FC2ブログ

アメリカでは公務中であれば交通事故で人を殺しても免停5年のみ!

<那覇地検>米軍属男性の一転起訴を検討 死亡事故巡り


毎日新聞 2011年11月24日(木)】



 


 在日米軍で働く民間米国人(軍属)の20代男性が1月、沖縄市で日本人の男性会社員(当時19歳)を死亡させた交通事故を巡り、那覇地検は日米地位協定に基づき「公務中で日本に第1次裁判権がない」との理由で不起訴処分にした軍属の男性を、一転して自動車運転過失致死の罪で起訴する方向で検討に入った。那覇検察審査会が5月、「起訴相当」と議決したことを受け、再捜査していた。再捜査期限の25日、最高検など上級庁と最終協議して決定する。

 日米地位協定を巡っては、この事故をきっかけに沖縄県民の反発が強まり、米軍属が公務中に事件や事故を起こした場合も、日本の裁判所で審理ができるよう運用を見直す方向で日米両政府が最終調整している。その中で那覇地検は、「公務中には当たらない」として起訴すべき事案と判断したとみられる。

 地位協定17条は米軍人・軍属の起こした事件の第1次裁判権について、公務中は米側、公務外なら日本側にあると規定。公務中であるかどうかの判断は日本側が行っていたが、06年以降は米軍が「公務証明書」を発行すれば、事実上、日本側の第1次裁判権は失われていたとされる。

 このため06〜10年に日本国内で62件あった公務中の軍属の事件・事故は日本の裁判にかけられなかった上、米側の「懲戒処分なし」となったケースが約4割に上った。

 こうした問題を背景に、日米間の協議は協定の運用を見直す方向で進められている。在日米軍人や軍属がパーティーなどの公的行事後に起こした飲酒交通事故も、日本で裁判を行えるようにする方針だ。ただし、米国は韓国などとも地位協定を結んでおり、「他国にも影響が及ぶ協定改定に踏み込むのは難しい」(日米外交筋)として、いずれも運用改善で対応する。

 事故は沖縄市比屋根の国道で1月、米軍属男性の車が対向車線にはみ出し、愛知県東海市の男性会社員の軽乗用車に衝突、会社員が死亡した。沖縄県警は軍属男性を同容疑で書類送検し、那覇地検は3月、勤務先からの帰宅途中で公務にあたるとして軍属を不起訴とした米軍は運転禁止5年間の懲戒処分としていた。(記事終わり)


 

記事リンク



 


 

日米地位協定って?


 

いまだに侵略した特権?


 

アメリカ本国では、交通事故で人を殺しても免停5年で済むのか?


 

明治時代に鎖国を辞め、世界各国と条約を結んだ時に不平等条約を結ばれどれだけ私達の先人が苦心したか…


 

だから、国際連盟で史上初めて人種平等を提案した日本!


 

真っ先に反対したのは、アメリカ・イギリスでした。


 

アメリカは正義で自由の国だって?

 

それは真っ赤なウソではないでしょうか。


 

ユダヤ人を助けた杉原千畝も草葉の陰で泣いています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR