FC2ブログ

円(えん)は丸いです。


反対に角(かど)は尖っています。


 


物事を進めるにあたり円滑に進める事が理想です。


円滑に進めるには様々な諸問題を鮮明にし、関係各所に筋を通す事を求められます。


 


これらを行わないと角が立ちます。


角が立つと、波風が立ってきます。


波風が立ってくると、場が荒れてきます。


そのうちに嵐になってきます。


最後に収集が付かず、その物事を解決するのに時間と手間を要してしまいます。


 


 


回りに、トラブルや苦情が多い人、全くそのような事を聞かない人、そのような人がいると思います。


トラブルや苦情が多い人は円を大事にしていない人なのでしょう。


円を大切にしていない人は身勝手な人が多いようです。


円を大切にしている人は周囲と強調を行いつつ、自分の意見がある時は相手の立場を考えて発言をする人が多いと思います。


 


円を大事にするには、周囲に気配りや目配りを意識せずに自然に出来る必要があります。


社会的な地位や立場が上になればなるほど、これらの事を求められます。


紳士的な人ほど物腰が柔らかいのはこれらを実践してわかっている人だからでしょう。


 


 


角がたった時に丸く収めるのには苦労があります。


角は尖っているので丸く収めるのにはそれなりの苦労が必要になってしまいます。


「バラエティー笑百科」という争い事の法律相談のテレビ番組があります。


その中で「四角い二鶴がまあるくおさめまっせ」という台詞があります。


これは「争い事」(角)を「解決」(丸)くするという意味の台詞です。


色々な人達に意見を求め、最後に法律ではどのような解決方法があるかを紹介するような流れになります。


 


争い事は尖っている事が多く、人を傷つけたり人が傷ついたりしてしまいます。


丸であれば傷が付くこともなく、やわらかく収まって行きます。


 


円というと様々な意味があります。


日本語というのは同じ言葉でも感じが違うだけで全く違う意味になります。


これが日本語の難しく面白い所だと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

心の学問塾 誠心館

Author:心の学問塾 誠心館
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR