FC2ブログ

シリーズ「告日本國」21 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

『告日本國』この書籍は世界の状況と日本の伝統・文化を冷静に分析し、日本が取るべき方向性を示していると言っても過言ではありません。


その原文が入手できましたのでシリーズでアップしております。


現代文に訳してみましたが、専門家が行ったのではないのでその訳が不適切であるかも知れませんので、ご了承下さい。




【原文】
 然れども精神の結合なくんば断じて真実にして恒久なる統一なし。単に利己主義を抑圧するに止まらば、尚ほ未だ足らざるなり。之を繋ぐは之を統一する所以に非ず。萬国を繋ぐの絆は更に強き愛着の其の間に存するなくんば直ちに断絶すべし。これ実に天意が諸々の帝国を建設し、更にまた之を破滅し去る所以なり。其の統一が協力に非ずして服従となる時、其の結合が覇絆となる時、隷属の民の発達に資せずして之を阻止するに至る時、天意即ち諸国統一の絆を寸断す。然る時に天意は自由を弘布せんが為に力の発展を犠牲にす。天意は現に見るが如く叛逆の独立、放恣なる自治を圧服し、同時にまた現に見るが如く多年圧迫せられたる民族を其の奴隷の境遇より解放せんとす。天意今や覊軛を断ち、諸国の間に横はれる墻壁を毀ち、一を抑へ他を放ち、而して一切を完成して至心より出でたる一致団結に向はしめんとす。此の一致団結のみ、能く四海一家の実を挙げ得べし。天意は一日も息むことなく、或は平和の間に或は剣戟の間に、自由にして唯一なる、生命あり且つ神聖なる、四海一體の大業に従ひつゝあり。

 如是至高観念の奉仕者たるを自覚せる日本よ。天来の国是を奉ぜよ、天為し給ふ如く、自由を与へ且つ統一せよ。自由を亜細亜に与へ且之を統一せよ。亜細亜は汝の天地なり、亜細亜は汝が活動の地なり、而して已むことを得ずんば戦闘の地なり。汝能く之を知れ。



【現代訳】
 されど精神の結合がなくては断固として真実としての永遠の統一はありません。単に利己主義を無理やり押さえつけることに止まれば、なおまだ足りません。これをつなぐのはこれを統一する理由ではありません。あらゆる国をつなぐ絆は更に強い愛着の間に存在するのでなければ直ちに断絶すべきです。これ実に天の意思がもろもろの帝国を建設し、更にまたこれを滅ぼし去る理由です。その統一が協力的でなく服従となる時、その結合がつなぎとめるだけのものとなる時、他の支配を受けて言いなりになる民の発達を助けないでこれを阻止してしまう時、天の意思すなわち諸国統一の絆をずたずたに切って仕舞います。そのような時に天の意思は自由を世間に広める為に力の発展を犠牲にします。天の意思は実際に見えるように権威・権力などにさからうことの独立、わがままでだらしのない自治を圧迫し、同時にまた実際に見えるように長い年月圧迫させられた民族をぞの奴隷の境遇から解放しようとします。天の意思は今や束縛を断ち、諸国の間に横たわる障壁を壊し、一つを抑え他へ放ち、そして全てを完成してまごころから出た一致団結に向かわせようとします。この一致団結のみ、よく世の中の人々を一つの家族のように見ることの現実を挙げ得ることができるのです。天の意思は一日も息をつめて腹に力を入れることなく、わるいは平和の間にあるいは刀剣による戦いの間に、自由でただ一つの、生命ありかつ神聖な、世の中一体の大業に従いつつあります。

 このように最高の考えにつかえることを自覚している日本よ。天から恵まれた国是を奉じなさい、天が為し与えるように、自由を与えかつ統一せよ。自由をアジアに与え統一せよ。アジアはあなた方の天地であり、アジアはあなた方の活動の地であり、そしてやもえなけえば戦闘の地となるのです。あなた方はよくこれを知って欲しい。



【解説】
 これまで多くのヨーロッパ諸国、アメリカ、ソ連などは他国を隷属させ、圧迫してきました。そこには異文化に違いによる差があるにもかかわらず、強制的に支配をしてきました。果たして日本がそれをしていないかというとそうでもないかもしれません。独立を助け、その国と国民を尊重し、人心の向上に努めることを目的としていれば、例え武力で負けたとしても、その心は引き継がれていくのではないでしょうか?

 明治に来日したトルコの施設が帰国途中に難破して大勢の方が亡くなり、その縁で日本とトルコが仲良くなり、それは今でも続いていることを時折テレビで放映しております。トルコでは日本の素晴らしさを教育で教えているそうです。

 お隣の半分狂っている言語を使っている「反日教育」をしている国とは大違いです。

 また、スウェーデン国王は時折来日されますが、遠い国のスウェーデンが独立できた事由に日本が大きく関わっていることは、あまり知られておりません。本来であれば「明石大佐」が成したことを日本の教育でも教えることが大切に思います。

 日本は確かに大東亜戦争で悲惨な状況になりました。しかし、その心まで失いかけている今の方が大東亜戦争で終戦を迎えたよりも悲惨な状況かもしれんせん。

 リシャールが言っている「日本が奉じている国是」とは一体なんでしょうか?

それを私たちが知る必要があると思います。

国是…国全体が是(ぜ)と認めた政治上の方針。一国の確定した施政方針。

スポンサーサイト



自衛隊 「先憂後楽」

昨日のTBSで報道の日という番組がありました。


そこで、東日本大震災で被災地支えた自衛隊の活動が紹介されておりました。


バカな人がその活動を否定しておりますが、人身救助や復興に尽力された事実は事実です。


今回の活動の指揮をとった陸上自衛隊幕僚長がその行動指針を示した


「先憂後楽」



報道されておりました。



先憂後楽…常に民に先立って国のことを心配し、民が楽しんだ後に自分が楽しむこと。北宋の忠臣范仲淹はんちゅうえんが為政者の心得を述べた言葉。転じて、先に苦労・苦難を体験した者は、後に安楽になれるということ。▽「憂」は心配すること。(Goo辞書より)



日本の自衛隊のトップが中国の政治家の故事を引用しております。どれだけ中国に敬意を払っているのでしょうか?


そんな中国は、自国の尊敬すべき歴史上の人物を棚に上げ、ことあると「反日・反日」と叫びます。


いい加減にしろ中国!


ケネディー大統領が「日本人で尊敬する人は」と問われ「上杉鷹山」と答えられ日本の経営者や人の上に立たれる方は「上杉鷹山」がどのような人物か学ぼうとしました。


これが日本人と中国人の大きな違いかもしれません。



またこのようなことを政治家も学ぶべきだと思います。外交でしてやられているのが現状。マスコミも同じ。


官僚も「先憂後楽」を!


官僚も同じ国家公務員。


まじめに仕事をされている方もおられますが、私利私欲で動いている官僚も多くいる。


先ほどの福井県の税金詐取も同じ。


大きな組織なので、自衛隊全員がすべてまっとうとは言いませんが汗水出して働かれた自衛隊員や消防・警察のみなさんのご尽力には頭が下がります。


トップの姿勢でその組織がどう動くのか。そんな当たり前のことを教えてくれた報道でした。


野田総理


残念ながら今のかじ取りは危ういです。

福井県 原発交付金、国を騙して25億円詐取

原発交付金:「虚偽」福井県も了承 町と事前に協議
【毎日新聞 2011/12/25)


 福井県おおい町のリゾート施設「うみんぴあ大飯」のホテル事業で、町が虚偽の事業予算を国に説明して25億円の交付金を受給した問題で、県も虚偽申請を了承していたことが分かった。県と町が協議し、虚偽予算を国に提出。大幅削減を求められると、両者協議の上で新たな虚偽予算を示したという。県と町が組織的に国を欺いて交付金を受給したことになり、原発交付金を巡る自治体の姿勢が厳しく問われそうだ。


 当時の担当者らを含む複数の県・町関係者によると、原子力発電施設等立地地域特別交付金は県を通じて申請。国に説明を始めた際、町が作った仮の事業予算(総額約60億円)と建設・運営を担う企業グループが町に提出した実際の事業予算(約59億円)の2種類があった。町作成予算は来場者を多く見込み、業者予算は低い来場予測を基にしていた。町は業者予算を了承したが、県と協議し06年、町作成予算を国に提出し、業者予算の存在は隠したという。


 交付金支給の可否を決める資源エネルギー庁の外部審査委員会は町作成予算を前提に審査。採算性が厳しく審査されたが、県と町の担当者は同予算が前提とする来場者予測を主張したという。


 ところが、その後、約10億円の金利削減を国が指示。実際の予算では金利が少ないため業者が応じず、県と町が対応を協議し、削減しきれなかった約6億7000万円分を分離して別事業に計上した。県と町の担当者は国に出向いて総事業費を50億円余りに減らしたと説明し、一部を分離したことは説明しなかったという。この結果、07年、同委から交付金受給を認められた。


 町関係者は「県は国との交渉窓口で、事業の将来性を疑問視する国の追及の矢面に立っていた。すべて相談していた」とし、当時の県担当者は「町と知恵を出し合い、事業分離を決めた」と話した。(記事終わり)


記事リンク
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111225k0000e040140000c.html



福井県はこの前の選挙で原発推進派が勝ちました。


原発を置いてあると、交付金が多くもらえるからだそうですが、今度は国(国民)を騙してまでも税金を詐取したそうです。


果たして県や町だけなのでしょうか?ここの国会議員へはが流れていないのか?


通常、企業が脱税をして税金未納が発覚すると、追徴課税だけでなくマスコミによる報道で社会的罰則を受けます。


国民から集めた税金を取扱う公正な立場であるべき公務員が、騙して税金を使用しました。


国民・企業は納税の義務を果たしておりますが、行政という公正な立場を利用して詐取したことは、企業が脱税するよりも罪は重いのではないでしょうか?


地方自治体でこの有様です。


国会議員や官僚はもっとひどいとのではないかと思います。


今回の25億円は国庫に返金されたのか?


やっぱり一度、国民全体で税金用の口座を作り、そこに税金として納めるべきお金を入金して納得したら振り込む形を取らないと、反省もしないと思います。


公の立場であるべき人達が、私利私欲に走っている。


昔ならば、切腹です。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR