FC2ブログ

感謝 「ありがとう」

当たり前の事ですが、感謝をする事を忘れていませんか。


 


身近な所では家族であったり友人であったり、仕事に関わる人達であったり、趣味の中まであったり様々な場面で人に助けられ支えられ、又は自らも人を助け支える人もいる事でしょう。


 


「御陰様」という言葉があります。


これは感謝の気持ちの最上級の言葉だと思います。特定の人ではなく世の中に対しての言葉として「御陰様」という言葉が存在するからです。


会社を経営している人、団体を率いている人等は、事務所に神棚があり、場合によってはお稲荷さんを祭祀しているところもあるでしょう。この目に見えない存在にまで感謝の気持ちを表せる言葉が「御陰様」です。


 


感謝の気持ちを持つ事で、その人の表情や声色が優しく柔らかくなります。


その感謝の気持ちを受ける対象者が、その気持ちを受取る事により双方が幸せな気持ちになります。


 


・感謝したいと思う


  ↓


・気持ち


  ↓


・自分の心


  ↓


・相手の心


  ↓


・相手に伝わる


  ↓


・ああ、良かった。


 


 


これは人でも動物でも虫でも植物でも見えないものでも伝わるものです。


攻撃的な人からは、「殺気」というものを感じ取ります。


「気」です。


「気」は「心」に届き、相手の「心」が身構え、脳に指令を出し、脳が相手からの攻撃に対しての防御をするようになります。


これは殴る等の攻撃だけでなく、言葉による暴力でも同じ事です。


 


感謝の気持ちというものは、受け取って気持ちの良いものであります。


そのような人の周辺には、同じような人が何故か集まってきます。


「ありがとう」という言葉を自然に使えるようになれば、今まで「ありがとう」を言えなかった人も、自然に「ありがとう」と言えるようになります。


 


「ありがとう」が言える人に根っからの悪い人はいないと思います。


「ありがとう」が言えない人は、人に対しても感謝の気持ちを持つ事が出来ず、結果的に人を遠ざけてしまう事になります。


 


「心」で感謝の気持ちを持ちながら行動や言葉をする事で、今まであまり良いことが続かなかった人も、少しずつ好転して行くものと思います。


 


さて、日本人は「御陰様」という言葉を使いますが、森羅万象に対しての感謝の気持ちを持つ人が減っています。


八百万の神々様が鎮座されているのが日本国であります。


何処に行くにも神様が御守りされています。


昔の日本人はその事を感じ取り、「御陰様」という言葉を用いていました。


 


 


人以外にも感謝の気持ちを持ってみませんか。


明日から見えてくるものが変わってくると思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR