FC2ブログ

給食の牛乳から微量のセシウム 健康に影響なし 世田谷/東京

給食の牛乳から微量のセシウム 健康に影響なし−−世田谷 /東京
【毎日新聞:2011/12/21】


 世田谷区は20日、区立小中学校と保育園の給食で提供されている牛乳から極めて微量な放射性セシウムが検出されたと発表した。微量であるため健康に影響はなく、牛乳の提供は続けるという。


 区によると、今月に入り5回にわたって検査し、5日に採取した分からセシウム134が1キロ当たり2・8ベクレル、セシウム137が同3・5ベクレル検出された。他の4回は検出されなかった。


 世田谷区は6月から給食の牛乳の放射性物質測定を実施。11月分で初めて微量の放射性セシウムが検出されたため、追加措置として今月も週2回、定期測定をした。牛乳は同じ業者から一括して仕入れ、区内の全94校の給食に提供されている。(記事終わり)


記事リンク
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20111221ddlk13040297000c.html


 
 世田谷区では、東日本大震災以降市民団体が放射線線量検査を自主的に行っている地域です。


微量ですが放射線が検出されました。


とある県の県知事は「そんなことしなくていい」と言いきっている無責任な県知事もいる中で、検査して健康的に大丈夫であれば保護者の方も安心だと思います。


世田谷区でも微量検出なので、世田谷よりも福島第1原発に近い自治体で検出されることあると思います。


何もせずに根拠もなく安心だと言っているより、検査して検出できなかったまたは微量だったという方が、どれだけ地域住民に安心をもたらすか?


そんなこともわからない行政機関に何故税金を払わなければならないのか?


納税の義務を行っているが故に、住民の安全を守る義務を行政は果たしていかなければなりません。


なぜならば、そのことを日本国憲法にうたってあるからです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR