FC2ブログ

単身女性32%が「貧困」 20〜64歳、国立研究所分析

単身女性32%が「貧困」 20〜64歳、国立研究所分析
【共同通信:2012/02/08】

 単身で暮らす20〜64歳の女性の3人に1人が「貧困状態」にあることが国立社会保障・人口問題研究所の分析で8日、分かった。生活の苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が32%だった。単身の20〜64歳男性は25%で、女性の苦境が際立っている。


 同研究所の阿部彩部長は「以前から女性が労働環境で置かれている地位は低く、貧困状態も女性に偏る傾向がある」としている。


 厚生労働省の2010年の国民生活基礎調査のデータを基に同研究所が分析。相対的貧困率は国民1人当たりの可処分所得を高い順に並べ、真ん中となる人の所得額の半分に満たない人が全体の中で占める割合を示す。(記事終わり)

記事リンク
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012020801000755.html


「相対的貧困率」って何?


独身だけでなく、家族でも貧困は多いのではいなでしょうか?


国会では「格差社会」について議論されておりますが、当の国会議員は貧困とは無縁のようです。非課税の文書通信費が年間1200万円もらえるとのこと。


増税するならば、国会議員の給料や支給金をまず減らして下さい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR