FC2ブログ

シリーズ「告日本國」7 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

『告日本國』の原文の続きです。


現代文に訳してみましたが、専門家が行ったのではないのでその訳が不適切であるかも知れませんので、ご了承下さい。




【原文】
諸々の神に愛護せられたる国よ、諸々の神もまた汝に於て互に相和せり。異なれる神の宗教は、到処互に相呪ふを常とするに、独り汝の宏量なる奉仕のみは、互に他を排することを為さずして、却って相補全せしめたり。異なれる神の宗教とは何ぞ、一は神の内在を教へ、自然の諸々の生命が躍動する空間に於て、祖先が生動する時間に於て、萬殊に通ずる一如を教ふるもの、他は即ち神の超在を教へ、時空を超越し、永遠の寂静裡に至上の祝福を司り、独一の中に萬殊を藏するを説くもの是れなり。而して世界に於て流血の汚れに染まず、『地に平和あれ』と宣伝するの権利を保有するものは、唯だ此等両個の宗教のみに非ずや。




【現代訳】
もろもろの神様(八百万の神様・ここでいうと日本の神様)に庇護されている国よ、もろもろの神様(世界におられる神様)もまたあなたの国に於いて互いに和を持っているのです。異なる神様の宗教は、いたるところでお互いに呪うことを常とするのに(宗教の違いによって互いに呪いあっている)、世界でただ独りあなたの国の心広く奉仕する姿勢は、お互いに相手をしりぞけることをせず、むしろ互いに補うことを全うするのです。異なる神様の宗教とは何でしょうか。一つは神様が存在することを教え、自然のもろもろの生命が生き生きと活動する場に於いて、また先祖が生き生きと動く時間に於いて、様々に異なっていることが一つのものであることを教えるものであり、その他はすなわち私達が知らない神様の世界が存在することを教え、時間と空間を超越し、永遠のひっそりとして静かな中にこの上ない祝福をつかさどり、ただひとつあるものの中に様々に異っているものを含んでいることを説いているのが神様というものなのです。そして世界に於いて流血の汚れに染まらず、『地に平和あれ』と宣言することの権利を保有するものは、ただこれらの宗教(日本以外の宗教)のみではないのです。



【解説】
日本は昔から八百万(やおよろず)の神様が鎮まれる国と言われております。八百万とは、「とても多くの」という意味です。しかし、日本以外の多くの国は俗に言う一神教といわれる宗教で、自分民族の神様が一番で他の民族の神様は劣っているという教えを強調している宗教が多くあります。

世界の戦争の歴史は、宗教戦争の歴史と言っても過言ではありません。歴史の授業で習った遠い昔の「十字軍の遠征」などはその最も象徴的なものです。最近では、イスラエルとパレスチナの紛争などがあります。

また、宗教は政治の道具として使われてきました。キリスト教は多くの派閥を作っておりますが、派閥の争いであったりまた国の争いであったりもします。
アメリカでは大統領が就任するときに聖書に手を乗せて誓いますが、その聖書には「汝、殺すなかれ」と記載してある聖書に誓っているにも関わらず、アメリカが多くの人々を殺している矛盾があります。
イスラム教では「聖戦」と称して、過激なグループがテロを行っており、現代でも宗教戦争は続いているのです。

一方日本は多神教と言われ、どこの神様も多くの神様の一つであるという習慣があります。だから、日本の歴史に於いてこれだけ多くの外国の宗教を受け入れることができました。

ポールリシャールは、世界各国それぞれの神様と言われる宗教が何を教えているのかリシャールなりの解釈で示し、決して互いが争いをするもではないことを言っております。

スポンサーサイト



危険!米のブレンドをしている業者がいる。

コメのブレンド隠しで指導
【11月26日 11時48分 NHK栃木県のニュース】


宇都宮市のコメの販売業者がコシヒカリとササニシキを混ぜたものを、コシヒカリとして販売していたことがわかり県は不適切だとして、この業者に表示の是正と再発防止を指示しました。


JAS法に基づく指示を受けたのは、宇都宮市のコメの販売業者、「今源商店」です。
県によりますと、今源商店はことし7月から8月にかけて、栃木県産のコシヒカリと宮城県産のササニシキを混ぜたものを栃木県産のコシヒカリと偽って販売していたということです。


ことし8月に農林水産省の担当者が抜き打ち検査でDNAを調べたところ2種類のコメが混ざっているとわかったと言うことで、不適切な表示のまま販売されたコメは少なくとも600キロに上るということです。
このため県ではJAS法に基づいてきょう、今源商店に対し不適切な表示をやめ再発防止につとめるよう文書で指示しました。


今源商店の今井源一代表は、「原発事故の影響で去年の栃木県産コシヒカリが品薄になったため、同じ等級のササニシキを混ぜてしまった。消費者を欺いたのは事実で、申し訳なく思っている」と話しています。


記事リンク
http://savechild.net/archives/12857.html



今回はコシヒカリとササニシキのブレンドしたものをコシヒカリとして販売しておりました。


もし、仮に放射能で汚染された米が、他の産地のコメとブレンドされ、偽って表示して販売されていたらどうするのでしょうか?


ただでさえ、ここ数年産地偽装が大きな問題になっているのに。


この時期に、この偽装。


「申し訳ない」では済まされない。米流通に対する信用失墜につながりかねません。


このような時期だからこそ、せめて民間業者は目先に行かないで欲しい。


残念ながら、政府・官僚・行政・東電・教育委員会等は目先ですが

危険な数値は柏市だけでしょうか?【千葉・柏の市有地、地層で45万ベクレル検出】

千葉・柏の市有地、地層で45万ベクレル検出
【読売新聞 2011年11月28日】


 千葉県柏市の市有地で局所的に高い放射線量が検出された問題で、環境省は28日、地表から深さ5〜10センチの地層で1キロ・グラムあたり最高約45万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。


 調査は今月1、2日に実施された。同省は「東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質が蓄積している可能性が高い」と指摘。セシウムを含む雨水が側溝側面の破損した部分から浸透し、放射性物質の濃度が増したとみている。同省は追加調査を行い、汚染範囲などを推定する。


 柏市が10月に発表したこの地層近くの調査結果では、最高で同約27万ベクレルの放射性セシウムが検出されている。(記事終わり)



450000bq/kgという数値はかなり高い数値です。


体に影響を及ぼすμシーベルト換算をしているホームページなどを見ると、浴びていると人体に影響を及ぼすような数値です。


放射線を出す物質は、雨が降っても流れるだけで場所によっては堆積して危険な数値になります。


普段の感覚だと水で薄めれば〜なんて思うのですが、そうは問屋がおろさない放射性物質


パニックを起こすような危機感は問題ですが、対応策を個人レベルで取らないと対処できないように思います。


国も地方行政も、また専門家でもない教育委員会が馬鹿な判断をして、「大丈夫だ」なんて言っておりますが、後手を踏んでいるのは事実です。


自分で自分の身を守るしかないと思います。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR