FC2ブログ

政界と東京電力の癒着(民主党)

東電マネー 政界浸透 労組から民主へ 16地方議員に1億円
【東京新聞 2011/12/01】


全国の労組系の政治団体で最大の収入を誇るのが「東電労組政治連盟」だ。一〇年は、国会議員とは別に、民主党を中心とする地方議員ら十六氏側に計約一億八百万円を寄付していた。〇九年は三氏側に約九百万円だったのと比べると、支出額は十二倍にはね上がった。今春の統一地方選を前に、支援を強めたとみられる。



 一〇年の寄付先は、福島、新潟、静岡の原発立地県のほか関東の六都県で県議や区議、市議の後援会などに平均で約六百七十八万円を支出。最高額は、統一地方選で初当選した東京都練馬区議の石黒達男氏側で、千四百九十七万円だった。練馬区議の年間報酬額を上回る。東電労組出身で民主党公認だ。




 議員側への資金提供は、ほかにもさまざまなルートで行われている。東電労組政治連盟は十二都県の支部に計約一億四千万円を支出。支部から地方議員に寄付しているケースもある。




 神奈川県支部は、民主党の横浜市議ら三氏側に計約千二百万円を寄付。東京都支部は、東電の支店内にある別の政治団体に支出し、この政治団体から区議三氏側に五十万円ずつ配分していた。なぜ、こうした形を取るのかについて、この政治団体は本紙の取材に答えなかった。




 東電労組などは、労組出身議員を「組織内議員」と呼ぶ。電力各社の労組が加盟する電力総連の組織内地方議員は、〇九年十二月時点で全国百五十七人に上る。




 東電労組政治連盟は、上部団体の電力総連政治活動委員会にも、負担金として約千八百万円を支出。同委員会は、一〇年の参院選で再選した民主党参院議員で、東電労組出身の小林正夫氏側に二千六百五十万円を寄付するなどした。




 東電労組政治連盟は本紙の取材に「(寄付と)政権交代は関係ない。民主党の議員というより、組織内議員を支援しているつもりだ」と説明。電力総連は「電力総連は民主党を基軸に国政をみて、地域はそれぞれの電力労組が担当するという仕切りをしている」としている。



記事リンク
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011120102000050.html



こんなの氷山の一角では…


電気使用量だけでなく、様々な税金も東電に流れていないのかな?


天下りや利害関係企業など東京電力を中心とする利権構造の在り方は、日本の競争力低下と無駄な税金の使用そして電気使用料の高騰を招いているのではないでしょうか?



 


ま〜自民党も原発関連ではだいぶ儲けたと思いますが…



 


日本のための政党ではなく、政治家のための政党、



 


日本のための企業ではなく、私利私欲の企業。



 


こんな仕組みは早く壊した方が世のためです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

政治は政治家でなく納税者が行っていると教わりました。

納税者が税金の使い道に無頓着で、勝手気ままに使われていることに対して腹を立てずにいる。

まったく馬鹿にされていると思いますが、mさんの言う通りで、有権者が馬鹿だからと思います。

Unknown

国民は政治にあまりに無知です。無知というより「面倒だから」あいつらが勝手にやってる」など逃避しています。政治の有効性を知っている「業界」はそこにつけ込みあんなことこんなことをしてます。自分たちの税金、未来を削り取られているのです。つけは自分にまわってきます。身近な地方議会からしっかり監視するべきです。政治家が一番怖いのは選挙です。白票でも自分の名前でも何でもいいから、投票に行くことです。高投票率は政治家への威嚇になります。大阪市長選挙がよい例です。中央政党の馬鹿さ加減がよくわかるでしょう。こうなったのも有権者が馬鹿だからです。政治家に馬鹿にされてるんですよ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR