FC2ブログ

赤穂浪士の遺書

「手柄立てて死ねれば幸せ」 赤穂浪士の自筆?遺書発見
【産経新聞:2011/12/14日】


 元禄15(1702)年12月14日、吉良邸に討ち入りした赤穂浪士四十七士の一人で、岡山県津山市出身の茅野和助(かやの・わすけ)(1667〜1703)の自筆とみられる遺書が同市内で発見された。討ち入りの覚悟と、残す家族への思いなどがつづられている。


 遺書(縦29センチ、横38センチ)は当初の討ち入り予定日の前日、12月5日の日付で、兄弟に宛てて書かれており、「手柄を立てて死ねれば幸せだと存じております」と、討ち入りの覚悟とともに「母上様に孝行を尽くされ、兄弟仲良く…」と、家族を気遣う文面もある。


 「(甥の)武次郎を取り立てて一人前にしたいと存じておりましたが…」と、心残りを感じさせる一文は、和助の遺書の写しが採録されている昭和6年の「赤穂義士史料・下巻」には書かれておらず、地元では真筆への期待が高まっていた。


 遺書は同市で医家を営んでいた仁木永祐(1830〜1902)の生家から発見され、調査を委託された津山洋学資料館(下山純正館長)が同市出身で東大史料編纂(へんさん)所の山本博文教授に鑑定を依頼。出身地で見つかったことや文書の構成などから「和助の自筆の可能性が高い」と判定された。


 茅野和助は津山藩の森家に仕えていた父が政争に巻き込まれて追放されたため、赤穂藩の浅野家に仕官。討ち入り時は36歳(切腹時は37歳)だった。得意の弓を持って吉良家裏門から攻め入った−と伝えられている。遺書は同館で展示されている。(記事終わり)


記事リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000135-san-soci



元禄15年の昨日、吉良邸に赤穂浪士47士が討ち入りしました。


それから309年、現代まで日本人に語られている赤穂浪士の討ち入りは「忠臣蔵」として歌舞伎・映画やドラマなどで見ることができます。


今年の12月14日は「忠臣蔵」のドラマはありましたでしょうか?


「忠臣蔵」や「水戸黄門」など時代劇に繁栄されている古き良き日本人の心が年々薄れていることに危機感を覚えます。



虎は死して皮を留め人は死して名を残す


赤穂47士は、元禄16年2月日に切腹しその体は死にましたが、300年経った今でも名を残しております。



大石内蔵助の辞世の句


あら楽し 思いははるる 身は捨つる 


    浮世の月に かかる雲なし                    



自分が死ぬ前に「あら楽し」と言うようなことをとても言えるものではありません。


昔の人の生き様は、私達に人生を教えてくれているのだと思います。


ちなみに



浅野内匠頭長矩(大石内蔵助の主君)の辞世の句


風さそう 花よりもなお 我はまた 

    春の名残りを 如何にとやせん



忠義は道義であり人の道であるとある方から教わりました。


日本人が日本人の心を取り戻せますように。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR