FC2ブログ

大津市教育員会へ「二宮尊徳像」の記事に対する問い合わせをしました。

平成24年2月2日にブログに掲載しました、

二宮金次郎像:勤勉精神いまは昔、各地で撤去相次ぐ
ブログ詳細
http://blog.goo.ne.jp/kokoronogakumon/e/186307d5f83ccccb37d697530233ccea

について、記事に掲載されておりました大津市教育委員会に下記内容でご質問のメールを送らせて頂きました。

質問のメールを送らせて頂きました内容を掲載させて頂きます。


大津市教育委員会 様


前略


突然のお便り大変失礼致します。


私達は、心の学問塾「誠心館」という社会人や学生の有志一同で共に学び、切磋琢磨している私塾のものです。


この度、毎日新聞社が報道した平成24年1月25日に報道した記事
「二宮金次郎像:勤勉精神いまは昔、各地で撤去相次ぐ」
(記事の詳細は下記リンクページをご覧頂ければ幸いです)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20120125k0000e040231000c.html


につきまして、非常に疑問に思いましたので直接ご連絡をさせて頂きました。


直接ご連絡を差し上げましたこと失礼かと存じますが、ご容赦下さいますよう御願い申し上げます。


 


記事の内容にあります
『まきを背負って本を読むおなじみの二宮金次郎(尊徳)像。戦前に全国の小学校に建立されたが、老朽化などに伴い各地で撤去が進む。大津市の小学校でも3カ所で破損が見つかったが、「児童の教育方針にそぐわない」との意見もあり、市教委は補修に難色を示す。受難の時代を迎えた金次郎像だが、質素倹約や勤勉の精神を伝えると再評価する動きも一方である。(以下略)』


上記文面に於いて、「児童の教育方針にそぐわない」との意見があると掲載されておりますが、
もしこのことが事実であれば、平成十八年十二月二十二日の新教育基本法に背く言動をなされているのではないかと危惧致しましてご連絡をさせて頂きました。


特に教育基本法に於ける


第一章 教育の目的及び理念


(教育の目的)
第一条 教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。


人格の完成を目指すことは、人間個々に個性が様々でありその育成は学校の先生だけでなく、家族や社会が共に応援してなさなければならないことと思いますが、子供達は多くの時間を学校に費やし、また学校は親以外の他人から学ぶことができる大切な場所だと思います。


二宮尊徳は、幼き頃の貧しい状況を信念で打破し、先人の生きるための知恵を身に付けた人でその人となりは、数々の書籍や訓えによって残されております。まさに教育基本法の求めるものに沿う生きざまをされたひとではないでしょうか?


もし、貴教育委員会で報道にあるような「児童の教育方針にそぐわない」との認識であるならば、教育者として大きな罪を背負って仕舞うことになりかねないと大変危惧しております。


事実関係がわかりませんので直接ご連絡をさせて頂きました。


貴教育委員会様のご見解を指導頂ければ幸いです。


末筆になりますが、突然のお便りを重ねて御詫びすると共に、貴教育員委員会や先生の皆さまのご繁栄を心よりお祈り申し上げます。


心の学問塾「誠心館」

以上がメール内容です。

スポンサーサイト



放射能の話題です。ミミズから20000bq/kg

放射性セシウム:福島県川内村のミミズから検出
【毎日新聞:2012/02/06】



ミミズがかかわる森の中の食物連鎖の様子



 東京電力福島第1原発から約20キロ離れた福島県川内村に生息するミミズから、1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが、森林総合研究所(茨城県)の長谷川元洋主任研究員(土壌動物学)らの調査で分かった。ミミズは多くの野生動物が餌にしている。食物連鎖で他の生物の体内に次々と蓄積していく現象が起きている可能性も懸念される。3月17日から大津市で開かれる日本生態学会で発表する。


 昨年8月下旬〜9月下旬、一部が警戒区域に指定された川内村、同県大玉村(同原発から60キロ)と只見町(同150キロ)の3町村の国有林で、40〜100匹のミミズを採取した。


 その結果、川内村のミミズから1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出された。大玉村では同約1000ベクレル、只見町で同約290ベクレルだった。調査時の川内村の空間線量は毎時3.11マイクロシーベルト、大玉村で同0.33マイクロシーベルト、只見町で同0.12マイクロシーベルトで、線量が高い地点ほど放射性セシウムも高濃度になっていた。


 一方、林野庁が昨年8〜9月に実施した調査によると、川内村で土壌1平方メートルあたり約138万ベクレル、大玉村で約8万〜12万ベクレル、只見町で約2万ベクレルあった。


 事故で放出された放射性物質の多くは落ち葉に付着している。落ち葉が分解されてできた有機物を、ミミズが餌とする土とともに取り込んだのが原因とみられる。(記事終わり)


記事リンク
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120206k0000m040113000c.html



ミミズから20000bq/kg 


異常です。


以前お会いした専門家の方が3000bq/kgでもう危険といっておりましたが、その約6倍以上!



食品の暫定規制値は500bq/kgでその40倍の数値


ミミズを食べる動物は、暫定規制値をクリアしていないものを食べて仕舞う。


いずれ人間の体内に入るかもしれません。


お〜怖!

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR