FC2ブログ

放射線被曝による疾病の現実!

こんな記事が掲載されました。


福島の子ども10人、甲状腺機能に変化 信州大病院調査
【2011年10月4日 12時00分】


長野県松本市のNPO法人日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)と信州大病院が、福島県内の子ども130人を対象に健康調査をしたところ、甲状腺ホルモンが基準値を下回るなど10人が甲状腺機能に変化がみられていたことが分かった。
旧ソ連のチェルノブイリ原発事故(1986年)の被災地では、子どもの甲状腺がんが増えたことが知られているが、今回の調査結果が福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素と関連があるかどうかは不明。JCFは「さらに詳しく調査する必要がある」と指摘している。
130人は原発事故を逃れ、長野県茅野市に短期滞在していた生後6カ月〜16歳。7月末から8月末にかけ、希望者を対象に血液検査と尿検査、医師の問診を実施した。
 その結果、1人が甲状腺ホルモンが基準値を下回り、7人は甲状腺刺激ホルモンが基準値を上回った。甲状腺刺激ホルモンの増加は、甲状腺ホルモンの分泌が不足している状態を表している。
 他に2人は、甲状腺の組織が破壊されたときなどに濃度が高くなるタンパク質「サイログロブリン」の血中濃度が、基準値をやや上回った。
 甲状腺は、成長に関連する甲状腺ホルモンを分泌。放射性ヨウ素は、大人より子どもの方が甲状腺に集まりやすい。蓄積すると甲状腺機能低下症や甲状腺がんを引き起こす可能性があるが、機能変化が表れた子どもたちは、現時点では病気とはいえない状態だったという。(中日新聞)


引用記事
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011100490120007.html


以前、某大学のアイソトープ専門家の方にお話をお聞きしました。


放射線被曝によるがんの発症と通常のがんの発症の因果関係を、現代の医学では証明できない!


言い換えると、5年後に子供が甲状腺がんを発症しても、その要因は放射線被曝とは限らないので、国や東電は責任は負わないということです。


放射能による疾病の発症はまだ確認されておりませんので、政府の公式見解はありませんが、「国や東電は知りませ〜ん」という可能性が高いです。


国:被曝したあんたがいけないんだ〜
東電:そうだそうだ!


交通事故は貰い損ということを聞きますが、


放射線被曝も被曝損ということにならなければ良いのですが

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR