FC2ブログ

シリーズ「告日本國」14 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

『告日本國』この書籍は世界の状況と日本の伝統・文化を冷静に分析し、日本が取るべき方向性を示していると言っても過言ではありません。


その原文が入手できましたのでシリーズでアップしております。


現代文に訳してみましたが、専門家が行ったのではないのでその訳が不適切であるかも知れませんので、ご了承下さい。





【原文】
 既に豊かに此の力と此の光明とあり、また属国の景仰する荘厳と、萬国の見ざるものとを賦与せられたり。さらば大地の兒よ、精神の兒よ。現在の世界に於て其の大業を成就するに、汝は他にまた何ものをか要せん。その大業は汝を待てり。そは汝の歴史の如く純一にして偉大に、汝の使命の如く絶倫なり。そは汝の使命を明らかにす。

 諸国汝を呼んで矜高となす。而も斯くの如く非難する彼等が、却て理由もなくして矜高なるは如何。更に矜高なれ。但しその矜高は彼等の如くなるべからず。萬国に勝りて栄譽ある国よ、其の栄譽を誇らずして、其の栄譽が汝に賦与せる使命を誇れ。若し夫れ汝の使命の偉大なるを告げんが為に非ざりせば、凡そ幾多の栄譽、無比の栄譽は何のためぞ。爾く夥しき福祉と恩恵と寵賜とは何のためぞ、将又一切の過去の祝福と、一切の現在の多望とは何のためぞ。唯だ汝の使命のみ、能く此等の一切を正当とす。





【現代訳】
 既に豊かにこの力と明るい光があり、また従属国より仰ぎ慕われるおごそかさと立派さと、あらゆる国が見たことも無いものを分け与えられているのです。それならば大地の児よ、精神の児よ。現在の世界に於いてその大業を成就する為に、あなた方は他にまた何ものを必要とするのか。その大業はあなた方を待っているのです。その大業はあなたの国の歴史のように混じりけがなく偉大で、あなたの国の使命のように人並み外れて優れているのです。その大業はあなたの国の使命を明らかにするのです。

 多くの国々があなた方を読んで誇り高ぶります。しかもこのように避難する彼らが、あべこべに理由もなく慢心するのはいかがなものか。更に誇り高ぶりなさい。但し、その誇り高ぶりは彼らのようになってはなりません。あらゆる国に優れて栄誉ある国よ、その栄誉を誇らずに、その栄誉があなた方に分け与えられた使命を誇って下さい。もし、あなた方がその使命の偉大さを告げる為でなければ、おおよそ数多くの栄誉、無二の栄誉は何のためにあるのでしょか。そのようにたくさんの安定した生活環境と恩恵と寵愛のたまものは何の為にあるのか、また全ての過去の祝福をたずさえ、全ての現在の望みは何のためにあるのか。ただあなた方の使命のみ、よくこれ等の全てを道理に適わせるのです。



【解説】
 日本はこれまで侵略されたことがなく、一系の天皇を仰ぎ国が存続してきました。その国の存在そのものがヨーロッパやアメリカの奴隷となって隷属されている国々には模範となる国であり、また日本はその模範を他国に示す必要があるとリシャールは言っております。しかし、極端な言い方をすれば白人は自分たちが優れた人種だと奢り、アジアに於ける隷属支配の国々を広げようとその支配争いをするのでした。

 お隣中国はイギリスによってアヘン戦争がおこりどれだけ多くの損害をこうむったのでしょうか。香港はつい最近までイギリスの支配下でした。また多くの小国がいまだに「○○領」という言葉がついて自立できないでおります。支援をするならば誠意を以て支援すればよいのも未だに領国であることを手放しません。

 どこの国も自国の利益しか考えていない時代に、日本は世界で初めて人種平等を国際機関である国際連盟にうったえ、それに真っ先に反対したのはアメリカ・イギリスでした。

 大東亜戦争は白人と黄色人種の争いっと言っても過言ではなく、日露戦争に勝った日本(黄色人種)に対して白人が日本を絞めつけた戦争でもあります。

 日本は他国と違い、明治維新前までは他国との大きな戦争は殆どありませんでした。しかし陸続きのアジア・ヨーロッパ・アメリアなどは戦争を繰り返し多くの殺戮と悲惨な状況が繰り返されております。

 戦争を好まない国だからこそ、他国を侵略することを好まない国だからこそ、自存自衛のための戦争であればそれは立たなければならないことを昔の人達は真剣に考えていたのです。

 連合国司令長官マッカーサーはその回顧録の中で、日本の戦争は防衛戦争だったと言っております。

また、インドのパール判事も東京裁判において日本と同じような状況に陥れば誰だって戦争を始めると日本の主張に理解を示しております。


そのことを、多くの日本人が知らなければなりません。

スポンサーサイト



事故後4カ月間で福島県に降った積算値は1平方メートルあたり683万ベクレル

福島への放射性セシウム降下、45都道府県合計の47倍
【朝日ドットコム:2011/12/14】


 東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性セシウムについて、文部科学省は14日、事故後4カ月間で福島県に降った積算値は1平方メートルあたり683万ベクレルだったと発表した。文科省は先月、宮城、福島を除く45都道府県の積算値を発表したが、最も多かった茨城県(4万801ベクレル)の168倍で、45都道府県の合計値(14万4446ベクレル)の47倍に相当する。


 各地の衛生研究所などで容器にたまったちりからセシウム134と137を測定した3〜6月の積算値。福島県は震災の影響で分析が遅れていた。測定地は第一原発のある大熊町。683万6050ベクレルのうち94%が3月に集中しており事故直後の深刻さがうかがえる。事故前にも大気圏内核実験による降下物などがあるが、福島県の09年度の積算値は0.044ベクレル。 (記事終わり)


記事リンク
http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY201112140641.html



東日本大震災において、津波や地震の被害は未曾有でしたが、原発事故の人災も悲惨な状況を迎えております。


除染作業は、大変な作業であり政府や行政の真摯な姿勢を望みたいですが、JOCのある茨城県東海村の村長は以前のJOCの事故による対応で不審を抱き、今回の原発事故の政府・行政・東電の対応は不信が絶対的なものになった、とても原子力発電を輸出できるような信頼性はないと訴えております。


しかし、東海村も原子力発電所誘致による交付金が税収の約6割を占める地方自治体で、住民の多くが原子力産業に就業しており、その原発を否定することは自らの生活を否定することと頭を悩ましております。



「目先の交付金による利益より今後の原発被害による損失の方がどれだけ多くのものを失うか測り知れない」と村長はテレビのインタビューでいっておりました。



原発のある全国の地方自治体は同じ境地に陥っていると思います。


しかし、何か忘れていませんか?


人間は少量の電気があれば生きていけますが、天然自然の恩恵無くして生きてはいけないということを?


東京都知事が言っておりました。


「この津波によって日本人の我欲を洗い流せ」と…



田中角栄による日本列島改造論によって日本は天然自然の恩恵を自ら破壊し、自ら首を絞めることを行ってきました。


お金も大切ですが、天然自然の恩恵は子孫へと引き継ぐ大切な宝物!


私たち日本人は、後世のために何を残さなければならないのか真剣に考えなければなりません。

東京の一般家庭複数から普通にセシウムが検出されました。

放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」】より記事を転載させて頂きました。


記事リンク
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/5d26b0752cce31836dd326d61721c8bf


2011-12-15


東京・世田谷区。一般家庭、木造住宅のほこりから、普通にセシウムが検出されました。


福島第一原発【土壌の汚染度合と住居空間のほこりの放射性物質】


 土壌汚染については、僕がこれまで述べている通り東北、関東ならびに甲信越中部の特定地域までは、今回の福島第一原発由来の放射性物質が一定程度以上、飛散しているのは周知のことです。しかし、一般の住居内の環境においての汚染度合については全く確認されておりません。住宅の環境の中に、いったいセシウムはどの程度、今、存在するのか、検査会社の協力に基づいて、実験をおこないました。


ここで以下に示す実験です。


 茨城県 千葉県 東京都 愛知県 においてある家庭の掃除機のごみパック内のごみについて汚染状況を確認しました、当然ごみパックのごみは非常に軽いため特定の下処理をした状態で計測をしたそうです。可能性としては処理の結果、放射性物質の数値は、実際よりも多少下がると考えられます。


結果は下記の通りになります。


土壌とほこりの放射性物質の存在状況



東京都 世田谷区南部
土壌      Cs-134 255.7Bq/kg     Cs-137 290.2Bq/kg 
家庭内ダスト Cs-134 36.83Bq/55.6g  Cs-137 42.90Bq/55.6g  
合算79.73Bq/55.6g
          Cs-134 662.57Bq/kg    Cs-137 771.81Bq/kg 



東京 多摩市 
土壌       Cs-134 88.1Bq/kg     Cs-137 122.3Bq/kg 
家庭内ダスト  Cs-134 19.7Bq/24.5g  Cs-137 22.6Bq/24.5g    
合算42.3Bq/24.5g
           Cs-134 808Bq/kg  Cs-137 922Bq/kg 



茨城県日立市        
土壌       Cs-134 348.98Bq/kg   Cs-137 401.37Bq/kg
家庭内ダスト  Cs-134 22.516Bq/7g   Cs-137 21.33Bq/7g     
合算43.846Bq/7g
          Cs-134 3216.58Bq/kg  Cs-137 3048.16Bq/kg



千葉県八千代市
土壌       Cs-134 674.99Bq/kg    Cs-137 912.73Bq/kg
家庭内ダスト  Cs-134 11.7Bq/13g   Cs-137 8.54Bq/13g      
合算20.24Bq/13g
           Cs-134 902.68Bq/kg  Cs-137 657.27Bq/kg



愛知県刈谷市 
土壌       Cs-134  不検出     Cs-137 不検出
家庭内ダスト  Cs-134  不検出     Cs-137 不検出


NAIシンチレーション検出器を使用しています。(転載終わり)



 数値は低いですが、セシウム134・137は普通に空気中に浮遊しているかどこかに付着していて、常に放射線のを放出しております。


木下氏は子供や妊婦が慢性的に放射線を浴びることに対して危険であり、回避するよう促しております。


政府は、20m㏜以下であれば居住可能という見解を出しました。


しかし、人によっては微量の放射線で人体に影響の出る方もおりまして、阪南中央病院副院長の村田三郎医師は低線量被曝による危険性を訴えております。


パニックを起こすことは避けなければなりませんが、真実を見つめることは子供や孫たちにとって大切なことではないでしょうか。


何故なら、子供や孫たちは何も知らないから。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR