FC2ブログ

今 水資源が危ない!

外資の水源地買収抑止へ、事前届け出制…埼玉
【読売新聞:2012/02/07】


 水源地周辺の土地が中国など外国資本に買収されるケースが全国で相次いでいることから、埼玉県は近く、土地取引の事前届け出制を柱とする水源地域保全条例案を県議会に提出する。
 
 成立すれば、都道府県としては全国初となる。外資による水源地域の買収事例が相次いで発覚した北海道も、同様の条例策定に向けて動いている。
 
 国土交通省と林野庁によると、中国など外資による森林買収は全国に広がりつつあり、2010年までの5年間で、北海道や長野県など5道県で計40件、約620ヘクタールの取引が確認された。
 
 埼玉県内では、外資による買収は確認されていないものの、東京都内で水道水として利用される荒川などの源流が森林地帯に多く存在する。秩父市などでは7事業者がミネラルウオーターを生産しているほか、寄居町などの山あいには全国的に名高い湧水もあり、県は、外資が土地買収を進める可能性があるとみて警戒してきた。(記事終わり)

記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000027-yom-soci


やっと行政が動き出しました。


おとぎばなしの足柄山の金太郎にあります名言


山はみんなのものだよ!





外資、特に中国はそんな考えありません。


日本の天然自然は日本人の固有の財産。日本はエネルギー資源が無いため、多くの化石燃料を輸入しております。そして、共同開発等を行って資源のある国が豊かになるように協力をしながら、その資源を輸入しております。


水資源が無い国には、無い理由があります。


目先の利益にとらわれる日本人がいることは非常に残念ですが、みんなで日本の天然自然を守っていければ…


祖国日本のために

スポンサーサイト



最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR