FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ「告日本國」? 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

ポール・リシャールをご存知でしょうか?

ポール・リシャールは、フランスの詩人、弁護士、キリスト教の牧師で、彼の生涯は、東西の精神文化の交流と人種差別撤廃の活動に捧げられました。


20世紀初頭、西欧文明に行き詰まりを感じていたリシャールは、西欧文明の欠点を克服するには東洋の精神に学ぶしかないと考え、全ての事業をなげうって、アジアへの旅に出ました。


大正5年(1916)に日本を訪れた彼は、約4年間の滞在期間に、日本の愛国者たちと交友を結び、彼らに多大な影響を与えました。


大正8年に、第1次世界大戦後のパリ講和条約で、国際連盟という第1次世界大戦の反省をもとに設立された世界的組織で、日本は世界史上初めて人種差別撤廃案を提案しました。


日本国内では人種差別撤廃を求める期成大会が行われるなどの動きが高まりました。これに感激したリシャールは、大会の決議文をフランス語に翻訳して、各国の指導者に送るなど、人種差別撤廃の実現に努めました。


しかし講和会議では、日本の提案は米英により不当にも否決されてしまいました。


リシャールは大正9年に日本を去り、その後は長くインドに居住しました。彼は、西洋人でありながら、インドの宗教哲学者オロビンド・ゴーシュの弟子となり、東洋の精神的伝統の実践・伝道に努めたそうです。


リシャールが滞日時代に書いた『告日本國』(大正6年、1917)という書籍があります。


この書籍は日本の世界史的使命と日本人への期待が歌われており、日本人でないが故に冷静に日本を分析し、


「世界(特に白人)と比較した日本人のすばらしさ」



「すばらしさゆえの世界に対する日本人の大業(義務)」


を書いております。


この書籍は世界の状況と日本の伝統・文化を冷静に分析し、日本が取るべき方向性を示していると言っても過言ではありません。


その原文が入手できましたのでシリーズでアップしたいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。