FC2ブログ

シリーズ「告日本國」28 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

『告日本國』この書籍は世界の状況と日本の伝統・文化を冷静に分析し、日本が取るべき方向性を示していると言っても過言ではありません。


その原文が入手できましたのでシリーズでアップしております。


現代文に訳してみましたが、専門家が行ったのではないのでその訳が不適切であるかも知れませんので、ご了承下さい。


【原文】
 是れ実に過去に於て、並に将来に於て、汝のために開かれたる大道なり、王道なり。汝自ら之を塞ぐに非ざるよりは、何者も此道を塞ぐ能はず。想へ、三千年の準備断じて徒爾ならず。若し汝にして其の当に在るべきものたらずば、汝は最早存せざるなり。蓋し当に在るべきものの力は、其の抗す可からざる潮流に萬国を乗托せしめ、逡巡するものは之を葬り去ってまた存せざるに至らしむ。その伝令使たれ、その前駆たれ、此道の外に汝の道なし。汝は神秘なる天命の下に世界の第一国たらんことを望める国に非ずや。汝正に世界の第一国たる可し。汝正に明くる日の萬国の首とならん、然らば来らん夜の萬国の首とならん。白日の赫灼、其の目を眩せしむる萬国の首とならん、然らずば其の光被する萬国の首とならん。
吾れ現世の喧騒裡に二つの声ありて、汝を呼ぶを聴く。択んで其一を採れ。一つの声は曰く利を求めよ、汝の眼界は其の足踏み、其の手掴み得る事物の外に出づ可からず。強者に親しめ、彼等を畏怖せよ、而して止むなくんば彼等に事へよと。





【現代訳】
 これ実に過去に於いて、並びに将来に於いて、あなた方の為に開かれた大道であり、王道であります。あなた方自らこれを塞がないようにするよりは、何ものこの道を塞ぐことは出来ません。思えば、三千年の準備は断じて無駄ではありません。もしあなた方がそのまさにあるべきものでないのであれば、あなた方はもはや存在しておりません。思うに、まさにあるべきものの力は、その抵抗することのできない時勢の動きにあらゆる国を乗せ、ためらうものはこれを葬り去ってまた存在できないようして仕舞います。その伝令使でいて欲しい、その先駆けでいて欲しい、この道の外にあなた方の道はありません。あなた方は神秘な天命のもとに世界の第一国であることを望める国とは違いますか。あなた方はまさに世界の第一国であるべきです。あなた方はまさに明るい日の万国の首領となり、そうであるならばやって来る夜の首領となるでしょう。太陽の照り輝くひかり、その目をくらませる万国の首領となり、そうでなければその光が広く行きわたる万国の首領となるでしょう。
 私はこの世の喧騒の内には二つの声があって、あなた方を呼んでいるのを聞きました。その一つを選んで採用して下さい。一つの声が言うのは利を求めよと、あなた方の視界はその足踏み、その手掴みで得ることのものの外に出発点はありません。強いものに親しみを持ち、彼らを恐れおののき、そして止むを得なければ彼らに事を構えなさい。



【解説】
 現在世界では195カ国の国が存在します。外務省のホームページを見ますと195カ国中194カ国を日本が承認しているそうです。

 科学技術が発達し、人々の生活様式は様々に変化しましたが、人の有り様は昔から何も変わっていないのではないかと思います。昔の人は頭の後ろに目があった?手が3本あった?などの人体的特徴や、人間が生活する上での周囲の環境(雨・風・季節・地震・台風)などは、教わっている範囲では昔から何も変わってはおりません。

人間と言う生き物の追求を人が成した歴史は数多くあります。

「哲学者」と言われている人達は、人間の持つ性質を追求し、人の営みをあらゆる側面から見ようと努力しました。

 つい最近日本でも多くの人々に受け入れられたのは、デール・カーネギー著書「人を動かす」や「道は開ける」というような書籍があるのではないでしょうか?

しかし、多くの哲学者が「神秘の扉」の前に挫折し、自ら命を絶っていることも事実です。

 人の欲求は、あらゆるところに出て、それは何が成すのか?考えて行けば行くほど頭が混乱します。 

 日本と言う国は、古事記にあるように八百万の神々様が鎮まれる国として開かれ、天皇を中心とした統治が約2700年成されてきました。他国を見てみると、国々の栄枯盛衰にはあらゆる宗教が存立しており、宗教戦争なども行われてきました。

 リシャールは強い国には寄り添いなさいと言っております。しかし、その国と意が異なるときは事を構えなさいとも言っております。国と国の対話や交わりでありなが、例え文化が違えども隣人・知人・友人と接するように、それらの国々と接することができれば、戦争と言う最終手段(人でいえば殴り合いの喧嘩)を取る必要はないのかと思います。

 しかし、外交は駆け引き!相手を知れば知るほどにその民族の在り方が違うことに気付くのではないでしょうか?

他国やその国々の人々とと交わるときに民族の違いに対して何を以て(何を基準にして、または何を心がけて)交わるのか、そのヒントがポール・リシャールの著書『告日本國』に隠されているように思えます。

スポンサーサイト

ことだまの国 日本(最古の平仮名土器)


斎宮跡:出土土師器の破片にいろは歌 平仮名としては最古
【毎日新聞:2012/01/18】

 三重県立斎宮歴史博物館は17日、同県明和町の国史跡「斎宮跡」から出土した平安時代後期(11世紀末から12世紀前半)の土師器(はじき)の破片に、平仮名としては最古のいろは歌が書かれていたと発表した。博物館は「平仮名をいろは歌で習う王朝文化が、いち早く伝わっていたことを示す貴重な資料だ」と説明している。
 
 博物館によると、10年6月から11月までの調査で、皿型の土師器の破片を4個発掘。つなぎ合わせると縦6.7センチ、横4.3センチになり、内側に「ぬるをわか」、外側に「つねなら」と墨で書かれていた。従来は、岩手県平泉町で出土した12世紀後半の木簡に書かれたいろは歌が、平仮名としては最古だった。
 
 斎宮は、飛鳥時代から南北朝時代にかけて、天皇に代わり伊勢神宮に仕えた皇女「斎王」の住居を中心とし、斎王に使える女官や役人などが住んでいた。当時は、不要になった土器を使って文字を習う風習があったらしい。
 
 筆跡が繊細で、一般的な土器の両面にまで書かれていることから、博物館は地元の女官が平仮名を覚えるために書いたと推測。「比較的身分の低い女官にまで幅広く文化が広まっていたことを示す発見だ」と話している。21日から3月11日まで、破片を公開する。【駒木智一】
 
★いろは歌 文字を覚えるための手習い歌の一つで、七五調になっている。10世紀末から11世紀中ごろに成立したと考えられる。平仮名のいろは歌が書かれた出土例は、平泉町を合わせ計7例あるが、土器に書かれていたのは今回が初めて。(記事終わり)

記事リンク
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120118k0000m040124000c.html?inb=yt


いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならん 有為の奥山 けふ越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

私は百人一首などあまり読んだことがありません。でも日本人ならば情緒を少しでも感じ取れるように読んでみたいと思います。

歴史を肌で感じるには、言葉が一番良いのかもしれません。

東電:企業向け電気料金、値上げ幅20%未満に 利権の仕組みを壊してほしい。


東電:企業向け電気料金、値上げ幅20%未満に
【毎日新聞:2012/01/17】 


 東京電力は17日、企業向け電気料金の値上げで新たな料金体系を発表する。当初は20%程度の値上げを表明したが、経営合理化分を反映させて、値上げ幅を20%未満とする。4月から適用する。
 
 値上げするのは、契約電力50キロワット以上の工場やオフィスなど政府認可が不要な部門で、対象は24万件。新たな料金体系をベースに東電と企業が今後、個別に価格交渉して最終的な料金を決定する。
 
 福島第1原発事故以降、東電は火力発電所の燃料費が約8300億円増加し、12年3月期連結決算で約6000億円の最終赤字に陥る見込み。東電は収支改善に向け、昨年12月に企業向け料金の20%程度の値上げを発表した。その後、値上げ幅を詰めてきたが、取り組みを進めている資産売却やコスト削減などを反映して20%未満とする。
 
 今回の値上げは、燃料価格変動を毎月の料金に自動的に反映させる燃料費調整制度とは異なる。東電は契約電力50キロワット未満の家庭向けの料金も値上げしたい考え。だが、家庭向けは政府の認可が必要で、枝野幸男経済産業相が難色を示している。(記事終わり)

記事リンク
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120117k0000m020126000c.html


とうとう東電が動きだしました。

電気料金を大幅に値上げです。電気料金の値上げは仕方ないという方も多いと思いますが、東京電力やその取り巻く企業はどのような努力を行っているのでしょうか?

別冊宝島「原発の深い闇」には、電力事業や原発に関する様々な利権構造と仕組みが記載されており、全てそのしわ寄せを消費者に押しつけている構造が見てとれます。


大切なインフラゆえに、自己努力を怠ってきた東京電力。

原子力発電は火力発電(化石燃料による発電)よりもコストが安いなんて言っておりますが、それが本当なのか?

この本を見れば明らかです。

 

東電は、今回その手で企業の電気料金値上げを断行しました。

料金値上げをするなら、利権で儲けている輩がいるような仕組みをぶっ壊して、真剣に今後のエネルギー政策を考えろ!

ちなみにマスコミもこのことについてあまり騒ぎません。なぜなら東電とグルだから。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR