FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売り物は検査せず自家消費用に検査したらセシウム検出(福島の農家)

規制値超農家のもち米を販売=4〜17日店頭に−福島の直売所
【時事ドットコム 2011/11/29】


福島県伊達市のコメ(玄米)から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題で、生産した農家のコメを扱っていた同市の直売所の男性代表(63)が29日、取材に応じた。男性は4〜17日に農家のもち米を店頭に並べていたと説明し、「県の『安全宣言』で大丈夫だと思って売った」と話した。



 男性によると、旧小国村地区の農家が4日に1袋1.5キロ入りのもち米を12袋持ち込んだ。このうち6袋は販売されたが、16日になってこの農家が白米にした自家消費用コメを市の支所で検査したところ、セシウム濃度は規制値を下回ったものの、かなり高い値だったため、17日に持ち帰るなどしてもらったという。
 販売済みの6袋については購入者が分からず、県が所在を確認中。男性は直売所に回収を呼び掛ける張り紙を出すことを考えている。(記事終わり)


記事リンク
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011112901027


全量検査することは、コスト的にも大変だと思いますが、サンプリング検査がうまく機能しなければ信用回復も時間がかかると思います。


「県」という行政機関が「安全宣言」を出しても、このような結果だと県の信用も落ちてしまう。


一生懸命対策をされている人だけではなくて、農家全般で対策を講じないと、長〜い信用失墜になりかねません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

mさま。

ある方から言われました。政治は政治家がやっているのではない。納税者がやっていると…

政治家に対して互いに私利私欲で付き合ってきたつけが国民に返っているだけに思います。

民心の低下は、国力の損失異常に国の存在を危険にさらします。今の日本はそれに近い状況であり、有史以来の国難を迎えていると言っても過言ではないと思います。

Unknown

安全宣言をした県は、どうやって責任をとるのか。対処の仕方によって信用度が変わる。「安全宣言しておけばいいだろう。セシウムが出なければいいのだから、たぶんでないよ。との思いが透けて見える。そうでないのなら、責任の取り方を示すべき。国や県の宣言なんてご都合主義であることが知れ渡っているこのとき、政治や行政の言葉の重みが問われる。武力でなく言葉で戦うのが政治。その言葉に威力がないのなら戦にならない。被害は国民に付け回し。有権者、政治家を選び育てろ。マスコミに任してはいけない。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。