FC2ブログ

【津波に耐えた日本家屋】

白扇先生よりこんなお話を頂きました。




「津波で流されなかった家は、日本家屋が多い。そして地鎮祭をやっている」




今回の東北・関東大震災に於いて、津波は甚大な被害をもたらしました。


多くの家が津波に押し流され、がれきの山があちこちに散乱し見るも無残です。


しかし、そんな中にポツンと家が残ったりしています。


そのほとんどは、日本家屋。


1階は津波で、壁からふすまからまったく無くなっていますが柱だけは健在で、2階に避難していて助かったかたもおられるようです。


日本家屋は、大工さんが造った頑丈な家で、築40年の私の家も今日夜半にあった震度5弱の地震でもびくともしませんでした。


日本家屋の頑丈な造りには、感服します。


でも、日本家屋では建てる前に必ずやっていることがあると…





地鎮祭・棟上げ式・落成式。




昔から、意味いわれがあってやってこられと思います。


今はやりのパワースポットなんかとは全然違う!


先人が残してくれた習慣は、津波という大きな災害にも太刀打ちしてくれる大切なものに思えてなりません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR