スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「セシウム検出新米も流通させろ!」農水省から驚愕のマル秘指令!!

「セシウム検出新米も流通させろ!」農水省から驚愕のマル秘指令!!
【女性自身記事】


 9月23日、二本松市小浜地区で作られていた「ひとめぼれ」の玄米から500ベクレルの放射性セシウムが検出されたとする福島県の発表は、全国に衝撃を与えた。国が定める暫定基準値は1キロ当たり500ベクレル。上限いっぱいでの検出は初だ。
 福島県は、全国4位の米の生産量を誇っている。現地に取材に行くと「国がいくら安全と言っても、消費者心理としては『たとえ1ベクレルでも、放射性物質が含まれているお米は口にしたくない』と思うでしょうね。だから全農でも自主的に調査を行い、ND米(放射性物質を機械で検出しなかった米)しか流通させない方針です」とJA全農福島米穀部の担当者は語る。福島県産の米の信頼を取り戻すために、彼らは懸命の努力を続けていた。
 しかし、この全農福島の努力に対して“待った”をかけたのが農林水産省だという。「農水省は、国の方針に対しての“反逆”を許さないんです。東京・大手町の全農本部を通して、『(500ベクレルを下回った米を故意に流通させないのは)好ましくない』という農水省の官僚からの声がこちらにも届いています」(前出・JA全農福島担当者)
農政について詳しい経済ジャーナリストは「福島県内で全農が扱う米は、全体の23%でしかない。農水省は全農が国と違う二重基準を作ることで、全農契約以外の米や農家が窮地に立つのを恐れているのでしょう」と語る。そんなお役所体質が信頼回復のための全農福島の努力を犠牲にしようとしている。国は農家の叫びをどう受け止めているのか――。(記事終わり)


引用記事
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110927-00000302-jisin-ent



被曝による見解は、医師によって様々です。過去のデータを分析して大丈夫だという先生もいますし、人によって数値に関係なく影響を及ぼすという先生もおります。
しかし、日本で?1の大学である東京大学の先生が、



「ウランを飲んでも大丈夫!」



との発言をしたとのこと。


いくら専門家でない国民でも、これほど国民を馬鹿にした発言はありません。
そのようなていたらくな先生がいる東京大学の専門家の発表を信じろというのが無理なことだと思います。
例え頭の良い大学を出ても、人の道を失っては…


民主党政権が、国民の命・生活が大事というわかりやすい政策を進めようとしても、今回の農水省の指令は国民を馬鹿にしています。



国民の命よりも国全体の農業政策の方が大事!



それならば、放射能に汚染された米だけでなく農産物を農水省職員が家族も含めて全員で食し、約5年後に無事であったならば国民は納得すると思います。
この指令、場合によっては憲法違反になることもあり、行政の施策がどれだけ重いものか再認識してほしいものです。

スポンサーサイト

新米も放射能汚染(@_@;)


二本松産米:市長「東電に怒り」 緊急会議で迅速公開表明
 
 福島県二本松市の新米予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、検査をした県は公表前、予想外の数値に検査方法の誤りを疑い、検査をやり直す異例の対応を取っていた。それでも数値はほぼ変わらず、「なぜこんなに高いのか」と衝撃を受けている。地元では24日午前の緊急対策会議で、三保恵一市長が「(東京電力福島第1原発の)事故が原因で憤りを感じる」と怒りをあらわにした。
 
 二本松市小浜地区の「ひとめぼれ」から500ベクレルという結果が出たのは15日のことだった。「検査方法がおかしくはないか」。県農林水産部の幹部は担当者に疑問をぶつけ、再検査を指示した。だが、19日に出た再検査の結果は490ベクレル。県は23日夜になって、最初に出た500ベクレルを検査結果として公表した。
 
 県は、土壌からコメに吸収されるセシウムの移行係数を0.1(10%)とする農林水産省の指標に基づき、3月から土壌調査を先行して実施。1000ベクレルを超える地点も多数あり、当初は高い値が各地で出るのではと強く懸念していた。
 
 だが、8月以降の早場米と一般米の検査では、測定器の検出下限を下回る「不検出」が大半を占め、最高でも136ベクレル(福島市大波地区)で、県農林水産部は「福島の土は粘土質で、植物がセシウムを吸い上げにくいのでは」などと楽観ムードが漂っていた。
 
 それだけに、今回の結果の衝撃は大きい。問題の検体が植えられている水田の土壌の汚染濃度は3000ベクレル程度とされ、同部の幹部たちは「移行係数から考えると高くても300ベクレル前後のはずだが」と途方に暮れている。
 
 一方、二本松市で開かれた緊急対策会議には、県、同市と地元JAの関係者、集荷業者など約30人が出席。三保市長は東電に怒りをぶつけ、「食の安全を確保し、生産者を守る対策を取る。本検査を徹底して実施し、結果は迅速、正確に消費者に公開していく」と述べた。

毎日新聞 2011年9月24日 11時44分(最終更新 9月24日 12時40分)

記事リンク
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110924k0000e040031000c.html?toprank=onehour


今回の基準値を超えた新米は、3000bq/kgの田んぼから採取されたそうです。

ちなみに今年の5月ごろの東京都町田市にある、とある家の庭の数値は同じ3000bq/kgでした。

福島も町田も変わりません。

心の戦争(此の敗戦、必ずしも悪しからず)


戦後の総理大臣・吉田茂は1945年9月2日の書簡に於いて次のように述べております。



「此敗戦必ずも悪しからず」



「明治維新の昔に返りて更に開国進取広く知識を世界に求め道義の昂揚に思を致し外資技術を大々的に招致し新たに富強の策を立つべきに之有(これあり)、然るに今尚食糧増産とか国民皆農などと囃立(はやしたて)居るなど迷惑未醒沙汰の限に候」



吉田にとって敗戦は危機ではなく好機だった。…
「文芸春秋2010年8月号より抜粋」



戦後、日本は広く知識を世界に求め、世界第2位となる経済大国にまでなりました。
戦後の焼け野原から、現在の経済復興をなした諸先輩の並々ならぬ苦労は、私達には想像がつきません。
「衣食足りて礼節を知る」と昔からいわれますが、衣食が足りてきてから日本は礼節を失いつつあるのではないでしょうか。


そして、道義をますます失いつつあるのではないでしょうか。


吉田茂の言葉からすれば、まだ、大東亜戦争は終わっておりません。



日本人が日本人の心を取り戻すまで…


 

古き良き日本(とある物語)

約100年くらい前の物語です。


当時、明治維新後の日本は世界各国から不平等条約を受け入れざる得ない状態でした。


日清戦争で勝利したものの、独立国としては危ない状況でした。それはロシアの南下政策による国難を迎えていたからです。(ロシアは港が凍ってしまうために、不凍港を求めておりました)


朝鮮半島で影響力を増していたロシアに対して国防のため日本は日露戦争をせざるをえませんでした。


その日露戦争時に、こんな物語があります。


 


日露戦争時、とある場所でお爺さんと息子が農業をしておりました。二人は荷車を曳いてあぜ道を進んでおります。息子は足が悪いらしく、荷車を押す体もきつそうです。


そこにある偉い兵隊さんが通りました。親子は道端に寄って兵隊さんに道を譲りました。すると兵隊さんは「お爺さん大変そうですね〜」と声をかけました。


するとお爺さんはこのように答えたそうです。


「今は戦争で大変な時なのに、息子が足を悪くして戦地に行くこともできず申し訳ありません」と…


その偉い兵隊さんは、その場を後にしそばにいる従者を呼びました。そして金子を包んであの親子に渡すように命じました。


そして偉い兵隊さんは次の歌を詠みました。



国思ふ 道に二つは なかりけり 軍(いくさ)の庭に 立つも立たぬも



その偉い兵隊さんは実は明治天皇でありました。



日露戦争は国民が一致団結して国難に立ち向かった戦争でした。日本が存続するかしないかの国難でした。


この物語は、農民は農民の道義がありたとえ高等な教育を受けていなくても、大切なことを教えていたという事実です。このときはまだ武士道がまだ生きておりました。


意外と知られていない言葉があります。


 


「井の中の蛙(いのなかのかわず) 大海(たいかい)を知らず」


 


特に都会を知らない田舎の人を表す言葉で使われますが、次に続く言葉があります。


 


井の中の蛙 大海を知らず されど天の高さを知る



今の私達は「ふるさと」を忘れてしまっているのではないでしょうか。


 

今の日本(中国人に水源の土地を売るバカ)

最近、山など水源としての土地を中国人に売却する馬鹿な日本人が多くおります。


儲かれば何をしてもいい!


このように考えている年配者の方も残念ながら多くおられます。


長年引き継いできた先祖伝来の土地をこのように手放すのは…



日本は風光明媚で水が豊富な国です。


水は、天然自然の山に蓄えられ私達に多くの恵みを与えてくれます。



それを目先の利益で売ってしまうとは…


 


一昔前はこのような人は次のように言われました。


 


売国奴(ばいこくど)

驚愕する政府・東電のお粗末な放射能汚染対策


2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)の説明


2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo


詳細はyou tubeの上記リンクを見て下さい。

政府や東京電力の対策について、強く警鐘を鳴らしております。
本来はこのような先生が、今回のような大事故の方向性をアドバイスしてくれれば、多くの人が助かるのではないかと思います。

利権や責任回避の為に、誠実でない政府や東電の対応が如何に罪深いのか、それを教えてくれる説明です。

政府・東電だけでなく、マスコミも同じ

政治家の先生、東電、また利権に絡んでいる人達、東電のスポンサー収入と言う目先に負けているマスコミの方々、いい加減してほしい。

日の丸を学校で揚げない摩訶不思議? なでしこジャパンは揚げてます。

なでしこジャパンがオリンピックアジア予選を通過しました。


おめでとうございます(@^^)/~~~


表彰台で、日の丸が揚がりながら君が代が流れるときの感動は多くの方々が経験されていると思います。


また、日本代表の胸には必ず日の丸が…


そんな日本の象徴に対して、反対している方々がおられます。それも日本人でありながら…


一部の日教組(学校の先生)の方々が反対しています。


あなた方は何人ですか? アメリカ人ですか?中国人ですか?それとも韓国人ですか?


子供たちに教育をする人たちが、自分が反対しているだけならまだしも、それを子供たちに植え付けるとは大きな罪を犯していることに気づきませんか?


大東亜戦争の悲惨さをうったえることは大切だと思いますが、そのような仕方で行うことは、自分で自分を否定することにつながりませんか?


櫻井よし子さんが、著書の中で言っておりましたが、
「今の日本人が道徳を軽視している状況に嘆かれる先生方がおりますが、そのように親を教育したのは日教組ではないかと言うと相手の先生は黙って仕舞って何も言えなかったとか…」

馬鹿なマスコミ! 尖閣諸島問題

マスコミは、なぜ国民に真実を伝えてくれないの?


尖閣諸島について、外務省が公式に政府の見解を公表しています。



尖閣諸島の領有権についての基本見解


外務省ホームページより
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/index.html


 尖閣諸島は、1885年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって正式にわが国の領土に編入することとしたものです。


 同諸島は爾来歴史的に一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部を構成しており、1895年5月発効の下関条約第2条に基づきわが国が清国より割譲を受けた台湾及び澎湖諸島には含まれていません。


 従って、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は、同条約第2条に基づきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第3条に基づき南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ、1971年6月17日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域の中に含まれています。以上の事実は、わが国の領土としての尖閣諸島の地位を何よりも明瞭に示すものです。


 なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サン・フランシスコ平和条約第3条に基づき米国の施政下に置かれた地域に同諸島が含まれている事実に対し従来何等異議を唱えなかったことからも明らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局の場合も1970年後半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化するに及びはじめて尖閣諸島の領有権を問題とするに至ったものです。


 また、従来中華人民共和国政府及び台湾当局がいわゆる歴史的、地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点はいずれも尖閣諸島に対する中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえません。(以上)


この内容をなぜ定期的にマスコミで取り上げないの


マスコミは日本の為の報道機関なの?

それとも金のための報道機関なの?

それとも中国・韓国・北朝鮮のため?


???しか思いつきません。


 

被曝しても安全と言っている馬鹿な学校の先生 専門家が認めましたよ。

朝日新聞の記事です。

甲状腺被曝の子「健康リスク評価できぬ」 原子力安全委員
asahi.com2011/09/06

  東京電力福島第一原発事故で周辺の子どもが甲状腺にどれぐらい被曝(ひばく)したのかを調べた政府の現地対策本部による検査結果について、原子力安全委員会は5日、個々の健康リスクは評価できないとした。それを補う上でも長期的に子どもを追跡する福島県の健康調査の充実が重要だとした。


 検査は安全委の指示で3月下旬、飯舘村と川俣町、いわき市の15歳以下の約1150人に実施された。住民の要望に応じて8月中旬以降、個別に検査結果が通知された。検出限界以下の子が過半数で、それ以外で内部被曝の存在が確認されたが、医療措置は必要ないと判断されている。


 通知されたのは1時間当たりに甲状腺から体外に出ている放射線量の計測値で、将来にわたる内部被曝線量の推計は出されなかった。同じ計測値でも1歳と15歳では甲状腺の放射線への感受性は5倍ほど違うため、一律に計測値だけでは判断できない。


 安全委は、3月の検査は「全体状況を把握するのが目的で誤差が大きい」(班目〈まだらめ〉春樹委員長)と判断。計測値から個別の内部被曝線量を推計し健康リスクを評価するのは「乱暴すぎる」(久住静代委員)とした。


 甲状腺がんが万一、発症しても進行が比較的遅い。対策本部の原子力被災者生活支援チームは個人のリスクが評価できなくても、定期的な検査で、早期発見できるとしている。


 甲状腺検査の結果が知りたいという福島県民の要望は、ひとえに「我が子の健康リスクが知りたい」という願いからだった。しかし、政府と安全委は計測値を通知しておきながら、内部被曝線量や健康リスクは評価できないとした。後は「生涯、甲状腺の検査を受けて欲しい」という不親切な対応を今回示した。


 評価の難しさを理由に、内部被曝の実態をあいまいにしたという批判を招き、不信感が強まる可能性がある。個別は無理にせよリスクの大まかな傾向を示し、親の要望に応える対応が求められる。


■福島県民の要望に、もっと寄り添った対応を


 《解説》甲状腺検査の結果が知りたいという福島県民の要望は、ひとえに「我が子の健康リスクが知りたい」という願いからだ。計測値を通知しておきながら、内部被曝線量や健康リスクは評価できないとし、後は「生涯、甲状腺の検査を受けて欲しい」という政府の対策本部や安全委の対応は極めて不親切だ。


 評価が難しいということを理由に、専門家集団が内部被曝の実態をあいまいにしたとみえなくもない。これでは県民の不信感が強まっても仕方がない。小さな子を持つ親一人ひとりの気持ちにもっと寄り添った対応をして欲しい。(記事終わり)


福島県やその近隣の県の学校の先生は、何ら根拠もなく安全だ!と言っている先生が多かった。これは教育委員会の方針でもあったのかわかりませんが、安全だと言った先生方は、子供たちに対してどのように責任を取るのでしょうか?

国の公的機関である原子力安全委員会が、評価できないことを認めましたよ。

子供のことを真剣に考えられないのだから、先生なんて辞めたらどうですか。

北朝鮮と密接の「市民の党」に民主党1億5000万超を献金

ちょっと前の記事ですが…


【北と密接関係の市民の党 説明拒む首相、消えぬ謎 民主側1億5000万円超献金】
(産経ニュース2011.8.20)

菅直人首相の資金管理団体が、東京都三鷹市議選に立候補した日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)から派生した政治団体に巨額の政治献金をしていた問題をめぐっては、市民の党が北朝鮮側と密接な関係を持つことが次々と明らかになった。入居するビルが北朝鮮に近い関係者が権利の一部を所有していることも新たに判明。そうした市民の党周辺に、なぜ民主党側は1億5000万円を超える大金を注ぎ込んだのか。深い“闇”は残ったままだ。

 三鷹市議選に出馬した長男の父親は、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーで、母親は昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)。市民の党は事実上の機関紙に田宮元リーダーの寄稿を掲載するなど、長年にわたり北朝鮮やよど号犯に近い姿勢を保っていた。

 酒井代表は産経新聞の取材に「10年ほど前に北朝鮮に行き、よど号の人間たちと会った」と発言。「その中には(市議選に出馬した)長男の姉もいた。そうした縁もあり、長男が(日本に)帰国してからつながりがあった」と市議選擁立の背景を明らかにしている。

 北朝鮮とのつながりは、これにとどまらない。不動産登記によると、市民の党が入居する東京都千代田区平河町の「龍伸ビル」の建物の一部の権利は、朝鮮総連系商工会元会長の男性(48)が経営する不動産会社が所有する。男性は朝鮮総連傘下の「在日本朝鮮青年商工会」中央会長を務めていた。

一方、民主党側は資金面で、市民の党や派生団体である「政権交代をめざす市民の会」を支援した。産経新聞の調べによると、菅首相や鳩山由紀夫前首相の資金管理団体のほか、「民主党東京都総支部連合会」(東京都連)も献金。さらに城島光力政調会長代理も個人献金するなど、民主党側からの資金提供総額は判明分だけで計1億5533万円に上っている。

 献金について菅首相は、参院予算委員会の答弁で「もしそういうこと(拉致実行犯と近い関係)があったとすれば申し訳ない」と拉致被害者家族に謝罪したが、献金の目的については「ローカルパーティー(地域政党)との連携・支援のため」と明確な説明を拒んだ。

 自民党は真相究明のため酒井代表の証人喚問を求めたが、会期末を31日に控え、実現は微妙な情勢だ。一連の問題を追及している同党の古屋圭司衆院議員は、「首相は辞める前に国の指導者として説明責任を果たすべきだ」と訴えている。(記事終わり)



票だけ欲しくて献金しているようには思えません。

その1億5000万円も献金ができるのだったら、東日本大震災に義援金や支援金まわせたのに…

民主党もやりたい放題です。<(`^´)>

いいくに作ろう 何度でも(宝島社)

「いいくに作ろう 何度でも」


という題目で、マッカーサー元帥が厚木基地に降り立った時の写真が公開されております。

記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110902-00000001-jct-soci



賛否両論あると思いますが、先の戦争で日本の為に亡くなった方々を思うと、このポスターを日本の会社が作ったことに、非常に嘆かわしく思います。


 


ブラックジョークとはとても言えません。


今の日本国憲法が進駐軍によって作られた憲法であり、時には「侵略憲法」ともいう人がおります。


そんな事実を知らない日本人が多くいる中で、この広告は悲しくなります。


日本人がみずから日本の国のことをバカにするのは、もう終わりにしませんか?

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。