スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心ある日本人の方へ(誠心館橋寮歌)

誠心館 『橋寮歌』 作成:白扇先生


軍(いくさ)に勝(ち)て 勝鬨あげて 


二本の大小腰に差し 家を興して永代渡る


二重の苦しみ肩に負い 国民(くにたみ)思い


端から端へ 数寄る屋形 君の名を 


訪ねて至る幾星霜 水の流れと人の世は 煙にむせぶ泉岳寺


白雪とける赤襷 伝統誇る下帯(したおび)の 赤の姿の雄々しくは


鉄舟乃木の教え受け 其の学習もどこえやら 消えて恥ずかし永田町

スポンサーサイト

先人の知恵・山ことわざ

昨年の記事ですが…

「財産」語り継ぎ林業守る
(2011年5月1日  読売新聞:和歌山)


「百日の日照りよりも土一寸」「木6月の竹8月の闇夜」――。34年ぶりに県内で開かれる全国植樹祭の関連イベントとして、まじないのような不思議な言葉を全国から募って発信する取り組みが進む。
 
 集められたフレーズは、林業にかかわる人々の間で語り継がれてきたことわざや格言。「山には、暮らしに密着したことわざがたくさんある。そこに込められた人々の知恵は、本当に興味深い」。発案した田辺市本宮町の林業栗栖敬和さん(74)は穏やかに笑う。
 
 栗栖さんが、山にまつわることわざに触れたのは40歳の頃。東京の建設会社を辞めて古里にUターンし、山が遊び場だった子どもの頃からあこがれていた林業の世界に飛び込んでからだ。
 
 日照りを待つより、薄く土をかけるほうが雑草が枯れやすいという「百日の日照りよりも土一寸」。山仕事を始めたばかりの栗栖さんが半信半疑でやってみると、ことわざ通りの結果となった。土の中のバクテリアが草を枯らすと知り、先人の知恵に舌を巻いた。
 
 闇夜となる新月の時期に木や竹を切ると、虫やカビがつきにくく、良質なものが得られるという意味の「木6月の竹8月の闇夜」。早朝は曇りでも、午後から晴れるという「朝曇りの昼カンパチ」。栗栖さんは、「自然を知り尽くした山の男たちは、天気もぴたりと言い当てた。魔法使いかと思った」と話す。
 
 山仕事にのめり込む中で、他地域も含めた多くの林業家と交流。地域によって異なる言い回しの面白さを感じる一方、どこも後継者不足に悩んでいる現状に触れ、口伝で伝わってきた様々な知恵が消えようとしていることに危機感を持った。
 
 「人々が受け継いできた無形の財産を、多くの人と共有したい」。昨年10月、植樹祭前日に行われる「全国林業後継者大会」の計画を仲間と練っていた栗栖さんは、全国から約500人もの林業者が集まる大会で、山の言葉にスポットライトをあてようと思いついた。
 
 大会事務局を務める県林業振興課の中村純子さん(40)は、「栗栖さんのアイデアを聞いた瞬間、『これだ』と思った」と振り返る。東京出身で、大学で学んだ林業にかかわる仕事を求めて和歌山に移り住んだ中村さんもまた、山の文化を守るすべを模索していた。
 
 中村さんは、「林業の伝統を再認識し、全国の林業関係者の交流にもつながる」と準備に奔走。林業の業界誌で募るだけでなく、各地の林業関係者のもとを訪れては、聞いて回った。
 
 今年に入って3か月余りで約150ものフレーズが集まり、会場に掲示するだけでなく、冊子にまとめて残すことになった。
 
 「これほど集まるとは思ってもいなかった」。栗栖さんは感慨深げに話し、言葉に力を込めた。「言葉に込められた先人の知恵を次世代に残す。それが山で生きてきた者の務めのような気がするんです」(仁木翔大)

記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/feature/wakayama1304172383811_02/news/20110430-OYT8T00859.htm



身近な自然に語りかけ、自然から知恵を学び、それを生活に生かす。

先人は、生きた学問を身に付けていました。

「池の中の蛙(かわず) 大海を知らず されど天の高さを知る」

グローバルという言葉があちらこちらに聞こえますが、「天の高さ」を知らなければ足元さえぐらついて、日本人としての心さえ失って仕舞うように思う記事でした。

過疎化の危機と地方の衰退(中国資本の容認は日本人の目先にもあり)

<北海道>集落の2割存続危機 将来「消滅」241カ所
毎日新聞 平成24年5月26日(土)より 



 
 北海道内の集落の2割近くに当たる710カ所が機能低下や維持困難に陥っていることが道の調査で分かった。うち、自治体が将来的に「消滅」と判断したのは241カ所に上り、10年度の国土交通省の調査と比べ39カ所も増えた。集落の危機が急速に進行していることを示しており、道は具体的対策を急いでいる。【円谷美晶】


 ◇最多の後志は117


 調査は11年秋から今年3月まで、道内177市町村の3757カ所を対象に実施。報告書によると、人口100人未満は2019カ所、高齢化率50%以上は475カ所だった。


 山林や農地など資源の維持と保全、冠婚葬祭、一次産業の相互扶助など集落機能の維持について自治体に尋ねたところ、「機能低下」が584カ所(全体の15.5%)、「機能維持困難」が126カ所(同3.4%)と判断された。


 振興局別では、▽後志117カ所▽上川110カ所▽オホーツク92カ所で、この3管内だけで約45%を占めた。機能低下などとされた集落の割合でみると、▽胆振39.4%▽留萌39.1%▽後志34.7%−−の順。また、「いずれ消滅」が221カ所、「10年以内に消滅」が20カ所だった。


 ◇「買い物が困難」


 道は調査後、特に対策が必要と考えられる集落289カ所を対象に、自治体や集落代表者にヒアリング調査を実施。集落の住民とも意見交換した。


 買い物や通院の交通手段の問題に加え、▽除雪が困難▽地域の住民のコミュニケーション不足▽働く場、仕事がない−−など、住民生活にかかわる課題が多く指摘された。対策としては、交通手段確保や新規就農支援などの要望が上がった。


 早期に有効な対策に取り組むため、道は昨年9月に有識者による「道集落対策促進会議」を設置。今月17日に開かれた第4回会議では、「求められる対策は地域ごとに異なる」として、▽既存の集落の維持存続▽冬期間の集住、集落再編などによる新たな集落作り−−の二つの方向性が打ち出された。


 今秋までに最終報告書をまとめる予定で、石橋秀規・道地域振興監は「緊急かつ重要な問題だ。具体的な対策を打つ年にしたい」と話している。(記事終わり)

記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000004-maiall-soci


以前、日本の水源地となる山の土地を中国資本が買収しているとありました。それは現在でも続いており一部の心ない日本人の為に我が国固有の自然と言う財産が奪われようとしております。


国や地方行政の対策も、まだ本格的にはなっておりません。


地方は便利な都心に比べて確かに不便で、雇用も少なく、これからを担う若者も少ないのが現状です。

しかし、だからといって不便だからという理由だけで過疎化したのだろうか?そんな思いがわきます。

天然自然と言う財産を疎かにしている私達、伝統文化を疎かにし、日本人の心を失っている人達にも大きな要因があるのではないかと思います。

いくら国が助成金を出しても、私利私欲で使われたり、また生かしきれなかったり・・・

助成金は、使用する側が天然自然を大事にしたい、過疎化されている地域を何とかしたいという心を以てこそ生かされるものと思いますが、そこには人のエゴによるしがらみも多く、何のために地域復興なのかを導けていない行政や地域の高齢者も多くいると思います。

「人・物・金」とは言いますが、そこに「心」がなければ決してうまくいくとは思いません。



やっぱり王政復古しかありません。

核燃料リサイクル 国の機関が公でなく私利私欲 国がよくなる訳がない

<核燃サイクル原案>秘密会議で評価書き換え 再処理を有利
毎日新聞平成24年 5月24日(木)2時31分配信



 内閣府原子力委員会が原発の使用済み核燃料の再処理政策を論議してきた原子力委・小委員会の報告案を作成するため4月24日、経済産業省・資源エネルギー庁、電気事業者ら推進側だけを集め「勉強会」と称する秘密会議を開いていたことが分かった。表紙に「取扱注意」と記載された報告案の原案が配られ、再処理に有利になるよう求める事業者側の意向に沿って、結論部分に当たる「総合評価」が書き換えられ、小委員会に提出された。政府がゼロベースの見直しを強調する裏で、政策がゆがめられている実態が浮かんだ。




 小委員会は修正後の総合評価を踏襲して取りまとめ、23日、「新大綱策定会議」(議長・近藤駿介原子力委員長)に報告して事実上解散した。近く政府のエネルギー・環境会議に報告される。




 毎日新聞はA4判79ページの資料を入手した。表紙右上に「4/24勉強会用【取扱注意】」、表題は「原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会(第13回)」で、4月27日に論議される予定の報告案の原案だった。




 秘密会議は4月24日午後5時過ぎから約2時間、原子力委の入る東京・霞が関の中央合同庁舎4号館で開かれた。鈴木達治郎・原子力委員長代理や内閣府原子力政策担当室職員のほか▽エネ庁原子力立地・核燃料サイクル産業課の森本英雄課長▽電力10社で作る電気事業連合会の小田英紀原子力部長▽青森県六ケ所村の再処理工場を経営する「日本原燃」の田中治邦常務▽高速増殖原型炉「もんじゅ」を運営する「日本原子力研究開発機構」幹部▽東京電力や日本原子力発電など電力会社社員ら約30人が参加。小委員会のメンバーは鈴木代理だけだった。




 小委員会では使用済み核燃料の「全量再処理」、「全量直接処分」、「再処理・直接処分併存(併用)」の3政策について議論していた。関係者によると、日本原燃幹部は秘密会議で六ケ所村再処理工場存続を要請。小委員会座長の鈴木代理が「プロジェクト(再処理工場)に影響を与えない併存が一番良い」と応じた。トラブル続きの再処理工場の現状などから全量再処理は賛同を得にくい一方、全量直接処分では工場閉鎖につながるためとみられる。




 総合評価の表記は、仮にウラン価格が30倍に上昇しても全量直接処分が経済的に優位であることから、原案では「(再処理や併存より)総費用において優位」と言い切っていた。しかし、変更後は「ウラン価格が現状のままなら」などと条件付きで「優位になる可能性が高い」と後退する一方、併存について「全量再処理より経済的に多少有利」などと利点を強調する記述が増えていた=表参照。報告案は4月27日は時間切れで審議できず、5月8日に論議された。




 近藤委員長は「(報告案を配っているなら)度を越えている。私の監督責任にかかわる問題」と述べた。鈴木代理は「出席したかもしれないが、結果的に小委員会の議論に影響はなかった」と話した。【核燃サイクル取材班】




 ◇解説 議論一からやり直しを


 核燃サイクル政策について議論の中核を担う内閣府原子力委員会の小委員会に提出された報告案が秘密会議によってゆがめられていた問題は「民主、自主、公開」の原子力3原則を持ち出すまでもなく重大だ。電気事業者とりわけ日本原燃は全量直接処分政策を選択すると六ケ所村再処理事業もろとも破綻する運命にある。報告案作成に関与してはならないのは自明で、原子力委トップである近藤氏の責任は重い。




 公共施設に事業者だけを集め意見を聞く原子力委員や内閣府、経済産業省・資源エネルギー庁職員に公務員の自覚はあるだろうか。憲法15条は「すべて公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」と定める。反対派を排除して推進派と水面下で手を組んでは失格の烙印(らくいん)は免れまい。




 なぜ再処理事業にこだわるのか。再処理できなくなれば使用済み核燃料の捨て場所を速やかに決めなければならない。無理なら原発停止に追い込まれる。高コストと判明しても再処理にしがみつくのは、影響が原発政策全般に及ぶからだろう。




 5月8日の小委員会で、委員の松村敏弘・東京大教授は問題の「総合評価」の記載について「なぜこんな偏った記述になってしまうのか。まったく分からない」と厳しく批判した。秘密会議の存在を知らない委員の目にも、議論を無視した内容であることは明らかだった。原子力委が絡む会議は他にもある。ゆがめられた政策が一つだけとは考えにくい。地に落ちた信頼を取り戻すには秘密会議参加者を一切タッチさせない新体制を作り、議論を一からやり直すほかない。【小林直】


記事リンク


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000009-mai-soci






既に常軌を逸しております。




国の行政に携わる人間が、公正な立場をとることができない。




人の上に立つ人間が、自分のことしか考えていない。




これでは国が良くなるわけはありません。




マスコミに追及されないと、自分達の犯している大変なことに気付かないのか?








王政復古が望まれます。

<大学>生き残りかけ「留学生争奪戦」 海外で営業活動 何か忘れていませんか?

<大学>生き残りかけ「留学生争奪戦」 海外で営業活動


毎日新聞 平成24年5月23日(水)15時0分配信


  日本の国立・私立大の海外進出が相次いでいる。優秀な留学生を集めるのが目的で、欧米やインド、中国のほかアフリカにも事務所を設立する勢いだ。複数箇所に事務所を設ける大学もあり、文部科学省によると海外事務所を設けているのは09年10月時点で61大学計166カ所(30カ国・地域)。毎日新聞の調べでは、その後少なくとも9大学が8カ国9カ所に事務所を設け、2大学が開設を検討中。生き残りをかけた大学の「留学生争奪戦」が激化しそうだ。【石丸整】
 
 昨年11月、北アフリカ・チュニジアの北東部にあるハマメット市で、筑波大主催の留学説明会が開かれた。約350人の高校、大学生が集まり熱心に耳を傾けた。筑波大は06年5月、首都チュニスに事務所を開設。留学生確保に力を入れている。留学希望の学生はテレビ電話で筑波大の面接試験を受けることもできるという。
 
 事務所副所長の森尾貴広准教授は「日本人学生への刺激にもなる」と効果を期待する。筑波大は学部と大学院生を合わせ、全体の1割強にあたる1681人の留学生がいる。ウズベキスタンのタシケントやベトナムのホーチミン、中国の北京などに現在5カ所ある海外事務所をさらに増やすことも検討中だ。
 
 北海道大は来月、研究内容が重なることが多い北欧・フィンランドの首都ヘルシンキに事務所を開く。北京、ソウルに続き3カ所目で「欧州各国からも留学生を迎えたい」(北海道大学国際本部)と意欲的だ。
 
 海外事務所設立の主な狙いは「日本の学生が海外に目を向けるきっかけ」「少子化の中で優秀な留学生を獲得し大学のレベルを上げて生き残る」だ。4月に海外10カ所(7カ国・地域)目となる事務所をサンフランシスコ(米国)に開設した早稲田大は、留学生数を将来的に8000人(現在は4280人)に増やす目標を掲げる。法政大も今月、初の事務所を北京に開設した。来春入学の留学希望者を今春の倍にあたる300人に増やす予定だ。各大学とも他校の動きをにらみながら設置場所を決めている。
 
 日本学生支援機構によると、11年5月現在の海外からの留学生は前年から3699人(2.6%)減の13万8075人。出身国・地域別では中国(8万7533人)、韓国(1万7640人)、台湾(4571人)の順。事務所進出先もアジアが100カ所を超え、最も多い。
 
 08年7月に閣議決定された教育振興基本計画は、大学の国際化を進め、2020年をめどに留学生の受け入れを30万人とする目標を定めている。文科省も12年度に大学のグローバル化のための事業(103億円)や留学の推進(342億円)を実施し、留学生増加を後押しする。


【筑波大学の建学の理念】

筑波大学は,基礎及び応用諸科学について,国内外の教育・研究機関及び社会との自由,かつ,緊密なる交流連係を深め,学際的な協力の実をあげながら,教育・研究を行い,もって創造的な知性と豊かな人間性を備えた人材を育成するとともに,学術文化の進展に寄与することを目的とする。

従来の大学は,ややもすれば狭い専門領域に閉じこもり,教育・研究の両面にわたって停滞し,固定化を招き,現実の社会からも遊離しがちであった。本学は,この点を反省し,あらゆる意味において,国内的にも国際的にも開かれた大学であることをその基本的性格とする。
そのために本学は,変動する現代社会に不断に対応しつつ,国際性豊かにして,かつ,多様性と柔軟性とを持った新しい教育・研究の機能及び運営の組織を開発する。更に,これらの諸活動を実施する責任ある管理体制を確立する。 



決して、否定するわけではないのですが

●国立大学は国民の税金で賄われている。

●「現実の社会からも遊離しがちであった」とありますが、それは旧弊の阻害ではなく、大学建学の理念に明確に「国の為・国民の為」という意思がないから、社会と遊離しがちであり、国民の税金で運営されているならばなおさらではないかと思います。それは他の大学でも同じかも知れません。


学生が身に付けた知識・技術は何を以て生かされるのか、それが筑波大学の先生方は分かっておられるのか非常に疑問に思いました。

会話

近所のおばあさんから会話の話を聞きました。


 


会話と言っても人との会話ではありません。


 


昔、おじいさんは山師(営林局)の仕事をしており、自宅の神棚には山の神様を御祭祀していました。


毎朝、出かける前に挨拶をしてから山に入って行ったそうです。


 


休みの日におじいさんとおばあさんで、畑をやる事にしました。


畑といっても3反歩(30a)程の小さな面積ですが、個人が園芸をやるには広すぎる程の広さです。


 


始めにおじいさんが、花の種や球根を畑に植えていました。


おじいさんがおばあさんに「元気になってね」と声をかけるようにと言われたそうです。


 


おじいさんは植えた球根に向かって「このあと花を咲かしたら隣に種を飛ばしてどんどん花を増やしておくれ」と・・・


 


残念ながらおじいさんは病に倒れ、今は施設に入ってしまっていますが、おばあさんはその畑を今も守っています。


しかし、そのおばあさんも年を重ね、持病もありその畑の手入れができなくなってしまいました。


 


これから暖かくなり、雑草もおいしげますが、その中には沢山の花々が元気よく咲いています。


20畳ぶん位のキクの畑。様々な種類や様々な種類のキクがこれからも花を咲かせます。


 


おじいさんはその花を見ることはないのかもしれませんが、その花は先祖の為に仏壇の前できれいに咲いています。


 


自然との会話。


都会でも木々や花に囲まれた場所が多くあると思います。


花に話しかけてみて下さい。


花が何かを教えてくれるかもしれません。

総理大臣とぞうり大臣の違いは何だろう?

フジニュースネットワーク

野田首相、民主党政権への批判に「アイ・アム・ソーリー」





野田首相は8日夜、民主党政権に対する批判に対し、成果をきちんと説明することが大事と強調した。
野田首相からは思わず、「『マニフェスト通りやってないじゃないか』というご批判をいただくんです。ただ謝ればいいという問題ではありません。わたしもよく、『ごめんなさい』というところからスタートするので、『アイ・アム・ソーリー(総理)』なんであります」と、だじゃれ交じりの発言も飛び出した。

動画リンク
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222867.html



豊臣秀吉は、ぞうり取りで天下を取った。

野田総理は「アイ・アム・ソーリー」で、天下に不安を与えている。

この違いは何だろう?

日本人の心 昔の人は自然と会話した。

創設者の白扇先生から次のような質問を頂きました。



何故、川は流れるのか?その意味はわかる?


いろいろと意味はあると思うけど。


ま〜あれこれ考えてみましたが、自然の恩恵かなくらいしか…



すると次のお話を伺うことができました。


地方を回ると、山間に部落が存在するが、全ての部落が川沿いに存在する。
川と人間の生活は切っても切れない関係だと言うのが自分の目で見てわかった。


部落が所在するところは、川の洪水にも巻き込まれず、山津波(山崩れ)にも当らない場所を昔の人は選んだ。




なぜ、技術もないのそんな場所を選ぶことができたのか先生にお聞きしました。




昔の人は山と会話をしたからと…


山がここならいいよって言っているから大丈夫だと。


今の時代は、そんな山の言い分を無視して開発を続けるから、山から戒めを受けて大きな災害となる。災害が起こるのは当たり前。


行政も同じで、農家は田んぼや水と会話し、漁師は海と会話する。昔のきこりは山に入るときに必ず山の神様に挨拶をした。


そんな専門家だからこそ(身近な自然と会話ができる)行政にも携われるのに、今の官僚はそんな専門家もいない。専門家でない者が政治を行ってうまくいくわけない。


都会に住んでいる人達にはこれがわからない。自然が身近にないから自然との会話をなすすべを知らない。



皆さん、自然と会話すことを心がけましょう!

幸せとは

毎日、新鮮で美味しい物を食べて、綺麗な山の水を飲んで、体を動かして農作物を作る。


 


このような生活が始まり、人の幸せとはなんなのかという事を思うようになりました。


 


今は拝金主義であり、お金があれば幸せで正義で成功者という風潮が強いように思えるが、例えお金があったとしても病気になり早死してしまっては元も子もないでしょう。


 


私の近所では、立て続けにお年寄りがなくなりました。今年に入って何人の方が亡くなったのだろうか。比較的若い50代や60代の人も病に倒れ亡くなっている人も多くいます。


 


健康で長生きできる、これが幸せな事ではないかと思うようになってきました。


そこには体が動くまで生涯現役を貫く、働き者のお年寄りが多くいます。


年金だけで暮らしており、運動などを行わない人が比較的早くになくなっているような気がします。


 


定年という制度は、本当に人を幸せにするのだろうか?


人から必要とされて、人は生かされるのではないでしょうか。


 


定年退職した男性が、行き場を失い、人生の目標を見失い、突然老けて行き、ボケてしまうケースもよくあります。


反面、定年退職してから輝き出す人もいます。


 


その差はなんなのでしょうか。


 


おそらく、心の持ちようであり、幸せに関する価値観の違いだと思います。


 


 


しかし、これからは働く若い世代が減ってきます。


働く事ができないお年寄りを若い世代で支えて行く時代となります。


 


私も何れお年寄りになります。


その時に若者に出来るだけ世話にならないような生活を送って行ければよいと思うようになりました。


 


毎日、一生懸命に働き、食事を摂る、新鮮な空気に囲まれ、のんびりとしたひとときを送る事ができる。


私はそのような自然と共存する生活が、人としての幸せなのだと思うようになってきました。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。