FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賠償の在り方(50キロ圏全住民に賠償案)

50キロ圏全住民に賠償案 原賠紛争審 市町村ごと指定


【朝日新聞 2011年12月6日一面】


政府の原子力損害賠償紛争審査会(会長=能見善久学習院大教授)は5日、東京電力の福島第一原発から半径50キロ圏にある自治体の住民まで、損害賠償の対象を広げる方針を固めた。検討していた自主避難者への賠償に加え、とどまった人もすべて対象とする。6日にも正式に決め、賠償の目安となる指針に盛り込む。


 対象地域は福島県内の市町村ごとに指定する。原発から半径20キロ圏内の警戒区域や、計画的避難区域、緊急時避難準備区域(9月末で解除)の周辺にあり、半径50キロの円が一部でもかかる市町村は、原則として自治体の全域が対象となる。


 具体的には、相馬市、福島市、伊達市、二本松市、本宮市、郡山市、いわき市、三春町、小野町などが対象となる見通し。対象者は最大で100万人規模になるとみられている。また、50キロ圏外でも局地的に放射線量が高い自治体があるため、賠償範囲はさらに広がる可能性がある。



中略


賠償は、自主避難に伴う生活費の増加分では区分せず、慰謝料のような形で一括して支払う方向で固まった。金額については会合で議論する。


中略


政府指示による避難者への賠償額とバランスなどを考慮し、50キロ圏の住民に対する賠償額の上限は、子供や妊婦で50万円程度、その他の人で10万円程度との見方が強まっている。(記事終わり)


記事リンク
http://www.asahi.com/politics/update/1205/TKY201112050619.html


 


要は、お金を払うから今後もし子供たちが甲状腺被曝など放射性物質による病気が発生しても、原発を推進してきた政府・東電や関係団体は責任をとりませんという名目なのでしょうか?


生活の保障と疾病の賠償は全くべつのもので、一括に考え補償の形に持っていくには無理があると思います。


予算や賠償額の総額を抑えることを考えるのであえれば…


自民党時代から築き上げた原子力発電所に関わる利権構造すべてをぶっ壊して、そこに流れている税金や電気料金を原発で苦しんでいる人達にまわしてください。

スポンサーサイト

明治の粉ミルクからセシウム 最大30ベクレル

明治の粉ミルクからセシウム 最大30ベクレル


2011/12/06 14:44 【共同通信】





 放射性セシウムが検出された粉ミルク「明治ステップ」








 食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。


 厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。


 国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。厚労省は近く新たに「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。(記事終わり)



記事リンク
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120601001595.html



あれだけチェルノブイリ事故後の子供の影響について、マスコミでも取り上げているのに、まだ基準値も設定されていない?


あいかわらず、後手を踏んでいる行政です。


子供の検診がいらないと言い張っているどこかの県知事さんもおられます。

何も知らない人が行政や心ない人に騙されてしまう世の中では、いくら子供手当があっても安心して暮らせる世の中にはなりませんね。

しかし、既に出回っているセシウム入り粉ミルク、数値はともかく多くの子供の身体に悪い影響を与えなければよいのですが…


最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。