FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ「告日本國」8 【フランスの詩人 ポールリシャール著書】

『告日本國』の原文の続きです。


現代文に訳してみましたが、専門家が行ったのではないのでその訳が不適切であるかも知れませんので、ご了承下さい。


【原文】
此等両宗教の眷顧の下に、或は己が祭壇を築かんがため、或は之に接觸して和らげられんがため、或は浄くせられんがため、爾餘の諸々の宗教その四囲に群り来らん。而して汝は過去に於て東洋の宗教を受けたる如く、今や西欧の宗教を受けたり。西欧の一切、その中に渾融し、猶太、希臘、羅馬、乃至新世界の喧騒裡に、愛の声その中に響き渡る。一は人の神たらざる可からざるを教へ、他は神の人たり得べきを教ふ。然れども今や一切悉く帰一して、更に完全なる将来の宗教を形成すべきを悟るの要なきか。そは今や至聖の無限者を拝するに当りて、一切の過多の儀礼を無用とするの日、既に近づきつ々あるが故なり。嗚呼天つ日の児よ、一切の宗教は汝に相集れり、是故に彼等は汝によって統合帰一の実を見、光明の祝祭を挙げられんことを待ちつ々あり。
其岸は一切の岸に開かれて之を擁する国よ。その思想は一切の思想に向って之を調和する国よ。世界が其の放射せる精神の光を求めつ々あるが如く見ゆる国よ。汝は人道の希望より生れたり、人道の実現に対する希望より生れたり。
汝の體軀と心神とは如是にして成りぬ。汝の體軀は狭き島の如く精力集注せられ、汝の心は大洋の渺茫たるが如く広濶なり。




【現代訳】
これらの両宗教(日本以外の宗教)をひいき目に見ても、ある者は自分の祭壇を築こうとする為に、ある者はこれに触れ合って苦しみを和らげてもらう為に、ある者は心によごれがないようにする為に、その他のもろもろの宗教が四方から取り囲み群がり来るのです。そして、あなたの国は過去に於いて東洋の宗教を受けたかのように、今や西欧の宗教を受けているのです。西欧の全てが、その中に入り混じって一つとなり、ユダヤ、ギリシャ、ローマ、あるいはまた新しい世界の喧噪のなかに、愛の声がその中に響き渡るのです。一つは、人は神様にはなれないことを教え、他は神様が人として何が大切かを教えている。しかしながら、今やことごとくすべてが一つに帰り、更に完全な将来の宗教を形成することを悟らなければならない。今やこの上なく智徳の優れている果てしない人々をお見受けするに当たり、全ての過剰な儀式が無用とされる日が既に近づきつつあることがわかります。ああ、皇室を尊ぶ人達よ、全ての宗教はあなたの国にそれぞれ集まり、彼らはあなたの国によって統合され一つに帰ることが現実となり、希望の祝いと祭りを挙げられることを待っていることでしょう。(周囲を海の囲まれ)岸が全ての国の岸に開かれているその国土を有する国よ。その思想は全ての思想に向かってこれを調和する国よ。世界があなたの国から放たれる精神の光を求めつつあるように見える国よ。あなたの国は人が通るように定められた道の希望から生まれ、人として守り行うべき道が実現されることに対する希望から生まれたのです。
あなたの国の身体と精神は、このようにして成ったのです。あなたの国の身体は狭き島のように精力が集まり注がれ、あなたの国の心は広く果てしない海のように開けているのです。



【解説】
シリーズ7でもありましたように、世界の戦争の歴史は宗教戦争の歴史と言っても過言ではありません。しかし、日本は昔から神道があり、伝来した仏教を受け入れ、開国した現在(大正時代)は西洋の宗教をも含もうとしている、そのような西洋文化では考えられない思想を持っている日本が、各国が盲目的に受け入れてきた宗教による思想を調和し、新たな時代を築くべき時が来ていることをポールリシャールは言っております。なぜそのような事ができたのか、それは

●皇室と言う世界に例のない国の代表を長い歴史の中で尊んできたこと。
●島国であるが故に、他国との距離を一定に保ち、世界のあらゆる国がそれぞれ国家間の戦争の歴史をたどるなかで、日本は国内で武士道や儒学などの人が正しく歩むべき道が追及され、小さな島国であっても、人としての心が広く、智徳の優れた人々が育まれたこと。
●信仰をなしていることによって、世界のあらゆる宗教の過ちを正すことができること。

等を挙げております。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。