FC2ブログ

汚染マップ(関東圏)


あちこちで、セシウム137と134が確認されております。


東京・神奈川含む汚染マップ公表 一部で1万ベクレル超
【asahi.com 2011年10月6日22時34分】


 東京電力福島第一原発の事故による放射能汚染について、文部科学省は6日、航空機から測定した放射性セシウム134と同137の土壌の蓄積量について、東京都と神奈川県を加えた汚染マップを発表した。東京は葛飾区や奥多摩町、神奈川では山北町など一部で比較的高い汚染が確認されたが、首都圏での広がりは見られなかった。

 調査は9月14〜18日、上空から放射線量を測定。地上の数地点で実際の土壌の濃度も調べ、両者の値から積算量を算出した。

 放射性物質の量が半分になる半減期はセシウム134が2年で、137は30年。長期に影響がある137だけの土壌の蓄積量でみると、1平方メートルあたり3万〜6万ベクレルだったのは、東京都は葛飾区と奥多摩町の一部で、神奈川県ではなかった。東京では葛飾区や奥多摩町に隣接する江戸川区、足立区、檜原村などの一部で1万ベクレルを超えたが、それ以外はほとんどが1万ベクレル未満だった。神奈川では山北町、相模原市緑区、清川村の一部は1万ベクレルを超えたが、それ以外の地域は1万ベクレル未満だった。チェルノブイリ原発事故ではセシウム137が3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。ただし強制避難の基準は55万ベクレル以上。
(記事終わり)


引用記事
http://www.asahi.com/national/update/1006/TKY201110060625.html



福島原発に近い栃木県よりも群馬県で放射能汚染が広く広がっています。



その多くの地域がチェルノブイリでい言う強制避難地域に入るかもしれません。



ちなみに、表土3000bq/kgでそこそこの体外被曝をうけます。特に子供達は…


NHKスペシャルで政府、原子力安全・保安院、東京電力の福島原発事故初動体制の不手際を特集しておりました。

リンク
http://www.dailymotion.com/video/xjbjmm_yyyyyyyy-yyyyyyyy-1-2_shortfilms

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR