生物工学やコンピューター工学の専門家ら計1万人以上が勤務する巨大施設。(以上記事終わり)

リンク
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110628/amr11062810110004-n1.htm

東日本大震災といい、原子力発電所の事故といい、ロスアラモス研究所の山火事の延焼による火災といい、
大東亜戦争時の状況が再現されているように思うのは、私だけでしょうか?

ちなみに広島・長崎の原爆による死者・行方不明者は約20万人です。


都内は既に被曝してます。家庭ごみから放射性物質が…

産経ニュース【2011.6.27】

都内の家庭ゴミ焼却灰から放射性物質 8000ベクレル超、一時保管へ


 東京都と東京23区清掃一部事務組合は27日、一般家庭ゴミなどを処理する23区内の清掃工場のうち、江戸川清掃工場で発生した焼却灰から、1キログラムあたり8千ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたと発表した。同組合によると、灰はフィルターで集められ、運搬時などは密閉しているほか、施設周辺の空間放射線量の測定結果からも、外部環境への影響はないとみている。




 都などによると、一般廃棄物の焼却灰の放射線量を測定したのは福島県をのぞく自治体では初めてとみられる。


 環境省は今月23日、「福島県内の災害廃棄物処理の方針」として、1キログラムあたり8千ベクレルを超える灰については一時保管とし、8千ベクレル以下については一般廃棄物最終処分場(管理型最終処分場)での埋め立てが可能とした。福島県外の指針は示されていないが、都はおおむねこの基準に沿って処理する一方、国に、福島県外での取り扱い方法を策定するように要請した。


 清掃工場から発生する灰には、焼却後に焼却炉の中にたまる「主灰」と、焼却時にフィルターなどに集められる「飛灰」がある。


 今回、1キログラムあたり8千ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたのは江戸川清掃工場の飛灰で、9740ベクレル。同工場の主灰や、ほかの清掃工場の飛灰、主灰は8千ベクレルを下回った。


 このため、江戸川清掃工場の飛灰は当面、工場内の放射能を遮れる施設で一時保管される。それ以外の灰については、最終処分場に埋め立てるという。


 都では、今後も灰を継続して調査するとともに、多摩地域の市町村にも調査を要請する。(記事終わり)

リンク
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110627/dst11062723310021-n1.htm


あまりテレビでは放映していないのでしょうか?


3月11日の大地震・津波のあと、水素爆発して放射能が放出され原子炉は炉心溶融(メルトダウン)してましたが、官房長官がしきりに言ってました「大丈夫!」だと。

その結果がこれです。

政府・原子力安全委員などの公的機関・東電は知っていながらなのか?すると殺人に近い…



100台ある放射能検査の車両をなぜ???

こんな情報を見つけました。


6月19日晩の放送のMr.サンデーで、被曝に関しての特集を流していた。
その中で、内部被曝の検査方法が紹介されていた。

「ホールボディカウンター」と呼ばれる機械で、車両に積み込んで移動することが出来る。
ちょうど健康診断などで使われているのと同じような車両。
そのなかに検査機器が積んである。

内部被曝の検査は椅子に座るだけ。被験者はその椅子に1分間ほど座っていれば検査終了。
そして、即座に検査結果がわかる。

このような検査が出来る車両が日本には100台もあるという。

なぜ、さっさと福島に持って行って検査を始めないのか。
政府は地元福島の住民に対してですら検査を本格化しようとしていない。
検査して大量の内部被爆者が出たらどうするのか、それを恐れるあまり本腰を入れたくないかのようだ。
番組内でも会見中の枝野官房長官に質問していたが、なんとなく答えをはぐらかして会見を終わらせていた。
相変わらずの政府の対応をまた見せられた感じだ。(以上)

参考:http://blog.livedoor.jp/beamazed/archives/1346405.html


一概に、原子力災害に対応されている方々(政府や東電を含め)を否定しているわけではありませんが、行政の仕組み、政府の仕組み、それぞれの組織体質、東電や原子力業界の仕組みと体質が、今回の原子力災害に対して効果的に働いていないように思えてなりません。

最後に苦しい思いをするのは、現場の作業員の方々や福島近隣の人々なのではないかと危惧します。

放射能 水道水も危ないのでは?

最近、浄水場の汚泥から放射性物質が検出されているようですが、汚泥にあるということは数値は別として水道水にも当然混じっているのでは?


記事リンク
毎日新聞(2011年6月16日 21時35)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110617k0000m040092000c.html
汚泥の受け入れ業者無し…


千葉県水道局
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110527/dst11052719240025-n1.htm
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110524ddlk12040208000c.html

なんで安全って言い切れるの???長期にわたって吸収したらどうなるのか分かっているのか?


東京都
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/06/20l66300.htm


横浜市水道局
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/kyoku/soshiki/jyosui/nishiya/kinkyuujouhou.html


神奈川県
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300455/


新潟市
http://www.city.niigata.jp/info/suido/kikaku/tuti-chosa-2.htm


数値や表現はまちまちですが、既に生コン等に使用された場所もあるそうです。国は基準値以上の汚泥は適切な処分をするよう方針を出しましたが、その実質的な処理は地方自治体が行うよう指導されており、地方自治体は困っているとのこと。


ん〜、危機感なさすぎに思います。

原発元設計者が米メディアで告白「原子炉構造に欠陥あり」

少し前の記事ですが…


【原発元設計者が米メディアで告白「原子炉構造に欠陥あり」】
危機続く福島第一原発
(週刊朝日2011年04月01日号配信)

現地時間で3月15日、米CNNが、米国を代表する原子炉メーカーであるゼネラル・エレクトリック(GE)の元エンジニア、デール・ブライデンボー氏のインタビューを放送した。白髪に白いひげをたくわえたブライデンボー氏は悲痛な表情でこう語った。


「福島原発の事故は私たちが想定したシナリオよりもはるかに悪い。このままだと、何千もの命が失われる可能性がある。それが怖くてたまらない」


 遠い米国で、なぜ米国人に福島のことがわかるのか? 実は、ブライデンボー氏は福島第一原発の1〜5号機で使われているマーク?型原子炉の原設計をした人物だった。


 今回、最初に水素爆発を起こした1号機は日本製ではない。1号機の建造が始まった1960年代、日本はまだ自力で商業用原子炉を造っていなかった。このためGEが造った。このあと2号機はGEと東芝が共同で建設し、3、4号機になってようやく東芝や日立製作所が主体で造った。炉心損傷を起こしている1〜3号機はいずれも、GEの設計を基にしたものなのだ。
(記事続く)

続きの記事
http://www.wa-dan.com/article/2011/03/post-83.php



設計者自ら福島第1原子力発電所の現在の危機的状況を伝えております。

科学技術の発展は便利さをもたらし人の生活を豊かにすると思いますが、大切な何かを忘れてしまえば、それは科学者や技術者ひいては人のおごりとなってしまうと思います。


そして、そのおごりは自ら人を殺(あや)めてしまう大きな間違いとなることを今回の記事は教えてくれていると思います。

天災に人間が勝とうという間違った考えが未だに是正されず、反省すらないようであれば同じ過ちを私達は繰り返してしまうのではないでしょうか?

多くの犠牲のもとに…

やはり後手に回った放射能汚泥! 建築資材で都内に15万トン流通か

放射能関連の記事です。

【やはり後手に回った放射能汚泥! 建築資材で都内に15万トン流通か】
(週刊ダイヤモンド:4月16日号)

週刊ダイヤモンド(4月16日号)が明らかにした下水汚泥の放射能汚染と、それが建築資材などとして流通する問題が今月、最悪のかたちで現実のものとなった。

 福島県が1日、汚泥焼却後に生成され、セメントなどに再利用される溶融スラグから1キログラム当たり最大44万ベクレル超の高濃度セシウムを検出したと発表、東京や茨城など各都県でも同様の発表が相次いだ。


 東京都では3月25日に採取した汚泥から、放射性物質の総量を示す「全β放射能値」で同17万ベクレルを検出。都内の震災後の汚泥総量、約21万トン(5月17日現在)のうち7割、約15万トンがセメントや建築資材としてすでに流通したことが、本誌の取材でわかった。都は搬入先の業者を把握しているが、使用された建築現場までは不明だ。


 汚染拡大の異常事態に国は12日、ようやく重い腰を上げ、福島県のみを対象に汚泥汚染の暫定基準値や処理方法の指針を示した。


 指針では、同10万ベクレル以上の汚染汚泥はドラム缶などに密閉保管する。それ以下の場合は埋め立て処分を求める一方、汚染度の低いものは再利用を“容認”した。検出された汚染セメントの測定値を2倍にし、住居用に使っても年間最大362マイクロシーベルトの被ばく量にとどまり、健康被害は予想しがたいと判断したためだ。


 だが、判断根拠となった汚染セメントの汚染度は、数時間ごとに採取されたセメントを混ぜた1日の平均値などさまざまだ。そもそも各工場の品質管理レベルによって、「測定結果が変わる可能性は否定できない」(業界幹部)のだ。


 「大きな問題になる。備えておくように」──。


 震災から間もない3月下旬、あるセメント業界幹部は、経済産業省幹部に内々に呼び出された。下水汚泥を含む福島県のリサイクル用廃棄物が、放射能に汚染された可能性を明かされたという。


 だが、同省と同じく早い段階で下水汚泥の汚染問題を認識していた国土交通省が、各自治体に「汚泥の汚染が懸念される場合、連絡を求める」という旨の事務連絡を出したのは4月28日だ。


 同省担当者は取材に対し、「事務連絡が早いか遅いかは主観的な問題だ」とする一方、「下水道行政の実施主体は自治体。福島県のようにデータがない場合、国は動きようがない。福島県は測定をもっと早くやるべきだった」と返答した。


 だが、首都圏のある自治体幹部は「国の対応が遅過ぎる。判断基準が示されない以上、地方はなにもできない。国の福島県への指針を待って、測定値公表に踏み切った自治体もある」と反発する。


 中央と地方が責任をなすりつけ合うなか、“被害者”であるセメント業者は、「国は下水汚泥のリサイクルを推進しておきながら、無責任に過ぎる」と憤る。


 1992年に台湾で発覚したマンションの鉄筋にコバルトが誤って混入した問題では、1500世帯が長期間被ばくし、ガンなどの健康被害が多数確認された。他国の教訓も生かせずに後手に回る対応は、まぎれもなく人災である。(以上記事終わり)

下記アドレスより引用
http://diamond.jp/articles/-/12355



放射能に汚染された汚泥(コンクリート)既に出回っているとのこと。

放射性物質セシウム137はその半減期が30年間で、家の基礎や建物の基礎に汚染されたコンクリートが使われると、極端に言えば30年間放射線を出し続けているので、その家や建物に入る人を30年もの長い間被曝させ、解体すようなことがあれば、解体する人達に内部被曝をさせる可能性が大いにあります。


とんでもないことになりました。


 

ミネラルウォーターの国内増産はもう限界、再び迫る“水不足”危機

たびたび、放射能関連の記事で申し訳ございません。

あまり危機感がないように思えて(変に危機感を煽っているわけではありません)

こんな記事が掲載されました。

【ミネラルウォーターの国内増産はもう限界、再び迫る“水不足”危機】
(東洋経済オンライン 6月9日(木)10時23分配信)


首都圏を中心にミネラルウォーターの品薄が続いている。東京都が3月、金町浄水場(葛飾区)から暫定規制値の2倍を超える放射性物質を検出したことが発端だ。4月には千葉県で母乳から放射性物質を検出。「若い母親を中心に水の買い占めが連日続いた」(大手スーパー関係者)ため、スーパーやコンビニエンスストアなどは一人当たりの購入本数を制限した。


国産ミネラルウォーターの需要が根強い


 現在は制限を解除した店も増えているが、それでも「昨年を大きく上回るペースで売れている」(中堅スーパー首脳)。サーバー型宅配水で業界首位のアクアクララにも、注文が殺到。サーバー設置を待つ新規顧客は、関東圏だけで1万人を超えている。(記事はまだ続きがあります)

続きは↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110609-00000000-toyo-bus_all


水道水も決して安全じゃない状況を迎えているようです。

夏は当然暑くなるので、水道水だけでなく子供たちが行くプール・海水浴など、水場に触れることが困難になるかもしれません。

そして、電力不足による計画停電もあるかもしれません。

体力的にも経済的にも大変な夏を迎えると思います。

便利さだけを追求してきたつけが回ってきたのではないでしょうか?

東京都の下水も放射能にやられています。

下記の記事が掲載されました。

【都の下水処理施設で高放射線量…避難区域に匹敵】
(2011年6月8日14時33分  読売新聞)

東京都大田区の下水処理施設内の空気中から、毎時約2・7マイクロ・シーベルトの放射線量が検出されていたことが、都の調査で分かった。

 計画的避難区域の福島県飯舘村の放射線量と同程度で、文部科学省によると、都内でこれほどの放射線量が検出されたのは初めて。放射性物質を含む汚泥の影響とみられるが、都は「検出場所は屋内。敷地の境界では問題なく、誤解を招く恐れがある」とし、調査結果を公表していなかった。


 都によると、この施設は都下水道局の「南部スラッジプラント」で、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却し、灰を東京湾に埋め立てるなどしている。都の5月の調査では、この施設の焼却灰から1キロ・グラム当たり1万540ベクレルの放射性セシウムを検出していた。


 今月6日、都が放射線量を測定したところ、焼却灰の仮置き場所となっている棟内の空気中で毎時2・693マイクロ・シーベルトを検出した。同じ日の飯舘村での放射線量は2・86マイクロ・シーベルトだった。同施設内の放射線量を1年分に単純換算すると約23・6ミリ・シーベルトとなり、計画的避難区域の対象となる年間積算量の20ミリ・シーベルトを上回る。


 都は、施設内の別の場所では毎時0・038マイクロ・シーベルトにとどまっていることなどから、周辺住民らへの健康被害の恐れはないと説明。作業員には手袋やマスクの着用を改めて指示したとしている。(以上記事終わり)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110608-OYT1T00603.htm より転記


放射性物質は、水で洗い流せるようですが洗い流した水(汚染水)が地中へ浸透したり、下水場へ最終的に集まったりで濃度が高くなると専門家の方にお聞きしました。

内部被曝でなく、少ない放射線量を長期間浴びた場合の健康被害はどのようになって仕舞うのか、どうやらその統計的データはないようです。

言い換えると、一時的であれば大丈夫かもしれないが長期で継続して放射線を浴びるのは明確に健康に影響ないとは言い切れないということではないでしょうか?

福島原発はメルトダウン以上の悪い状況! 最悪…

下記の記事が掲載されました。

核燃料、圧力容器貫通の可能性…政府が報告へ
読売新聞 6月7日(火)14時30分配信


 東京電力福島第一原子力発電所の事故について、政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の全容が7日明らかになった。


 報告書は、破損した1〜3号機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出し、格納容器内に堆積している可能性を指摘した。


 格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象。これまで圧力容器底部で、制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したことは明らかになっていたが、政府が公式にメルトスルーの可能性を認めたのは初めて。


 また報告書は、原子力安全規制の行政組織が縦割りで、国民の安全を確保する責任が不明確だったと認め、原子力安全・保安院を経済産業省から独立させ、原子力安全委員会なども含めて、体制を抜本的に見直す方針なども打ち出した。(以上記事終わり)


心の学問とはかけ離れているかもしれませんが、政府はおそらく「メルトスルー」状態を知っていて公表しなかったのではないかと思います。

すべてを公表した方が良いとは言いませんが、国民や海外諸国に結果的に不信感を与えて仕舞っていることは残念です。

目先でなく日本の将来をことを考えて公表しているのならまだしも、政府の人気取りや技術専門家の責任逃れのような状況で、公表を控えているのならば、頭の良い社会的地位の高い人が、「心低愚現症候群」におかされていることを自ら立証していると思います。


今回の東日本大震災が少しずつ薄らいでいる状況に危惧をおぼえます。

放射能汚染も大変だが、政府の対応はもっと絶望的!

こんな記事がありました。


千度以上示す核物質、3月12日に検出していた
(2011年6月3日23時09分  読売新聞)


東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。

 経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

 事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。

 テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。
(以上記事終わり)


「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」

とのこと。


反省どころではなく、間違いなく殺人に近い。


日本を正しい方向に導く方向性を示さなければならない専門家の方が、このような発言をしてどうして今後発表するデータを信用しろというのだろうか?


放射能汚染も怖いが、このような専門家に舵取りを任せている政府の方がもっと怖い。


相変わらず「国難」を認識していないようです。


人の命がかかっているのに!

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。