FC2ブログ

天才と脳内の活動

今日NHKの朝の番組で、「天才の脳がどのような活動をするか」というテーマでその概略が放送されてました。


天才の一人・18歳で最優秀棋士賞を受賞した羽生善治名人とアマチュア棋士の脳の活動の違いを分析してました。


詰将棋の問題と答えを1秒間だけ見せた時の脳の活動を追っていると、人間の習慣をつかさどる脳の部分がアマチュア棋士はまったく活動してませんでしたが、羽生名人の脳は習慣をつかさどる脳の活動が見られたとのことです。


自分が目指すべき方向を習慣にできるよう心がけると、天才ではなく目指すべき方向に行けるのではないかと思いました。


【どうしたら人間はその一生を最良のものにすることができるか。ある経験をできるだけ広く意識化するこである】
アンドレ・マルロー「希望」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

戦前の教科書

戦前の教修身の教科書には、必ず昔の人物の話が出ておりました。
二宮尊徳・上杉鷹山・木下藤吉郎・ワシントン・ジェンナー・間宮林蔵・等等 国内・国内の賢人の話から、
「自分はこういう生き方をしたい」「こういう人になりたい」という、今では死語に近い 「志」を立てたのです。
佐藤一斉も言誌四録の中で、立志の部分には非常に力をいれていて、元服前に立志をと説いております。
「。。その炎はたとえ雪の中に入れても燃え盛るようなものに。。」と、
貴方の志は?そしてそれは今でも燃えていますか?

脳機能

最近よく、苫米地英人氏の話をラジオ等で聞きます。
脳機能学とかいうものの権威だそうで、話は非常に面白いです。http://www.tomabechi.jp/" target=_blank>http://www.tomabechi.jp/

Dカーネギーの理論を、脳機能として立証する様な事をよく言ってます。

苫米地氏によると、夢をかなえたいのなら、その夢の中の自分に成りきる事から始めるべきだ…と。最初は回りの人に可笑しいと思われるが、次第に回りがそうなっていく…と論じてました。
習慣という所とはちょっと違うかもしれませんが、ニアな気がしました。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR