FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学は何を教える。大学に行って何を学ぶ?

7月28日朝のNHKニュースで、ある大学で退学者が続出し経営が悪化しているとうニュースがありました。

その大学は、入学者に対して途中で退学する者が約3割になるそうです。
そしてその対策を披露しておりました。

?学生の居場所を作る。これまで学生が自由に集まれる場所がなかった。

?カリキュラムを学生主導(学ぶスピード合わせる)にする。
 大学に来るのが楽しくなるための授業を進める。

?先生が授業をする際、今の若者の言葉を使用し内容の理解を広める。



一見、良い対策のように思いますが、いずれこの大学は無くなることでしょう。
それは・・・


?大学が何を学生に伝えていくか、その誇りと自信を感じない。


?先生が教える側としての誇りを持っていない。
「社会に出れば学生言葉は通用しない。」


?経営主体で、学生がお客さんになって仕舞い教育の本文を忘却している。


上記思い当たる事由により、今後入学してくる学生はもっと意志の弱い学生が入学し、悪循環を起こして大学の学風は余計さびれていく。

よって、その大学の存在意義そのものが社会から問われるのは時間の問題に思います。


少子化に向けて、大学だけでなく私立を含めた教育機関【学校】を運営していくことは大変なことだと思いますが、教育機関はその施設、利便性などで教育が成り立つのではなく、あくまでも先生と生徒、教授と学生が校風をつくりあげるのではないでしょうか。


その結果、卒業生は母校に誇りを感じ、近隣の人達はその大学を誇りに思い、近隣に住む進学を控えた子供のいる親は自分の子供をその大学に入れるよう促すのではないでしょうか。


人の教育もしなければ例え資金を投入しても運営が悪化するのは必然のように思います。


日本の著名・有名な大学は沢山ありますが、はたして大学創設の趣旨に沿った心ある教育を行っている大学はどれくらいあるのかと思うと嘆かずにはいられません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

教育勅語

戦前の教育を知る人は、少なくなってきました。

私達は、それらの先輩の書物で知る機会が多くあります。

先日、教育勅語を読みましたが、

父母ニ孝ニ、
兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ

という文に心打たれました。

大学の高等な学識を学ぶ前に、人としての教養を身につけることは大切なことだと、人生半ばにして思う今日のこの頃です。

人としての教育

強い意思や目的を持つ学生を育てるには、大学に入る以前に、それまでの人生家庭においての躾や生きてゆく力などの教育が不可欠です。

大東亜戦争後、日本の教育は狂ってしまいました。
これは当時のGHQの方針や、日教組が誕生した事により、教師にも思想が出来てしまったからです。

良い大学生を生む為には、それまでの本物の教育が不可欠だと考えます。

そこまで遡らないと現状を打破する事は難しい事でしょう。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。