FC2ブログ

新米も放射能汚染(@_@;)


二本松産米:市長「東電に怒り」 緊急会議で迅速公開表明
 
 福島県二本松市の新米予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、検査をした県は公表前、予想外の数値に検査方法の誤りを疑い、検査をやり直す異例の対応を取っていた。それでも数値はほぼ変わらず、「なぜこんなに高いのか」と衝撃を受けている。地元では24日午前の緊急対策会議で、三保恵一市長が「(東京電力福島第1原発の)事故が原因で憤りを感じる」と怒りをあらわにした。
 
 二本松市小浜地区の「ひとめぼれ」から500ベクレルという結果が出たのは15日のことだった。「検査方法がおかしくはないか」。県農林水産部の幹部は担当者に疑問をぶつけ、再検査を指示した。だが、19日に出た再検査の結果は490ベクレル。県は23日夜になって、最初に出た500ベクレルを検査結果として公表した。
 
 県は、土壌からコメに吸収されるセシウムの移行係数を0.1(10%)とする農林水産省の指標に基づき、3月から土壌調査を先行して実施。1000ベクレルを超える地点も多数あり、当初は高い値が各地で出るのではと強く懸念していた。
 
 だが、8月以降の早場米と一般米の検査では、測定器の検出下限を下回る「不検出」が大半を占め、最高でも136ベクレル(福島市大波地区)で、県農林水産部は「福島の土は粘土質で、植物がセシウムを吸い上げにくいのでは」などと楽観ムードが漂っていた。
 
 それだけに、今回の結果の衝撃は大きい。問題の検体が植えられている水田の土壌の汚染濃度は3000ベクレル程度とされ、同部の幹部たちは「移行係数から考えると高くても300ベクレル前後のはずだが」と途方に暮れている。
 
 一方、二本松市で開かれた緊急対策会議には、県、同市と地元JAの関係者、集荷業者など約30人が出席。三保市長は東電に怒りをぶつけ、「食の安全を確保し、生産者を守る対策を取る。本検査を徹底して実施し、結果は迅速、正確に消費者に公開していく」と述べた。

毎日新聞 2011年9月24日 11時44分(最終更新 9月24日 12時40分)

記事リンク
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110924k0000e040031000c.html?toprank=onehour


今回の基準値を超えた新米は、3000bq/kgの田んぼから採取されたそうです。

ちなみに今年の5月ごろの東京都町田市にある、とある家の庭の数値は同じ3000bq/kgでした。

福島も町田も変わりません。

スポンサーサイト



心の戦争(此の敗戦、必ずしも悪しからず)


戦後の総理大臣・吉田茂は1945年9月2日の書簡に於いて次のように述べております。



「此敗戦必ずも悪しからず」



「明治維新の昔に返りて更に開国進取広く知識を世界に求め道義の昂揚に思を致し外資技術を大々的に招致し新たに富強の策を立つべきに之有(これあり)、然るに今尚食糧増産とか国民皆農などと囃立(はやしたて)居るなど迷惑未醒沙汰の限に候」



吉田にとって敗戦は危機ではなく好機だった。…
「文芸春秋2010年8月号より抜粋」



戦後、日本は広く知識を世界に求め、世界第2位となる経済大国にまでなりました。
戦後の焼け野原から、現在の経済復興をなした諸先輩の並々ならぬ苦労は、私達には想像がつきません。
「衣食足りて礼節を知る」と昔からいわれますが、衣食が足りてきてから日本は礼節を失いつつあるのではないでしょうか。


そして、道義をますます失いつつあるのではないでしょうか。


吉田茂の言葉からすれば、まだ、大東亜戦争は終わっておりません。



日本人が日本人の心を取り戻すまで…


 

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR