FC2ブログ

放射能汚染も大変だが、政府の対応はもっと絶望的!

こんな記事がありました。


千度以上示す核物質、3月12日に検出していた
(2011年6月3日23時09分  読売新聞)


東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。

 経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

 事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。

 テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。
(以上記事終わり)


「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」

とのこと。


反省どころではなく、間違いなく殺人に近い。


日本を正しい方向に導く方向性を示さなければならない専門家の方が、このような発言をしてどうして今後発表するデータを信用しろというのだろうか?


放射能汚染も怖いが、このような専門家に舵取りを任せている政府の方がもっと怖い。


相変わらず「国難」を認識していないようです。


人の命がかかっているのに!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

情報公開

里山の人様。

最近、原子力災害のひどい状況が発表されおりますが、地震や津波の災害がひどくパニックを起こさないようにとの思惑もあったのではないかと思います。

アメリカは客観的に情報を入手しているように思えますが、しらないのは日本国民だけかもしれません。

放射能汚染

時の旅人様

各地で、かなり高レベルの放射性物質が検出されているようです。

原発の数キロ周囲では、本来飛来しないプルトニウムまで発見されたようです。

前代未聞の状況に思われます。

今の時期に・・・

今の時期にこのような情報を公表する事は今の政権に情報抑止力が無くなった証拠。

隠していたのは判っていたがこれから更に酷い状況になって行くのでしょうな。

何故このようになってしまったのだろうか?

後の祭り

放射能汚染は、もう手がつけられない状態になってしまっているのでは〓

誰かが責任を取れるような状況ではないのでは。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR