FC2ブログ

泣いた赤おに

つい最近知りました。


ちまたでは、「泣いた赤おに」という物語(童話?)がはやっているとか…


【物語の内容】

 山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、自分の家の前に、

「心のやさしい鬼のうちです。どなたでもおいでください。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。」

と書いた、立て札を立てました。


 けれども、人間は疑って、誰一人遊びにきませんでした。赤鬼は悲しみ、信用してもらえないことをくやしがり、おしまいには腹を立てて、立て札を引き抜いてしまいました。そこへ、友達の青鬼が訪ねて来ました。青鬼は、わけを聞いて、赤鬼のために次のようなことを考えてやりました。


青鬼が人間の村へ出かけて大暴れをする。そこへ赤鬼が出てきて、青鬼をこらしめる。そうすれば、人間たちにも、赤鬼がやさしい鬼だということがわかるだろう、と言うのでした。しかし、それでは青鬼にすまない、としぶる赤鬼を、青鬼は、無理やり引っ張って、村へ出かけて行きました。


 計画は成功して、村の人たちは、安心して赤鬼のところへ遊びにくるようになりました。毎日、毎日、村から山へ、三人、五人と連れ立って、出かけて来ました。こうして、赤鬼には人間の友達ができました。赤鬼は、とても喜びました。しかし、日がたつにつれて、気になってくることがありました。それは、あの日から訪ねて来なくなった、青鬼のことでした。


ある日、赤鬼は、青鬼の家を訪ねてみました。青鬼の家は、戸が、かたく、しまっていました。ふと、気がつくと、戸のわきには、貼り紙がしてありました。そして、それに、何か、字が書かれていました。


「赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。さようなら、体を大事にしてください。どこまでも君の友達、青鬼。」


赤鬼は、だまって、それを読みました。二度も三度も読みました。戸に手をかけて顔を押し付け、しくしくと、なみだを流して泣きました。

おわり


童話作家:濱田廣介(はまだひろすけ)作だそうです。


大正時代には、唱歌が多く作られ「ふるさと」「どじょっこふなっこ」などが文部省の小学校唱歌として歌われてきました。

あらためて、おとぎばなしや童話を読むと自分が忘れていた大切なものを思い出したり、その時は気付いていなかったことを気付かされたりしました。

足柄山の金太郎では、金太郎が動物たちと仲良く遊んでいる場面で、次の言葉を言っております。

「山はみんなものだよ」

山は水を蓄え、栄養を下流や海に与え、また酸素を放出するかけがえのない存在!

山そのものの土地は所有者のものですが、そこで息づく自然の生業は決して土地の所有者だけのものではないこと。

便利な世の中になったからこそ、忘れているなにかを思い出さなくてはと強く思う今日この頃です。

誠心館のホームページに「おとぎばなし」を掲載しましたので、昔を思い出して改めて読んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR