FC2ブログ

感謝をされる(する)

人から感謝をされるというのは実に嬉しいものです。


 


感謝をされるには、それなりの理由があります。


些細な事でも、大がかりな事でも感謝には変わりはありません。


 


感謝を受け取るには、言葉がまず上げられます。


「ありがとう」


「助かった」


「御陰様で」


「難儀をかけた」


 


言葉以外にも、お辞儀、礼、握手、お礼の品を上げる等、感謝をする側の態度があります。


 


これらを総合的に判断するのは、それらの言葉や行為に対し「心」があるか無いかです。


相手の「心」が受け手の「心」に伝わると、お互いに「心」が伝わり、信頼・信用をする事が出来ます。


これは互いの「心」が認め合ったという事です。


 


反面、感謝の言葉に「心」が入っていないと、受け手も「?」という反応をしていしまいます。


これは「心」が伝わっていないので「心」を受ける事が出来ないという事になります。


 


私は職業柄、感謝の言葉を述べられる事が多いのですが、その殆どに「心」がありますので、次回困った時にも「協力してあげよう」という気持ちになります。


その姿を周囲の人達はよく見ていますので、職業といえども善行になるのだと思います。


 


案外、些細な事を解決してあげても、頼んだ相手にとってはどうにもならない事というのが多いというのも、田舎に来てから様々な場面で経験しています。


 


孤独というのは、自分を試すのには良い環境です。


しかし、孤独を乗り越えるには自らが孤独でない環境を創り上げる事が不可欠であります。


 


都会の人は孤独に感じる事があります。しかしそれは孤独ではなく「無関心」であります。


他人に無関心なので、自分の事のみを考える訳です。これは今の日本の社会や企業に言える事ではないでしょうか。


 


今の自分(会社や社会を含め)が、どうして存在しているのかという事を根本的に知る必要があるのではないでしょうか。そこに今の日本が国難を乗り越えて行けるヒントがあるのではないかと思います。


 


日本は八百万の神々様が鎮座されており、昔の日本人は自然を活かし、自然に感謝し、自然と共に歩む生活を営んできました。しかし、人間がそれらを汚してしまい、取り返しのつかない事をしてしまっています。放射能汚染などはその代表的な例です。


 


自然に感謝をしていると、自然からの返礼があります。


自らが自然相手に作業をする時に、作業をする最善の環境を自然が整えてくれるという事です。


これは天候、風、気温等々、自然が人間に答えてくれます。


人間は、それに対し感謝をする事で、自然と持ちつ持たれつという共存という関係を築きあげて行く事が出来ます。


 


日頃から、自然や人に対しての感謝の心や気持ちを持っていなければ、自然や人からの感謝の心や気持ちに気がつく事が出来ません。


自然は人間が真剣に自然の事を考え何かを実施しようとすると、かならず何かしらの形で答えを出してくれます。


 


 


これを感じ取る心を作るのは日常生活でしか心を鍛える事が出来ないと思います。


また、五感全てを使ってこれらを感じる事が出来るようになるには時間がかかります。


 


 


全ては感謝のする気持ちを持つ事で、感謝をされるようになってくるのだろうと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

有難うございました。

その時の心のありようで、除雪作業が大きく変わるとのこと。初めて知りました。

何事も、その心構えなんですね。

特に自然と向き合って何かするときは、心がけるように注意してみます。

有難うございました。

Unknown

例えば今の時期は毎日除雪を行います。
その除雪対象地に赴き、土地や家屋の神々様に除雪を行う旨の挨拶を行います。
作業している時は、屋根から雪も落ちて来ることなく安全に作業をする事が出来ます。

その前に、私がその対象地に赴くだけで吹雪が止んで雲に囲まれながらも日が差し込んできます。私のいる場所周辺だけ晴れてくるわけです。日が差し込みますので少し暖かくなり作業をしやすい環境になります。快晴の天気になると寒いのですが雲に囲まれて少しだけ晴れると暖かくなるのです。

それは、その土地の人の為を思って作業をしているからであって、別の考え事をしながら作業をすると一転して雪が降り、風も出てきます。
そうなると除雪どころではなくなります。

その時の心のありようでどうにでもなってしまうのではないでしょうか。

こればかりは同じ事象を何度も経験してみないと信じる事はできないと思います。

森羅万象全てに感謝をする心を持つ事が必要なのではないでしょうか。
頭で理解しようとしても無理だと思いますよ。

自然からの回答

『自然に感謝をしていると、自然からの返礼があります。

自らが自然相手に作業をする時に、作業をする最善の環境を自然が整えてくれるという事です。』

私は、自然を生業(なりわい)とした職業に就いていないのであまりピンときませんが、具体的にどのような形または状況で自然が答えてくれるのでしょうか?

感謝に感謝されるということをある方から伺ったことがありますが、いまいちピンときません。
何か身近なことで行えるのでしょうか?例えば山に問いかけてみる、風に問いかけてみるなど、ヒントを頂ければありがたいです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR