FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都の下水も放射能にやられています。

下記の記事が掲載されました。

【都の下水処理施設で高放射線量…避難区域に匹敵】
(2011年6月8日14時33分  読売新聞)

東京都大田区の下水処理施設内の空気中から、毎時約2・7マイクロ・シーベルトの放射線量が検出されていたことが、都の調査で分かった。

 計画的避難区域の福島県飯舘村の放射線量と同程度で、文部科学省によると、都内でこれほどの放射線量が検出されたのは初めて。放射性物質を含む汚泥の影響とみられるが、都は「検出場所は屋内。敷地の境界では問題なく、誤解を招く恐れがある」とし、調査結果を公表していなかった。


 都によると、この施設は都下水道局の「南部スラッジプラント」で、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却し、灰を東京湾に埋め立てるなどしている。都の5月の調査では、この施設の焼却灰から1キロ・グラム当たり1万540ベクレルの放射性セシウムを検出していた。


 今月6日、都が放射線量を測定したところ、焼却灰の仮置き場所となっている棟内の空気中で毎時2・693マイクロ・シーベルトを検出した。同じ日の飯舘村での放射線量は2・86マイクロ・シーベルトだった。同施設内の放射線量を1年分に単純換算すると約23・6ミリ・シーベルトとなり、計画的避難区域の対象となる年間積算量の20ミリ・シーベルトを上回る。


 都は、施設内の別の場所では毎時0・038マイクロ・シーベルトにとどまっていることなどから、周辺住民らへの健康被害の恐れはないと説明。作業員には手袋やマスクの着用を改めて指示したとしている。(以上記事終わり)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110608-OYT1T00603.htm より転記


放射性物質は、水で洗い流せるようですが洗い流した水(汚染水)が地中へ浸透したり、下水場へ最終的に集まったりで濃度が高くなると専門家の方にお聞きしました。

内部被曝でなく、少ない放射線量を長期間浴びた場合の健康被害はどのようになって仕舞うのか、どうやらその統計的データはないようです。

言い換えると、一時的であれば大丈夫かもしれないが長期で継続して放射線を浴びるのは明確に健康に影響ないとは言い切れないということではないでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関東平野は安心できないかも…

川崎住民様。

小田原では規制値を超えるセシウムか何か放射性物質がお茶から検出されたようです。

既に多くの産物で風評被害を含めた不買行動が起っているようです。

山梨はまだまだ平和ボケしているかもしれません。

あ~

私は川崎市に住んでいるのですが、東京都は隣りなので大丈夫か心配です。

子供も小学校へ行っていますが、心配ですね~
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。