FC2ブログ

野田総理 従軍慰安婦で人道的誠意を考えるならば東京裁判も同じに訴えて下さい。

首相 慰安婦問題に人道的対応検討
【NHK:2011/12/18】


 日本と韓国の首脳会談が、18日、京都で行われ、いわゆる従軍慰安婦の問題について、イ・ミョンバク大統領が、日本政府に前向きな対応を促したのに対し、野田総理大臣は、法的には決着済みだという立場を示す一方で、人道的な見地からの対応を検討する考えを伝えました。


 野田総理大臣とイ・ミョンバク大統領は、これまで度重なる会談で信頼関係を築いてきましたが、18日の会談では、両国の火種とも言える従軍慰安婦の問題が、急きょ、取り上げられ、厳しい歴史を抱える日韓関係の難しさが改めて浮き彫りになりました。


 会談の冒頭で野田総理大臣は、「日韓両国は共にアメリカの同盟国であり、基本的な価値や東アジアの平和と繁栄という理念を共有している。大統領との個人的な信頼関係や活発な国民レベルの交流を基礎として、重層的で未来志向の日韓関係を構築すべく協力していきたい」と述べ、あくまで未来志向で日韓関係を発展させていきたいという考えを強調しました。


 これに対してイ・ミョンバク大統領は、「両国関係の障害になっている従軍慰安婦問題を優先的に解決する真の勇気を持たなければならない」と、報道陣の前で従軍慰安婦の問題を切り出し、日本政府に前向きな対応を促しました。これを受けて野田総理大臣は、法的には決着済みだという立場を示す一方で、人道的な見地からの対応を検討する考えを伝えました。そして、ソウルの日本大使館の前に慰安婦問題を象徴する少女の銅像が設置されたことについて、「誠に残念だ」と述べ、速やかに撤去するよう要請しました。会談のあと野田総理大臣は、記者団に対し、「従軍慰安婦の問題については、わが国の法的立場は決着済みということを、まず申し上げた。一方で、人道的な見地から、これまでもさまざまな努力をしてきたし、これからも知恵を絞っていこうと話した」と述べました。野田総理大臣としては、大局的な観点に立って日韓関係を発展させたい考えですが、両首脳とも、国内の政権基盤に揺らぎも見え始めていて、従軍慰安婦を巡る問題は、両国関係の進展に影を落とすことになりそうです。(記事終わり)


記事リンク
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111218/t10014722501000.html



 既に、従軍慰安婦問題両国の条約により解決している問題を、相手からまた言ってきていること自体誠意のない発言と言えるのではないでしょうか?


 尚更、、「両国関係の障害になっている従軍慰安婦問題を優先的に解決する真の勇気を持たなければならない」という言葉を公式に日本の総理大 臣に伝えていることは、脅しにも似ており、両国関係の発展を妨げているのは日本だということを暗に言っているにすぎません。


 こんな言葉を言う大統領の言葉をうのみにした、野田総理大臣の総理大臣としてではなく日本人としての資質が問われております。


野田総理大臣、早く辞表を提出して下さい。


個人的には次期総理大臣に櫻井よし子氏を推薦したいのですが…


法律的に既に結果がでており、人道的誠意を望むのであれば、極東国際軍事裁判(東京裁判)に於いて裁かれた「人道的罪」に対して、一方的な裁判で日本は裁かれており、それをやり直すことを韓国が国連にうったえるのが筋ではないでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どじょう

いい意味で掴みどころがなければよいのですが、野田総理は悪い意味で掴みどころがありません。

外圧に断然弱い。

何故、韓国大統領の言いなりなのか。

早くやめてほしいと思います。野田総理のお父さんは自衛官だとか。お父さんはどうおもっておられるのでしょうか?

Unknown

どじょうのようにヌルヌルとつかみ所のない総理大臣ですね。
まずは日本のどじょうをしっかりさせる事が先決なのではないでしょうか。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR