FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ「告日本國」13 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

『告日本國』この書籍は世界の状況と日本の伝統・文化を冷静に分析し、日本が取るべき方向性を示していると言っても過言ではありません。


その原文が入手できましたのでシリーズでアップしております。


現代文に訳してみましたが、専門家が行ったのではないのでその訳が不適切であるかも知れませんので、ご了承下さい。


【原文】
 戦争が眩惑を有するが如く、平和も亦然り。而も平和の眩惑は更に低処よりす。強国日本よ、汝は更に強大ならんがために今や強兵に次ぐに富国を以てす。是れ止むことを得ざるなり。蓋し力の一半は武力より來り、他の一半は富力よりす。汝は劒戟の光と力とに加ふるに、黄金の力と光を以てす。汝は其の劒戟を護るに黄金を以てするものなり。此の黄金も亦無垢なるを要す。汝は黄金を得んが為に、身を卑賎なるものに屈せざる可かず。されど汝の魂をして這裡に停滞せしむる勿れ。富の主人公となりて其の奴隷となること勿れ。富の裡にも亦最も醜悪なる他の悪魔あり。力の悪魔は往々にして国民の魂を盲目ならしめ、黄金の悪魔は常に国民の魂を萎靡せしむ。されば偽善なる清教主義の声に聴くこと勿れ。そは日本に望むに、黄金以外のものを求むべきことを以てして、実は自ら此の悪魔に奉仕するものなり。祖宗の精神を喚起せよ.
 唯だ之のみ能く物質的所有に本来の意義を賦与し、之を創造する労仇の威厳、之を利用する事業の威厳を恢復す。蓋し黄金は或は一切の不浄を伴ふべく、或は一切の美を反映せしめ得べし。一切の醜悪は唯だ心情よりす。陋劣なる心情には萬物悉く陋劣なり。而も宇宙の一物として、光明に依りて光被せられざるはなし。



【現代訳】
 戦争が目をくらまして正しい判断ができなくなることのように、平和もまた同じであります。しかも平和の時は更にひどいものです。強国な日本よ、あなたの国は更に強大になる為に、今や強兵に続き経済力にも力を入れています。これを止めることは出来ません。確かに力の半分は武力によるもので、他の半分は経済力からきます。あなたの国は剣と矛の光と力に加えて、黄金の力と光を持ち合わせています。あなたの国はその剣と矛を守るのに黄金を以て守るのです。この黄金もまた汚れなく純真でなければなりません。あなた方は黄金を得るために、身を地位や身分が低いものに屈してはなりません。しかしあなた方の魂をこのうちに停滞させることはしないで下さい。富の主人公となりその富の奴隷とならないで下さい。富の内にもまた最も醜悪な他の悪魔がいます。力の悪魔は往々にして国民の魂を盲目にさせ、黄金の悪魔は常に国民の魂を衰えさせます。だからうわべをうまく善人らしく見せかける清教主義の声を聴いてはなりません。それ(清教主義)は日本に、黄金以外のものを求めることを望み、実は自らこの悪魔(黄金の悪魔)に奉仕するものです。

 歴代の君主の精神を呼び覚ませ、ただこれのみが十分に物質的なものを所有することの本来の価値を分け与え、これを創造する労働の威厳、これを使用する事業の威厳をもとの状態にもとの状態に戻してくれます。まさしく黄金はあわよくば全ての不浄を伴い、あわよくば全ての美を反映しようとします。全ての醜悪はただ心の中にある思いや感情から出るのです。いやしく軽蔑すべき思いや感情には、万物が悉く卑劣になります。しかしも宇宙の一つのものとして、明るい光によって、光に覆われることはありません。



【解説】
 当時は日露戦争が終わり戦争には勝ったものの各国からの戦争遂行のための借金をしており、日本は経済的に不安定でした。経済力の強化を図る上で黄金を保持するようリシャールは促しております。リシャールが示している日本の大業にとって黄金は必要なものでありますが、黄金(金)は物の価値として充分なものですが心を奪われやすく、場合によっては黄金を得るために戦争をしたり弱者をいじめたり、人の道を外したり、私利私欲に走ったりなどその危険性をうったえております。

日本は戦後約70年近く経ちましたが、「平和ボケ」していると言われてから長い期間が経過しております。政治家・官僚・企業などは国益よりも党の利益・政治家の利益・官僚の利益・企業の利益を優先し、国民から集めた税金を正直私利私欲で使っているのではないでしょうか?

あの焼け野原から復興した日本人が、今は日本人の心を忘れ、目先の利益に走り、国の行く末が悲惨な状況を迎えつつあることにも気付いておりません。

リシャールが危惧したものが現実となって現れている今の日本をリシャールはどのように見るでしょうか?

スポンサーサイト

また天下り先に税金です(なんと復興予算を…)

調査捕鯨、復興予算で増額 23億円、環境団体から疑問の声
【中国新聞:2011/12/14】


 東日本大震災からの復興に向け11月に成立した第3次補正予算に、南極海での調査捕鯨にかかる事業の経費約23億円が組み込まれていたことが14日、分かった。調査捕鯨の予算はこれまで、年間約5億〜9億円。2011年度は当初の約7億円に今回の約23億円を加えて約30億円と従来の最大6倍になっている。


 予算要求した水産庁は、全国有数の捕鯨基地の宮城県石巻市が大きな被害を受けたことを理由に「調査を安定的に実施し、石巻周辺の復旧・復興につなげる」とするが、被災地への支援といえるのか疑問視する声が出ている。


 予算の投入先は、水産庁から補助金を受けて調査捕鯨を実施している財団法人「日本鯨類研究所」など。


 水産庁によると、予算の主な使途は、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害活動で今年2月、調査捕鯨が中止に追い込まれて大きく落ち込んだ、日本鯨類研究所の鯨肉販売収入の補填ほてん分、それと妨害活動への対策強化費用だ。


 今回初めて南極海に派遣する監視船や乗り組む海上保安官の装備の費用などは含まれるが、被災地のインフラ整備などは対象外という。同庁国際課は「インフラが整備されても鯨肉がなければ加工食品などは作れない。地元の加工工場や飲食店に鯨肉を使ってもらい、長期的には商業捕鯨を復活させることが復興になる」と説明する。


 ただ、石巻市によると、市内に加工会社は数社あるもののいずれも工場が被災し操業を停止したまま。捕鯨会社1社も船や解体所を津波で流され、一部施設を改修して沿岸付近での捕鯨を継続している状態という。


 環境保護団体「イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク」の倉沢七生(くらさわ・ななみ)事務局長は「鯨肉の在庫がだぶついているのは周知の事実で、今新たに補給が必要とは考えられない」と指摘。「中止すれば妨害活動に負けたことになるというメンツの側面が強いと思う。赤字を丸抱えし、微々たる鯨肉を得ることが復興につながるのか、かなり疑問だ」と話している。


 日本鯨類研究所などは今月6日、調査捕鯨のため船団を山口県の下関漁港から出港。9日には、シー・シェパードなどによる妨害差し止めと調査船への接近禁止を求め、米ワシントン州の連邦地裁に提訴したことを明らかにした。(記事終わり)



これぞ本末転倒


こんな道理が通るならば、はやぶさ2の支援予算も開発研究結果は原子力災害の対策に使用されるとか何とか言って予算取りできるようなもの。


今回は水産庁ですが、省庁で一番権益を持っているの国土交通省でしょうか?腐った仕組みをぶっ壊さないと


 


やっぱり王政復古しかない

東京裁判の過ちを韓国が立証しました。


韓国:元慰安婦のブロンズ像設置 ソウルの日本大使館前


【毎日新聞:2011年12月14日】


【ソウル西脇真一】旧日本軍のいわゆる元従軍慰安婦を支援する韓国の市民団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」が14日、ソウルの日本大使館前に、元慰安婦の少女時代を示すブロンズ像「平和の碑」を設置し、除幕式を行った。日本政府は公館の尊厳を傷つけ、日韓関係に悪影響を及ぼしかねないとして韓国政府に中止を求めたが、韓国政府は関与できる問題ではないとして黙認した。

 支援団体がソウルの日本大使館前で毎週水曜日に開いてきた「水曜デモ」の集会が14日、通算1000回目を迎えるのを記念して設置。水曜デモは92年1月から始まり、日本政府に公式謝罪や法的賠償などを求めている。

 「平和の碑」はブロンズ製で高さ約120センチ。支援団体は慰安婦問題の象徴と説明している。大使館と道路を挟んだ歩道に設置され、少女像は大使館を見つめる姿勢を取っている。隣に設置されたいすに座って記念撮影できるようになっている。

 除幕式には支援団体関係者や元慰安婦らが参加し、日本政府の謝罪を求めた。近く訪日が予定される李明博(イ・ミョンバク)大統領にも首脳会談で慰安婦問題を取り上げるよう訴える予定。

 外交関係に関するウィーン条約は、加盟国が自国内にある外国公館の威厳侵害を防ぐ措置を取るよう定めている。しかし、韓国外交通商省報道官は13日、定例記者会見で「(韓国政府として)計画変更を求めることのできる問題ではない。碑が品位維持に反するものなのか疑問だ」と述べ、慰安婦問題は「日本政府が大局的な見地で解決しなければならない事柄だ」と語った。

 韓国憲法裁判所は今年8月、元慰安婦の賠償請求権について、韓国政府が解決に向けた具体的な努力をしないのは「違憲だ」と判断した。日本政府は1965年の日韓基本条約に伴う協定で請求権問題は解決済みとの立場だ。協定は両国間の紛争を解決できない場合は第三国の人物などを加えた仲裁委員会を設置することを規定しており、韓国政府は仲裁委への付託も検討している。(記事終わり)


記事リンク
http://mainichi.jp/select/today/news/20111214k0000e030152000c.html



ソウルの日本大使館前に慰安婦の像が建立されました。


大東亜戦争における「人道に於ける罪」は極東国際軍事裁判(東京裁判)で結審されていると聞いております。


その後日本政府の誠意により日韓基本条約に伴う協定で請求権問題は解決済みであり、政府も公式見解を行っております。


これまで日本は韓国に対して、韓国ほどの抗議を行っていないのが真実ではないでしょうか?


日本のこれまでの誠意に対して、何ら感謝の言葉すらなく、攻める一方の韓国!


そうであるならば法治国家でもある日本は、日本国憲法に基づき日本の生存の危機に直面することもあり、強い抗議とともに、これまでの外交の在り方や企業の方向性、国内での韓国人にあり方を再考しなければなりません。



『日本国憲法前文』


〜 前略 〜



日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。


日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。(前文終わり)



公正と信義に信頼できない状況になりつつある日韓関係。


日本はこれまでの世界各国との外交関係を見直し、決して軍事力・経済力がない国であってもブータンのような人の道が先行する国との関係を強くしていく必要があると思います。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。