FC2ブログ

どこもかしこも安全とはいえない(横浜でも高い数値)

横浜でまたストロンチウム検出、市が調査拡大を国に要望へ/神奈川


【カナロコ 10月15日(土)0時0分配信】

 横浜市港北区のマンション屋上の堆積物からストロンチウムが検出された問題で、市は14日、高濃度の放射性セシウムが検出された同区内の道路側溝など2カ所の堆積物で、1キログラム当たり129ベクレルと59ベクレルのストロンチウムが検出された、と発表した。堆積物は除去済み。市は、国にストロンチウムの調査範囲の拡大を求める方針。

 ストロンチウムは体内に取り込むと骨に吸着し、内部被ばくが続く。半減期はストロンチウム89が約50日、同90が約29年。

 市放射線対策部によると、局地的にストロンチウムが検出されたのは同区大倉山5丁目の道路側溝と、同区新横浜3丁目の噴水の堆積物。道路側溝からはストロンチウム89と90が計129ベクレル、噴水からは計59ベクレル検出された。マンション屋上の堆積物については、「際立った数値ではなかったが、住人の総意が取れなかったので公表はしない」と説明した。

 9月の市の調査では、放射性セシウムが道路側溝で1キログラム当たり4万200ベクレル、噴水で3万5千ベクレル検出されたが、すでに撤去されている。

 市はストロンチウムについて「東京電力福島第1原発から飛来した」と認識。「福島で検出されている値と同レベル。危険性は現時点で判断できない」としている。

 今後は国に測定結果を情報提供するとともに、国が福島第1原発から半径100キロメートルで行っている調査範囲を拡大し、横浜市を含めるよう要望する。市内の徐染も継続していくという。(記事終わり)


記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111015-00000000-kana-l14



ホットスポットは各地に点在しているようです。




福島第1原発から遠いから安全という認識はこれで吹っ飛びました。叫び爆弾





千葉県柏市にある、個人が放射能を測定できるお店「ベクミル」も予約がいっぱいだとか…


「ベクミル」… http://bq-center.com/bqmil/






横浜市は専門性がないので国に調査を依頼しておりますが、これまでの行政の対応を見ると後手後手となっております。






結局「自分の身は人で守る」






国を守るのも、自衛隊はその先端ですが日本人が自ら国を守る意識がなければ国を守れません。






経済¥を優先にした「つけ」が回ってきているのではないでしょうか。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

相当な平和ボケです

首都圏は天然自然が身近にありません。

自然の大切さを完全に忘れています。

だから、人間としての営みで何が大切なのかを見失っている人達は多くいると思います。

Unknown

首都圏の人達は平和ぼけしているのでしょうか?
あまり心配していない人が多いような気がします。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR