FC2ブログ

黒人が大統領になった矛盾(アメリカ)

先ほどの日米地位協定による日本人に対する治外法権は、未だに侵略した特権をアメリカが保持している証拠でした。

そのアメリカ合衆国はどのように建国されたのでしょうか?


黒人を奴隷にし、原住民(インディアン)などを不法に殺して「フロンティアスピリット」という大義のもと、建国されたアメリカ合衆国


奴隷にされた黒人の子孫が、今の大統領です。



キング牧師の有名な演説で


「私には夢がある。


いつの日にか、ジョージアの赤土の丘の上で、かつて奴隷であった者たちの子孫と、かつて奴隷主であった者たちの子孫が、兄弟として同じテーブルに向かい腰掛ける時がくるという夢が。」



キング牧師、黒人が同じテーブルにつくどころかアメリカの第44代大統領になりましたよ。




建国そのものの歴史を自ら否定したアメリカ、その矛盾と犯した過ちに未だに気付きません。というか白人が黒人に詫びる気がありません。


詫びて初めて前に進めるものを。


自由の国アメリカ、民主主義の国アメリカ、人種のるつぼのアメリカ


自由であっても、道義は軽視されている。


アメリカはうそにうそを塗り固め、いずれ崩壊するのではないでしょうか?


ま〜日本国憲法も占領軍によって2週間くらいで作られた欠陥憲法だと言われていますが、日本も未だに占領軍の名残が残っております。



家族愛を大切さを見せた「シェーン」


大義のために自らを犠牲にする心を見せた「アラモ砦」


アメリカと言う国の為に殉じたアメリカの先人たちは、今のアメリカを望んでいたのでしょうか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR