スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天職(てんしょく)

天職(てんしょく)という言葉。


だいぶ聞きなれない方も多いかもしれません。

天職…天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。(辞書より)



自分に会った職業に就いている方々はどれだけいるのか?

平成24年3月にまとめられた完全失業者数は、総務省統計局の集計によりますと

315万人で、4.6%だそうです。

職に就けない方だけで、315万人もいるそうです。

また、日本の産業構造は下図のように推移しております。






(総務省統計局ホームページより)

平成17年には、農業・水産業に携わる第1次産業の人口は全体の5%にまで下がりました。
製造業である第2次産業も減少傾向にあり、サービス業が全体の約7割をしめております。

日本の食料自給率は40%と言われ、就農家の高齢化が進みますます自給率は低下すると予測されております。



人の営みそのものは、昔も今も変わらないと以前お聞きしたことがあります。

人が生きて行く上に於いて必要なものが不足し、ぜいたく品(言い方が正しいとは思いませんが)が増えている現在、自分に向いている仕事を改めて探してみることは難しいかもしれません。


しかし…



天職についてこんな逸話があります。

幕末、官軍(薩摩・長州・土佐・肥前)と幕府軍が日本列島各地で戦争をしておりました(戊辰戦争)。
官軍が東海道を上りこれから江戸へ攻め入ろうとしている時、江戸庶民は大きな混乱を迎えようとしておりました。

西郷隆盛と勝海舟が話し合いによって、江戸無血開城されたのは後世が知ることですが、混乱する江戸庶民を慰撫した偉人がおりました。

それは山岡鉄舟



ある大工が山岡鉄舟に聞いたそうです。

「官軍が江戸に攻めてくると聞いたがどうしたらよいか?」

山岡鉄舟は答えました。

「で〜くはで〜くの仕事をすりゃ〜いいんだ」と。

山岡鉄舟が言うことならばと、その大工は落ち着いたそうです。



最後の宮大工と言われている西岡常一さんは祖父の常吉さんに次のように教わったそうです。

「本と相談して米作りするのではなく、稲と話し合いしないと稲は育たない。大工もその通りで、木と話し合いをしないと本当の大工になれない。」

職人の仕事は自然との会話をすることを、他の職人にもお聞きしたことがありますがそれは一長一短でできないことで、長年の修行が実を結び、その中で培われてくるものだと思います。


個々がそれぞれ持っている本分を人生の中で見出し、それを生かせるか。それが誠心館・館員のそれぞれの課題でもあります。

それには、自然と共存することが一番近道かもしれませんね。

スポンサーサイト

じてんとこうてん

昨日、消費税を上げる法案を通す事が決定したとテレビのニュースでしきりに報道していました。


 


去年と今年、圧倒的に違うものがあります。


 


それは、住民税などの税金が大幅に値上げされている事です。


私も昨年度に比べ2.5倍程度となっております。


今の政権は嘘つきの集まりですので仕方がないと諦めるのしかないのかもしれません。


これも、選んだ国民が悪いのだと思います。


 


 


さて、このように日本の景気が良くなる材料は全くありません。


むしろ、国民の消費を滞らせるような政策ばかりで、このままでは国民の財布の紐が固くなってしまい、サービス業を始めとする業種から強く影響を受ける事は目に見えています。


 


さて、本田宗一郎のカブのお話が出ましたが、そのなかで


 


A  だって本田宗一郎が言っているよ、


   ホンダは昔自転車操業だったから、じてんこうてんが大事だと。

B  そういばここは自転車置き場ですね。


 


ここに、日本人が危機を乗り越える重要なヒントが隠されています。


 


「じてんとこうてん」が大事だと この一行です。


 


題名は自転と公転と書きましたが、


かつてのホンダは倒産の危機を迎えた時期がありました。


ホンダの歴史をご存じの方は思い出して下さい。


 


これは自転を自転車のペダルを回すという事に例えます。


自転車のペダルは始めはゆっくりと回り始めますが、ある程度回ると勢いがついてきてペダルが軽くなってきます。


そしてどんどん回転が速くなります。


 


これを、企業の物流と考えて下さい。


商品を回す。始めはゆっくりとした物量で流れて行きます。


良い商品であれば少しずつ売上が伸びて行き、受注が増えて来ます。


受注が増える事で、企業の収入も増えてきます。


その分の支出も増えますが、それを上回る売り上げと収益が見込める事になります。


 


企業として当たり前の事です。


しかし、今の日本企業、特に大企業と呼ばれている企業では、この商売の基本原則を忘れてしまっているようです。


どの企業も苦しいのはいっしょです。


まずは、自社製品を購入する日本国民の財布を潤わせる必要があります。


それには、国内での生産が不可欠であります。


良い物であれば国民はそのものを購入します。


安くても不必要なものはあまり見向きもせず購入するケースも少ないと思います。


 


それだけ日本人が物を見る目利きが良くなっているという事です。


 


消費を上げるには、国内製造業を復活させ、それまでは企業が従業員と共になんとか踏ん張ってその会社を持続させ、その会社の商品を売れるまでの努力が不可欠です。


 


始めは自転車操業。


自転車操業から、業績が好転します。


 


「じてんとこうてん」とは、物事の基本的な事でありますが、今の日本人は見失い忘れてしまっています。


協力し合い、努力をして、結果を出す。


 


権利の主張だけを行い、半ば国民を騙すような商法を用い、収益を上げたとしてもそれは一時の事。


 


日本の企業、全てにこの事が当てはまります。


自分の会社の状況を振り返ってみては如何でしょうか。


 


 


このように、日本語は言霊があり、言葉遊びが唯一出来る言語です。


一つの言葉で複数の意味を持ち、ひらがなから漢字に変わると全く違う意味を持つ。


これをどのように感じ、どのように解いて行くかはこのブログをご覧になられている読者の力量だと思います。


 


これも心の教育です。


 


 

佐藤一斎 言志四録 「心とは」

心とは何なのか?

「目は心の窓」という言葉がありますが、「心」とはいったいなんなのでしょうか?


江戸時代の儒学者・佐藤一斎先生は著書「言志四録」のなかで次のように残しております。


佐藤一斎


七一 心の霊光


 人は自ら、母胎の中にあった自分の心がどうであったかを考えて見るべきである。また、母胎から出た自分の心はどうであったかを考えて見るべきである。誰でも皆すっかり忘れてしまって記憶していない。

 しかしながら、自分の体はすでに具わっているのであるから、必ず心があるわけである。それで、いま試みに考えてみると、母胎内にあった心は、必ず同じ一つの純粋な気であって、善くも無く悪くも無く、ただ一つの霊妙な光明一良知・仏性一があるだけである。

 この心の霊光が現れて、まず最初に物の善悪を知りわける。この善悪は、すなわち是非である。それによって愛と敬とを知るに至るのである。考えてここに至ってみると、我が本性は天から受けたものであり、体は地から得たものであることがわかるであろう。


非常にわかりずらい表現で、理解するにはまだまだ修行が足りません。というか理解できるのか?

辞書引用
良知…《「孟子」の説から》人が生まれながらにもっている、是非・善悪を誤らない正しい知恵。

仏性…すべての生き物が生まれながらにもっている、仏となることのできる性質。仏のように情け深い性質。



簡単にすると、人は生まれながらにして、その心に是非・善悪を誤らない知恵を持ち、また、情け深さをもっているものだということなのでしょうか?


昨今企業では、心の病が広がっているようでその対応に専門家を置いている企業もあるそうです。

心の病と言っても一概にこれだ!というものはないものではないでしょうか?

でも、日本人としての心は失いたくないですね。

古人を友とする。

孟子の言葉に


「古人を友とする」という言葉があります。


また、吉田松蔭先生も同じ言葉を使われておりました。



とある方からこんなお話を伺いました。

それは、自転車置き場での話し。

A  B君、株を買うならどんな株を買う?

B  ん〜〜〜

A  僕だったらホンダの株を買うよ!

B  何でホンダの株なの?

A  ホンダにはドリームもあればベンリーもあるからね。

B  だから、ホンダの株なんだ。

A  だって本田宗一郎が言っているよ、


   ホンダは昔自転車操業だったから、じてんこうてんが大事だと。

B  そういばここは自転車置き場ですね。



古人を友とする。たくさんの古人を友達にしたいですね。

福島県が弘前大に内部被ばく検査中止要請

東京電力福島第1原発事故後、福島県浪江町などで住民の内部被ばくを検査していた弘前大の調査班に、県が検査中止を求めていたことが分かった。


県の担当者は事実確認できないとしつつ「当時、各方面から調査が入り『不安をあおる』との苦情もあった。各研究機関に『(調査は)慎重に』と要請しており、弘前大もその一つだと思う」と説明。


調査班は「きちんと検査していれば事故の影響を正しく評価でき、住民も安心できたはずだ」と当時の県の対応を疑問視している。


弘前大被ばく医療総合研究所の床次眞司(とこなみ・しんじ)教授らは昨年4月12〜16日、放射線量が高く、後に計画的避難区域に指定された浪江町津島地区に残っていた17人と、南相馬市から福島市に避難していた45人の計62人について、住民や自治体の了解を得ながら甲状腺内の放射性ヨウ素131を測定した。


このうち3人は2度測定。検査の信頼性を高めるためには3桁の被験者が必要とされ、その後も継続検査の計画を立てていた。ところが県地域医療課から「環境の数値を測るのはいいが、人を測るのは不安をかき立てるからやめてほしい」と要請されたという。(毎日新聞)


何故不安になるのか?

また、何故行政は隠しごとをすすめるのでしょうか?

不安をあおっているのではなく、何故不安なのか県民の立場に立って考えていないと思います。

これだけ、情報インフラが発展した現代、テレビやインターネットで様々な情報が飛び交っております。

調べようと思えば、かなりの情報が出てくると思います。それが真実か真実ではないかは別として。

一昔前であれば、情報統制も可能でしたが…


●マスコミ自体が、正式ではないにしても原発事故発生当時の情報統制があったことを指摘しております。

●speedyのデータ公開が成されなかったことに憤りを感じている人々は多いです。

●海外のマスメディアは、原発事故に対する日本政府・日本のマスコミの公表姿勢について非常に疑問視しており、原発業界にも癒着等があることを報道しております。


これだけ、真実を公表してくれない状況であるならば、不安になるのも当たり前だし、また自分や自分の家族を自ら守るしかないと考えるのは当たり前のことではないでしょうか?


国、行政機関やマスコミが反省もしておりません。


住民の命を守るべき立場にある県が、その住民の不安を解消することに専念せず、「知らなくてもいいんだ」という住民をバカ扱いしていることに憤りを感じます。


真実を公表すれば信用・信頼を少しでも取り戻すことができ、不安を解消できるのに。

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。