FC2ブログ

広島原爆60発分の放射性物質が放出された。

毎日新聞【2011年6月6】


放射性物質:77万テラベクレル…総放出量を上方修正



経済産業省原子力安全・保安院は6日、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の総量について、これまでの37万テラベクレル(ベクレルは放射線を出す能力の強さ、テラは1兆倍)から77万テラベクレルへと上方修正する解析結果をまとめた。内閣府原子力安全委員会の推計の63万テラベクレルに対し、過小評価との指摘が出ていた。安全委員会に報告したうえで、国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に提出する日本政府の報告書にも盛り込む。


 総放出量は4月12日、国際原子力事象評価尺度(INES)でチェルノブイリ原発事故(総放出量520万テラベクレル)と同じ最悪のレベル7に引き上げた際に、保安院と安全委員会がそれぞれ発表した。


 安全委は原発周辺で計測された放射線量などから、事故直後から4月5日までの間の大気中への放出量の逆算を試みた。一方、保安院は炉内の状態から試算。今回の見直しでは、2号機、3号機の爆発後の放出量を加えるなどした。


 INESでは、数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出がある場合をレベル7と定めており、上方修正でもレベルは変わらない。(記事終わり)

リンク
http://mainichi.jp/select/science/news/20110606k0000e040073000c.html


この77万ベクレルという数値はどんな数値か、私達一般人には想像つきにくい内容です。ある専門家の方にお聞きしたのですが、簡単に言うと広島に落とされた原子爆弾約60発分の放射性物質が放出されたとのことです。


「それじゃ、テレビで放映されているよりもっとひどい状況じゃやないか」と思うのは私だけではないと思います。


スポンサーサイト

福島県の小学生が内部被ばく

産経ニュース【2011.6.30】

尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「内部被曝の可能性」

福島県内の保護者らでつくる市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などは30日、福島第1原発事故の影響調査のため福島市内の6〜16歳の男女10人の尿を検査した結果、全員から微量の放射性物質が検出されたと発表した。


 放射性セシウム134の最大値は8歳の女児で尿1リットル中1・13ベクレル、セシウム137の最大値は7歳男児で同1・30ベクレルだった。


 尿は5月下旬に採取し、チェルノブイリ原発事故で周辺の子供の被ばく量を調査した経験がある、フランスの放射線測定機関「アクロ研究所」に検査を依頼した。


 アクロのデービッド・ボアイエ理事長は記者会見で「福島市周辺の子供らに極めて高い確度で内部被ばくの可能性がある。事故前の数値はゼロだったと考えられる」と話した。(記事終わり)

リンク
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110630/bdy11063012220001-n1.htm


とうとうここまで来てしまいました。

検査対象全員から放射性物質が確認されるとは…

セシウムは、カルシウムに構造が似ていて一度体内に入ると、骨などに吸収されやすく排出は難しいとある専門家の資料に掲載されておりました。内部被ばくしている可能性があるのではなく、完全に内部被ばくしていているのでは…

残念です。


アメリカも原子力危機?ロスアラモス研究所が火災

産経ニュース【2011.6.28】

放射性物質、漏れ出す危険性なし ロスアラモス研究所へ延焼、一時閉鎖

日本に投下された2つの原爆の開発の舞台となった米ニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所付近で26日、山火事が発生、27日に研究所の敷地の一部まで延焼した。その後、敷地内の火は消し止められ、同研究所は放射性物質など有害物質が漏れ出す危険性は当面ないとしている。

 同研究所は27〜28日、非常事態に対応する最低限の人員を残して一時的に閉鎖することを決めた。再開時期は未定。付近の住民には避難命令が出された。


 同研究所は、危険な資材のほか陽子加速器のような貴重な設備は適切に保護されていると強調。一方、延焼に備えた予防措置として、研究所の中でも火事の現場に近い区域にある施設への天然ガス供給を停止した。ロスアラモス国立研究所は、核関連のほか、生物工学やコンピューター工学の専門家ら計1万人以上が勤務する巨大施設。(以上記事終わり)

リンク
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110628/amr11062810110004-n1.htm

東日本大震災といい、原子力発電所の事故といい、ロスアラモス研究所の山火事の延焼による火災といい、
大東亜戦争時の状況が再現されているように思うのは、私だけでしょうか?

ちなみに広島・長崎の原爆による死者・行方不明者は約20万人です。


都内は既に被曝してます。家庭ごみから放射性物質が…

産経ニュース【2011.6.27】

都内の家庭ゴミ焼却灰から放射性物質 8000ベクレル超、一時保管へ


 東京都と東京23区清掃一部事務組合は27日、一般家庭ゴミなどを処理する23区内の清掃工場のうち、江戸川清掃工場で発生した焼却灰から、1キログラムあたり8千ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたと発表した。同組合によると、灰はフィルターで集められ、運搬時などは密閉しているほか、施設周辺の空間放射線量の測定結果からも、外部環境への影響はないとみている。




 都などによると、一般廃棄物の焼却灰の放射線量を測定したのは福島県をのぞく自治体では初めてとみられる。


 環境省は今月23日、「福島県内の災害廃棄物処理の方針」として、1キログラムあたり8千ベクレルを超える灰については一時保管とし、8千ベクレル以下については一般廃棄物最終処分場(管理型最終処分場)での埋め立てが可能とした。福島県外の指針は示されていないが、都はおおむねこの基準に沿って処理する一方、国に、福島県外での取り扱い方法を策定するように要請した。


 清掃工場から発生する灰には、焼却後に焼却炉の中にたまる「主灰」と、焼却時にフィルターなどに集められる「飛灰」がある。


 今回、1キログラムあたり8千ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたのは江戸川清掃工場の飛灰で、9740ベクレル。同工場の主灰や、ほかの清掃工場の飛灰、主灰は8千ベクレルを下回った。


 このため、江戸川清掃工場の飛灰は当面、工場内の放射能を遮れる施設で一時保管される。それ以外の灰については、最終処分場に埋め立てるという。


 都では、今後も灰を継続して調査するとともに、多摩地域の市町村にも調査を要請する。(記事終わり)

リンク
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110627/dst11062723310021-n1.htm


あまりテレビでは放映していないのでしょうか?


3月11日の大地震・津波のあと、水素爆発して放射能が放出され原子炉は炉心溶融(メルトダウン)してましたが、官房長官がしきりに言ってました「大丈夫!」だと。

その結果がこれです。

政府・原子力安全委員などの公的機関・東電は知っていながらなのか?すると殺人に近い…



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR