FC2ブログ

今の日本に不満・不安をお持ちの方々! お待たせしました。

国難ビックリマーク




利権構造による税金の私有化をする政治家




官僚・企業、国民の命よりも政党・政治家利益優先の政治




天下りのために法律や財団法人を作る官僚




視聴率(目先)にとらわれ偏向報道を繰り返すマスコミ




己の企業の利益しか考えず国のことなどそっちのけの名のある大企業




責任逃れしか考えていない多数の公務員




自国の誇りを教えず教育の本質さえ拒否し自らの奢りを教える日教組




外交の駆け引きに左右され相手の思惑にまんまとはまる政治家・マスコミ




責任を取ろうとしない評論家などなど






高度経済成長が終わり、日本の経済は下降の一途をたどっております。


そして、本年3月11日の東日本大震災と未曾有の天災や災害








日本が良くなる要素が見当たりません。












日々の生活に不安を感じておられる方々。




この国の先行きを不安に思っておられる方々。




この国の現状に憤りを感じておられる方々。




この国の現状を憂いている方々。




日本人としての誇りと気概をお持ちの方々。




お待たせしましたビックリマーク










































 


































王政復古ですビックリマーク




王政復古実行委員会




実行委員


菅原道真・源頼朝・北条時宗・楠正成・徳川家康・上杉鷹山・吉田松陰・坂本竜馬・西郷隆盛・西郷頼母・山田方谷・二宮尊徳・山岡鉄舟・大山巌…他幾万


そして、日本人としての誇りと気概をお持ちの方々




実行委員より一言


この国の真実の歴史を少しでも学んでおられれば、国是も見えてきますので、日本という国の本質がわかります。

スポンサーサイト



続報!尖閣諸島購入 政府が買うらしい(選挙対策???)

都の尖閣購入計画 「必要なら国購入も」官房長官が表明
【産経新聞 4月17日(火)21時57分配信】


  藤村修官房長官は17日午後の記者会見で、石原慎太郎東京都知事が沖縄県・尖閣諸島の購入に向け最終調整をしていると明らかにしたことを受け、必要な場合は国による購入もあり得るとの認識を示した。国境にある離島は国が管理すべきだが、領有権を主張する中国を刺激するのを避けたいため実効支配の強化に対策を十分にとっていなかった。政府も重い腰を上げざるをえない状況となった。
 
 中国漁船衝突事件後の平成22年11月、当時の菅直人首相が衆院予算委員会で「(国有化を)検討させたい」と表明したものの、これまで本格的に議論した形跡はない。「所有者の意向も踏まえ」などとして島への「上陸禁止」措置をとってきたが、所有権が東京都に移れば根拠はなくなる。
 
 「必要ならそういう(国有化の)発想で前に進めることもある」
 
 藤村氏は会見でこう述べた。午前の会見では「事実関係を承知していない」と論評を避けたが、午後の会見では踏み込んだ発言となった。尖閣をめぐり及び腰だった民主党政権が、石原氏の構想に揺さぶられていることの証しといえる。
 
 海洋問題に詳しい東海大の山田吉彦教授は「石原氏の行動には政府の動きを求める意図を感じる」と話す。ある政府高官は石原氏の構想の意義を「公有地であれば外国資本の手が及びにくい」と指摘する。中国が新潟市で総領事館用地として広大な民有地を取得した問題が浮上しているが、尖閣の民有地も相続などをきっかけにブローカーなどが仲介し、土地が中国資本の手に渡る危険性はゼロとはいえない。公有地にすれば、その危険性は減る。
 
 都に所有権が移れば、民間人と賃貸借契約を結んだ政府の「上陸禁止」も効力を失う。都が買い取り、石垣市との共同所有を認めれば、尖閣への上陸は相次ぐことが想定される。日本としては実効支配を強めることになるが、中国がそれを傍観するはずもない。海上戦力による挑発など高圧的な姿勢を強めてくることも避けられない。
 
 防衛省幹部は「自衛隊と海上保安庁の警戒監視態勢を強化する必要がある」と強調し、尖閣に潜水艦を常時探知できる監視装置や無線中継基地を設置することも挙げる。仮に自衛隊や海上保安庁の拠点を置く場合、民有地でも都などの公有地でも土地の賃貸借契約を交わす必要があることは同じという。(記事終わり)


記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000615-san-pol



民主党、今さら何を言っているの?

衆院選対策?





北方4島 竹島何とかして下さい。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR